タワーオブテラーが怖いのを克服する方法は?目をつぶったり上を向く効果って?まとめ

スポンサーリンク

どうも!

ビッグサンダー・マウンテンが怖くて、目をつぶって乗ってしまう僕です。

 

今回は、ディズニシーで一番怖いアトラクションと言われる「タワーオブテラー」を克服する方法についてです。

数人のグループでタワーオブテラーに乗る場合、自分一人だけ乗らないわけには行きません。

あの暗くてフワッと落ちる感覚が、怖さを一層倍増させるんですよね・・・って、僕はタワーオブテラーに乗ったことないですが(笑)。

 

そこでタワーオブテラーの先輩方に、タワーオブテラーが怖いのを克服する方法を聞いてみました。

タワーオブテラーに怖くて乗れない人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

せっかくなので、

「タワーオブテラーは、目をつぶると怖くない」

「タワーオブテラーは、上を向くと怖くない」

についても答えてもらってます。

 

タワーオブテラーは思いっきり力を入れて怖いのを克服する

30歳女性

タワーオブテラーは、5回ほど乗ったことがあります。

タワーオブテラーの最高到達地点は38m。

そんなに高くは無いのですが、そこは天下のディズニーです。

特殊効果で急に上がったり下がったり、そして横揺れしたりと「いつまで落下が続くんだー!!」とジリジリと落ちる怖さを味合わされてしまうんですよね。

 

タワーオブテラーは浮遊感が何度も襲ってくるので、怖いから苦手だという人も多いのではないでしょうか。

私自身もスピードの出るアトラクションは大好きなんですが、このタワーオブテラーのような落下系は大の苦手。

私もタワーオブテラーは、ディズニーシーで一番怖いアトラクションだと思っています。

 

でもグループで行って一人乗らないって言うのもなー、と我慢して乗っているうちに、こうして乗ったら大丈夫、と言う克服する方法を身につけました!

よく目をつぶると良い、上を向くと効果的なんて聞きませんか?私もどちらもやってみました。

 

まず、目をつぶるのは効果ありです!

暗くなったり光ったりといった効果で怖さが倍増されているので、目をつぶって何も見ないというのは効果がありました。

 

しかし上を向くと良いというのは、私はその効果のほどは分かりませんでした。

それよりも写真撮るところで一人だけ上を向いていると、なんだか恥ずかしくなってしまいます。

よって私は、この上を向くという方法はオススメしません。

人によっては効果あるのかな?

 

そして、私が見つけたタワーオブテラーを克服する秘密の方法!

それは両手で手元にあるバーをぎゅーっと、これでもかと力を入れてしがみつくことです。

 

手でグッと力を込めて椅子に身体を押し付けることで、浮遊感を軽減できることに気がつきました。

あとは足に力を込めて踏ん張ること。

これも椅子に身体を押し付ける感じですね。

この2点をするだけでだいぶ克服できます。

 

あとは写真のタイミングを調べておいて、その時だけは体の力を抜いてにっこりしましょう。

両手両足に力を込めるのはその後から!

 

 

タワーオブテラーは立とうとする方法で怖さを克服できる

40代女性 5回

ディズニーシーのタワーオブテラーが怖いと思っている方、私はこの方法で実際に怖いと思うのを克服することができました。

その方法とは、下がる時に自分が立とうとすることです。

タワーオブテラーは下がっていく時に、自分は逆方向に力を入れる、という方法で怖さを克服できるようになりました。

 

目をつぶる、上を向く、などの方法が提唱されていますが、私は効果を感じることはできませんでした。

目をつぶる方法は、逆に周りが見えず怖さが増しました。

また上を向くという方法は、あのスピードの中で実行することが困難でした。

 

私はもともと絶叫系の乗り物が不得意で、その乗り物を乗る前には必ず克服法を調べてきました。

タワーオブテラーもその克服法をいろいろ調べ、実際にやってみた結果、落ちる時に自分は上向きに力を入れる、つまり立とうとする、という方法が一番怖い思いをすることなく乗れた方法でした。

 

よく考えると、下向きの力(タワーオブテラーが落ちる)と上向きの力(乗っている人型とうとうする力)で、落ちる感覚が相殺されて怖さを感じなくなるのではないかと思います。

