ケイン(イングランド)の性格やプレースタイルは?技術や成績も凄い?

ワールドカップロシア大会2018。

惜しくも日本負けてしまいましたね。

前半の2点で勝ったと思ったのに・・・。

 

さてそんな今大会のワールドカップですが・・・

ところでみなさん!

グループリーグでの得点王の選手は誰かご存知ですか?

 

それは、イングランド代表のケイン選手です。

単独最多の5得点を2試合で叩き出しました。

 

イングランドはベスト8に残っていますので、まだまだケイン選手の活躍を見ることができます。

せっかくなので、ケインとは一体どんな選手なのか見ていきましょう^^

 

 





スポンサーリンク


ケインのプレースタイルは?

 

ケイン選手のポジションはFWで、オールラウンダー型の点取り屋です。

フィニッシャーとしての能力が高いため、得点感覚が抜群に優れています。

左右両足のキック精度が良いので、どこからでも的確なコースに正確なシュートが打てます。

やはり2試合で5得点は、彼の実力そのものの結果なんですね~凄い!

まさに得点王の名にふさわしい選手です。

 

身長も188cmと高く、競り負けずに打点の高いヘディングでもゴールを狙います。

またキックのコントロールが良いために、身長が高いのにも関わらずコーナーキックのキッカーを務めることもあります。

 

運動量も豊富なので、相手選手を追い回して前線からの守備でチームへの貢献もできます。

スペースを見つることや、相手DFとの駆け引きも巧く裏への抜け出しも得意です。

有力選手として台頭してきたのはここ3~4年ですが、よくここまで大成したと思うほど完成度の高いFWだと思います。

 

まだケイン選手は24歳。

これからワールドクラスの選手への階段を、駆け上がっていくのは間違いない選手ですね。

 

 

ケインの性格は?

ケイン選手の性格については、良い話も悪い話もあまり聞きませんね。

既に結婚してお子さんもおり、見た目からもイギリス紳士な感じがします。

SNS上にプロポーズだったり、家族の写真をあげたりもしているので、オープンな性格のような気がします。

 

プレーを見ても悪質なファールをしたり、わざとらしいダイブをしたりすることも少ないので、フェアプレー精神のある選手だと信じています。

また、イングランド国内の悪しき風潮について、公に批判したことがあります。

それは「気楽に選手をからかい馬鹿にすることが良くない」とメディアを通して指摘したことです。

 

その他、選手やチームが結果を出せなくなれば、すぐに批判されることについても触れています。

今まで皆感じてはいたものの、誰も言えなかったことを批判されるのを承知で公言したケイン選手の行動は賞賛されるべきですね。

ケイン選手もこれまでにダイブ疑惑がかかって批判されたことがありますが、一度の疑惑でレッテルを貼るのは良くないと私は感じます。

スポンサーリンク

 

ケインの成績は?

2014年シーズンから本格的にブレイクを果たし、その年にPFA年間ベストイレブンとPFA年間最優秀若手選手賞を受賞。

翌シーズンからは、チーム(イングランド・トットナム)で10番を背負うようになり、プレミアリーグ得点王を獲得。

さらに翌年も2年連続の得点王に輝きました。

 

今シーズンは残念ながら得点王とはなりませんでしたが、30ゴールを記録。

PFA年間ベストイレブンは、4年連続で受賞しています。

イングランド代表としては初招集されて、即代表デビューとなった試合(2015年3月27日対リトアニア戦)でイングランド代表デビュー歴代最速ゴールを達成しています。

さらに出場79秒でゴールという記録も持っています。

 

現在はロシアワールドカップメンバーとして大車輪の活躍で、ワールドカップでの得点王も目前に迫っています。

 

ケインの技術は凄いの?

とにかく得点能力が高いです。

ゴール確率の高いコースに、正確で強いシュートを確実に放つことができます。

 

ケイン選手は器用なので、パワーよりテクニックで圧倒するタイプです。

確実にゴールを陥れるために、相手の逆をつくフェイントや体の使い方ができます。

 

基礎的要素である、パス・トラップ・シュートのスキルが高いのに加えて、練習の虫といわれるほどの練習量や身体能力もあります。

ですので、精度の高いプレーができるように瞬間での動き出しやフリーランも上手です。

またコースやスペースを一瞬の視野で見つける、頭の回転の速さも持ち合わせています。

全ては練習による努力の賜物ですが、総合能力の非常に高い選手と言えますね。

 

以上がイングランドの得点王、ケイン選手についてです。

いかがだったでしょうか?

 

日本には、いまだかつてこんなに完成されたFWはいませんね。

ケイン選手のような逸材が育ってくれると、チームも将来が楽しみになると思います。

まずはこのイングランド代表を背負って立つ、彼の動向をこれからも見逃さないように応援したいと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。