タワテラのハイタワー3世はその後どうなった?行方はどこへ行ったのか解説!

2023年11月14日

東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにある、独特なアトラクション「タワーオブテラー」。

このユニークなフリーフォール体験は、訪れる人々に強い印象を残し続けています。

このアトラクションの主要人物は「ハリソン・ハイタワー3世」。

彼は「ホテルハイタワー」の元オーナーで、1899年に突然姿を消しました。

ハイタワー3世の興味深い話は、彼の行方とその後の運命に関する手がかりを提供するかもしれません。

今回の記事ではハイタワー3世の行方とその後に焦点を当てて解説します。

 

【先に結論】

・ハイタワー3世がその後どうなったのか?は誰も知りません。

公式からも発表はありません。

 



スポンサーリンク


ハイタワー3世の行方と運命

ハイタワー3世の行方に関しては、今でも多くの謎があります。

1899年12月31日、彼はホテルハイタワーでの会見後、エレベーターに乗りましたが、その後エレベーターが故障し、彼は行方不明になりました。

エレベーターは大破しましたが、彼の姿は見つかっておらず、「呪いの偶像シリキ・ウトゥンドゥ」と彼の帽子だけが残されていました。

ホテルハイタワーでは現在も見学ツアーが開催されており、訪れる人々はハイタワー3世の幽霊を目撃したと報告しています。

 

ハイタワー3世の伝説的な物語

ハリソン・ハイタワー3世はホテルハイタワーの創設者で、ニューヨークの著名な大富豪でした。

彼の運命は「タワーオブテラー」と深く結びついています。

本記事では、彼がホテルハイタワーを建設し、シリキ・ウトゥンドゥを獲得し、最後には謎の失踪に至るまでの経緯について詳しく解説します。

 

壮大なホテルハイタワーの建設

1835年にニューヨークで生まれたハリソン・ハイタワー3世は、大富豪として名を馳せ、1892年には華麗で豪奢な「ホテルハイタワー」を開業しました。

彼は冒険家としても知られており、その旅で集めた数々の珍品や宝物はホテルのあちこちに展示され、その豪華さを一層引き立たせていました。

しかしハイタワー3世の収集方法には疑念が持たれていました。

彼は遺物を奪ったり盗んだりすることがあり、その行動は盗賊に例えられることもありました。

また、タワーオブテラー近くに停泊する「S.S.コロンビア号」の建造者であるエンディコット三世と、ハイタワー3世はニューヨークでビジネス上の競合相手であり、しばしば対立していたと言われています。

 

シリキ・ウトゥンドゥの強奪

1899年、ハイタワー3世は執事のスメルディング氏と共にアフリカ探検に出発しました。

彼らはコンゴ川流域のムトゥンドゥ族の村を訪れ、神聖な偶像「シリキ・ウトゥンドゥ」を見つけます。

シリキ・ウトゥンドゥはムトゥンドゥ族に崇拝され、「災いを信じよ」という意味の偶像でした。

 

ハイタワー3世はこの偶像に魅了され、ムトゥンドゥ族に譲渡を求めましたが、彼らは拒否しました。

それでもハイタワー3世は脅迫や強奪によって偶像を手に入れ、逃げ去りました。

驚くべきことに偶像の元の所有者たちは彼を追いかけることはありませんでした。

ムトゥンドゥ族が偶像を追わなかった理由は、未だに不明です。

 

ハイタワー3世の謎めいた失踪

1899年12月31日、ホテルハイタワーでの豪華なパーティーの中で、ハリソン・ハイタワー3世はシリキ・ウトゥンドゥの展示を行いました。

彼は以前、執事のスメルディングやムトゥンドゥ族から、シリキ・ウトゥンドゥに関する様々な警告を受けていました。

例えば、「火に近づけてはいけない」「恐れるべき存在」といった忠告でした。

シリキ・ウトゥンドゥはかつて敬われていた存在で、軽視すると呪われると言われていましたが、ハイタワー3世はこれを無視し、パーティーの最中に公然と偶像を嘲笑いました。

 

そして彼はシリキ・ウトゥンドゥを自分のオフィスに持って行くために、エレベーターに乗り込みました。

その時、彼は追いかけてきた記者の前で、驚くべき行動を取ります。

なんと!葉巻の火をシリキ・ウトゥンドゥに押し付けたのです。

その直後、1900年1月1日に日付が変わる瞬間、ホテルハイタワーは突然停電し、緑色の光と雷が発生しました。

この出来事が、ハイタワー3世の失踪につながったと考えられています。

多くの人々は、彼がシリキ・ウトゥンドゥの呪いにかかったと囁いていますが、実際のところは不明です。

 

【結論】公式な設定も明かされていない

この記事「ハイタワー3世の行方とその後についての徹底調査」を通じて、ハイタワー3世の謎に深く迫りましたが、最終的な結論は出ていません。

ハイタワー3世の運命は、今も「誰にもわからない」という状態が続いています。

公式な設定は明かされておらず、結局のところ、それはアトラクションを体験する人々の想像に委ねられています。

 

よく言われるのは、

「ハイタワー3世はホテル内を永遠に彷徨い、エレベーターでの落下を繰り返している」

という話です。

このシーンは、タワーオブテラーを体験するゲストが実際に体験することになります。

 

タワーオブテラーのハイタワー3世に関する深い物語は、知るほどに魅力を増します。

アトラクションを楽しむのはもちろん、ハイタワー3世の謎を探求するのも、一つの楽しみです。

そして、もしタワーオブテラーでハイタワー3世に遭遇したら、彼の運命について何か新たな手がかりを見つけるかもしれません。

 

タワテラはabcどれが一番怖い?落ちる回数やコースは選べるか解説!

タワーオブテラーが怖くない方法とは?上を向いたり目をつぶると克服できるのか調べてみた

センターオブジアースのエレベーターの仕組みや速さは?テラベーターは上がってるかについても解説!

ディズニー

Posted by ちたま