40代の私が、この方法でタワーオブテラーに怖さを感じることなく乗れるようになりました。

なのでお若い方は、この方法で乗れるようになる方もたくさんいるのではないかと思います。

一度乗れるようになったらもうタワーオブテラーが怖くなくなり、楽しくて仕方がなくなりました。

スポンサーリンク

 

目をつぶって上を向くの合わせ技で怖さを克服できた

私は30代の女性

タワーオブテラーには、今まで2回乗ったことがあります。

 

1回目はディズニーシーに初めて行った時で、タワーオブテラーは人気のアトラクションでしたので楽しみにしていました。

他の遊園地でもバイキングなど何回も乗ったことがありましたし、絶叫系のアトラクションは割と平気な方だったので楽しみにしていました。

 

しかしタワーオブテラーは、実際に乗ってみるとあまりの暗さと落下の浮遊感で、大号泣していました。

しかしどうしてもタワーオブテラーを楽しみたかったので、2回目は怖いという気持ちを克服しようと色々な方法を試してみました。

 

目をつぶる方法は1回目の時に試したのですが、それでも下に落ちる時のフワッとした感覚が怖くあまり効果はありませんでした。

その次は、上を向く方法を合わせて取り入れました。

上に上がっていく時についつい下を向いて背中も丸まってしまいがちですが、今回は上を向く・目をつぶるの合わせ技でしっかりと背筋を伸ばして挑みました。

 

すると、不思議なほど怖いという思いは無くなりました。

恐らくですが、背筋を伸ばして上を見ることによって、落ちる時に内臓にかかる負担が減ったのではないのかと思います。

1回目の時に感じたお腹への「うっ」とくる感覚が、2回目はあまり感じませんでした。

無事にタワーオブテラーの恐怖を克服できたので、私にとってこの方法は効果があったのではないかと実感できました。

 

 

恐怖に体を慣らしておいてからタワーオブテラーに乗る

30代女性 

今までに10回前後、ディズニーシーのタワーオブテラーに乗りました。

タワーオブテラーは大変人気のあるアトラクションですが、上下の急な動きがスリリングでとても怖いと感じる人が多いです。

私も30近くになって初めて乗りました。

 

最初に乗った時はいい年こいて怖い!とガチ泣きしたほどです。

現在も克服仕切ったわけではありませんが、少しはタワーオブテラーの怖さに慣れてきました。

でもやはり怖いものは怖いですが。

 

タワーオブテラーで恐怖を克服する方法で、よく言われるものの一つは「上を向く」です。

上を向こうと試してみましたが、怖いと下を向いてしまう癖のある私は、そもそも上を向くことが出来ませんでした。

 

もう一つは「目をつぶる」です。

これはある程度効果がありますが、タワーオブテラーの落下のパターンに慣れてきた後にする方がよいです。

エレベーターの動作パターンを知らないうちに目をつぶると、どのくらい昇っているのか、これからどれだけ落下するのかわからなくて余計に恐怖を感じてしまいます。

私は、通常動作パターンの時にしかタワーオブテラーに乗ったことが無いのですが、基本的には動きが単純なのですぐにパターンを把握すると思います。

 

最初の落下は、一瞬止まって安心したところでストンとまた落ちるので、初めてだと本当にびっくりします。

覚悟をしておくだけでも違いますので、ネタバレですが書いておきます。

尚レベル13は未体験です。すみません。

あとは、YouTubeなどでタワーオブテラーの動作景色を撮影しているものがあると思いますので、秒数などを確認しておくとよいでしょう。

 

タワーオブテラーに朝一番で乗ったり、トイマニの次に乗ったりすると落下の動きが激しくてびっくりします。

例えばセンターオブジアースや(前日に)スプラッシュマウンテンなどで、急降下の間隔を少し掴んでから搭乗するのでも体は大分違いますよ。

怖いのに体が慣れた状態でタワーオブテラーに挑戦するのも、ひとつの克服する方法だと思います。

 

 

タワーオブテラーは声を出せば怖いのを克服できる

女性 20代

タワーオブテラーに乗った回数10回以上。

 

ディズニーシーに行ったら必ずと言っていいほど乗る、恐怖度NO.1のアトラクションです。

・・・が、私は初めて大の苦手でした。

けれど、今はタワーオブテラーを楽しんで乗っているくらいなので、私自身の克服方法をお伝えします!

