車の暖房から冷たい風が出て来て効かない?一番恐ろしい原因とは?

いきなり究極の選択です。

カーエアコンの冷房が壊れた真夏と、暖房が壊れた真冬、どっちがいいですか?

(*´Д`)  

はい、どっちもイヤです、快適が一番。

 

今回は、車の暖房が「冷たい風しか出て来ない!」というトラブルについて考えてみます。

実は僕、過去に「暖房が効かなくなったな~」ってそのまま乗っていて、危うくエンジンブロー(エンジンの重大な故障)する所でした。まあオーバーヒートってやつです。

小難しいことは書きませんので、サラっと知識の習得程度に読んで行って下さい。

 





スポンサーリンク


暖房から冷たい風しか出てこない

車の暖房は冷房よりも仕組みはシンプルですが、それでも様々な部品により温風が送られてきます。

一番正確に故障の原因を特定する方法・・・車屋に持って行け!

(o゚Д゚)=◯)`3゜)

ふざけていませんよ、本当です。

 

サーモスタット、ラジエーター、ヒーターコア、ウォーターポンプ、冷却水、水温センサー・・・

他にもたくさんありますが、どれかひとつが故障しても暖房からは冷たい風しか出てきません。もしくは、風すら出て来なくなります。

自分で原因が特定できる人はいいですよ?でもそれ以前に、分かる人はこんなサイトは見ないはずです。

だからここでは、そんなに車に詳しくない人向けにできるだけ簡単に書きます。

 

エンジンを動かすと高温になります。

そのままではエンジンは熱で壊れてしまうので、クーラント(冷却水)でエンジンを冷やしてあげます。

冷却水がエンジンの熱を奪うことでエンジンが冷やされますが、今度は冷却水自体が高温になります。

 

このままでは冷却水はエンジンを冷やし続けることができないので、ラジエーターで冷却水を冷やします。

冷やされた冷却水は、再度エンジン内を循環してエンジンを冷やします。これがグルグル繰り返されています。

ここまで大丈夫ですか?まだ暖房のお話しは出て来ませんが、これがエンジンが冷やされる仕組みです。明日のテストに出ますよ?

 

暖房の温風の元

で、車の暖房(ヒーター)ですが、別にストーブなどが車に内蔵されているわけではありません。僕は免許取った当時はそう思っていました。

実は温風の正体は、先ほどのエンジンを冷やして熱せられた冷却水、これに風を当てているだけなんです。まあ、熱湯に風を当てて温風を作り出しているってことです。

 

初めこれ知った時、この仕組み考えた人はすごいな~って関心しましたよ。

ボンネットの中に家庭用の暖房器具みたいなものがあるって思ってましたから、本当に。

超カンタンですが、暖房(ヒーター)から温かい風が出る仕組みはこんな感じです。

スポンサーリンク

 

一番恐ろしい原因とは?

暖房が故障する原因は色々ありますが、その数ある原因の中で、ここでは僕が実際に体験したことをご紹介します。

 

免許取って初めての車、セリカに乗っていたころのお話です。

それは突然でした。

助手席の足元というかダッシュボードの裏あたりから、イキナリ大量の水が「ジャーー!!」

ヾ(゚д゚ll)ォィォィ

 

助手席の足元はもう水浸しです。マジで焦りましたよ・・・。特にグローブボックスの中に飲み物とか積んでなかったし・・・なんで??

でも特に走行には問題なさそうだし、そのまま行こうと思いました。警告灯とか点いてなかったしね。

けれど水が漏れたことより、足元に溜まった水がそのままでも大丈夫なのか心配になったので、知り合いの整備士に電話して聞きました。

 

症状を伝えると・・・

整備士「あ~それ、ヒーターコアだね。エンジン切った方がいいよ、オーバーヒートするかもしれないから。」

僕「???。 ∩(´∀`∩) ワショーイ 意味わかんね~」

 

説明します。

冷却水は、エンジンとラジエーターを行ったり来たりしています。つまりこれはボンネットの中のお話ですね。これだけでは温風は送れません。

なのでその冷却水の一部を車内(室内)に引き込んで、そこに風を当てて温風を出しているのです。この部分がヒーターコアです。

つまり今回はそこから水が漏れたと・・・水?? そう冷却水です。

冷却水が漏れてカラになると、どうなるかぐらいは容易に想像が付きます。エンジンを冷やすことができなくなるので、オーバーヒートして終了です。

(((( ;゚Д゚)))ガクガク ブルブル

 

そういえば電話している最中、どおりで暖房の効きが鈍いと思ったんだよな~。今思えばですが。

いや~電話して聞いてよかったです。そのまま走行していたら、水温計が振り切っていたかもしれません。

 

車の暖房から冷たい風が出て来て効かない?一番恐ろしい原因とは?のまとめ

ここに紹介したのは、僕が実際に体験した一例です。暖房なのに冷たい風しか出て来ないのは、他にもたくさん原因があります。

今回僕が伝えたかったのは、「たかが暖房」と思って放置するとエンジンブローの原因になるということです。

 

それには、「暖房の温風は、冷却水の熱を利用して造り出している」ということを知っていなければなりませんよね。そんなこと、教習所じゃ教えてくれなかったし。

まとめると、「冷却水漏れ(不足)による暖房の不具合は要注意」です。ね、一番恐ろしい原因でしょ?

 

追伸

実は、一昨年も別の車で足元から水漏れが発生しました。

その時は、運転席と助手席の間ぐらいの位置でしたね。でも「ジャーー!」ではなく、なにかジュースでもこぼした様な感じ。

初めは気にしませんでしたが、過去(今回)の経験があるので嫌な予感がしました。野郎の直感ってやつです。

そのこぼれている液体をティッシュペーパーで拭き取って見ると・・・赤い!血だ!じゃなくて冷却水だ!

 

そうです。冷却水には色が付けてあります。水=透明なんですが、このように漏れるとヤバいものなので意図的に着色してあります。家庭用のガスが「ガス臭い」のと同じです。

本来、ガスは無臭なんですよ。もしそのまま無臭だったら、ガス漏れに気が付きませんよね?その状態でタバコでも吸ったら・・・。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

メーカーによって違いますが、トヨタ系は赤(ピンク)、その他はって感じです。だから駐車場のアスファルトに「シミ」ができていたら、白い紙で吸って確認したほうがいいですよ。

透明ならエアコンが除湿した、黒っぽいならオイル、赤や緑なら冷却水、っておおよそ分かります。ちなみにオイルが地面に付いた場合は、雨が降ってもなかなか消えません。

オイルや冷却水が漏れている状態で走行すると、どうなるかはもうお分かりですね。はい、どちらもエンジンブローにつながります。

 

で、その漏れた車は修理に出しましたよ。やはりヒーターコアからの冷却水漏れでした。

ヒーターコアの場所は車種によって違うので、気を付けて下さい。そもそも室内から水が漏れるってことは通常あり得ませんから。

少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

 

車の暖房を早く温めてすぐに効かせる方法は?エンジンを吹かすのは良くない?

車のラジエーターの冷却水(クーラント)が減るのは漏れが原因なの?

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。