 

初めは目をつぶる、というありふれたところからチャレンジしました。

けれど目をつぶることで真っ暗になるから更に怖い恐怖感があり、この方法は合わなかったようです。

上を向くと効果的、という方もいるようですが、私は試したことがないのでわからないですが、上を向くことで克服できるなら嬉しいですね!

 

私は友人と行くことがほとんどなのですが、その友達がものすごくタワーオブテラーが好きなのです。

けれどせっかく一緒に来ているのに、タワーオブテラーに乗らないで待っているのはつまらないと思い、正直怖いのを我慢し続ける勢いで一緒になって乗っていました。

友人に手を繋いでもらったり抱きついたりと、なんとか恐怖に耐えていたのですが、友人にもっと声出して楽しみなよ!と言われました。

言われてみれば私は恐怖に耐えるばかりで声を抑え、呼吸をとめて……というようにひたすら無になろうとしていたんです。

 

もうこうなったら思いっきり声を出してやろう、と思って声を出したんですね。

そうすると、叫んだ後になんだか笑いがこみ上げて来ました。

それからはタワーオブテラーが怖くても楽しいと思うようになり、今ではそこまで怖いとは感じなくなってきました。

なので私の克服方法は声を出す!ということが一番効果がありました!

スポンサーリンク

 

タワーオブテラーで上を向くとあまりの怖さに死ぬかも・・・

自分は20代の男性です。

ディズニーランド・ディズニーシーが大好きで今まで5回ほど行きました。

しかしディズニーシーは2回だけしか行っておらす、タワーオブテラーもまだ2回しか乗っていません。

 

タワーオブテラーに最初に乗った印象は、全然怖そうではなく大丈夫だろうと思いました。

なぜなら私は、絶叫マシンはそんなに苦手意識はないからです。

 

しかし安全装置を装着し、周りが見えない暗い状態で上まで上がっている感覚が無いと、自然に恐怖が増していきました。

「え、タワーオブテラーってこんな感じなの。すごく怖いじゃん」と、思わず目をつむることしかできませんでした。

 

いざ灯りが目の前に広がり、その瞬間はるか上空にいて怖さがマックスにまで達しました。

目をつぶる目をつぶると自分に言い聞かせるんですが、少し好奇心もあるのか目を開いてしまいました。

その瞬間に、下は見たらダメだ上を向くしかないと確信しました。

しかし上を向くと雲がやたら近くに感じ、怖いという感情以外に死ぬかもとまで思いました。

終わったあと自然に涙がたれていたほどです。

 

でも自分は根っからの負けず嫌いのため、タワーオブテラーの怖さを克服する方法をみつけてやろうと思いました。

友達に克服方法を聞いたりしましたが、どれも根性論ばかりなので効果は絶対無いなと思いました。

 

2回目に乗った際、自分なりに考えた案で克服できました。

それは目をつぶり大声で叫び浮遊感を無くすこと、あとは前のめりになると多少姿勢が楽だと思います。

 

 

タワーオブテラーは怖くないと思い込む克服法

タワーオブテラーの克服方法は、目をつぶるとか上を向くとか言われます。

一番の楽しみであるディズニーシーのタワーオブテラーの良さが、目をつぶるとか上を向くとかでは怖いことには変わりないと思います。

 

そこでまずは、怖いと思って乗らないことです。

これからタワーオブテラーの楽しみが待っている、そんな気持ちで乗ってみましょう。

なので怖さを克服する方法として、ワクワクして乗ってみましょう。

きっと効果があると思いますよ。

 

心理的に「楽しいこと、ワクワクすることがある」と思うだけでも、怖いと思って乗るよりはるかに怖くないです。

なのでタワーオブテラーの怖さを苦手克服する方法として、思い込みをいい方向にすることです。

怖くないと思って乗れば怖くないのです。

怖いと思って乗るよりも、はるかに怖く感じません。

 

さらに、せっかく楽しみしていたディズニーシーに来たわけですから、しっかり楽しみましょう。

終わった後に美味しいものが食べれるとか、自分にご褒美を思い浮かべてみるのもいいと思いますよ。

緊張からくる恐怖もあるので、しっかり楽しみましょう。

そのためには、苦手克服方法は思い込みと楽しみを思い浮かべることです。

ワクワクすれば、待っている間も苦痛にはならないのです。

そこでまずは、楽しいことやワクワクすることを考えて順番待ちをしてみましょう。

それだけでかなり気持ちが変わりますよ。

騙されたと思ってやってみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。