ゴルフ観戦のボールでケガをしたら慰謝料は出る?事故を防ぐための注意点とは?

スポンサーリンク

どうも!

ゴルフと言えば、ファミコンの「ゴルフ」と「プロゴルファー猿」な僕です。

ファミコンの「ゴルフ」は、ミュージックなしで効果音だけでしたね。でも奥が深いです。

 

さて、ヤフーでこんなニュースを見かけました。

 

「ゴルフボールが直撃して、観客が右目を失明」

 

いやいやいや・・・恐ろしい事故ですね。

打った選手もケガをした観客も、一生悔やまれる事故です。

 

ところでこの様にゴルフを観戦中に怪我をした場合は、自己責任になり慰謝料はもらえないのでしょうか?

もしくは、主催者やボールを打った選手が治療費を払ってくれるのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

 

結論から先に書いちゃいますと・・・

・ゴルフの観戦中にケガをした場合は、基本的に自己責任になります。

 応急処置はしてもらえますが、以後の治療費は自費です。慰謝料はもらえません。

 

ゴルフの観戦中にボールが当たってケガをしたら?

これはゴルフ観戦をしたことがある人、もしくは野球などスポーツ観戦をしたことのある人なら知っていると思います。

ゴルフ観戦中に起きたケガや事故は、自己責任になります。

 

これは主催者のサイトやチケットなどに明確に書いてありますね。

僕も今回、いくつかのトーナメントや大会のサイトを見てみましたが、どこのサイトにも・・・

「観戦中の事故やケガについては応急処置はしますが、それ以上の補償はできません」

とハッキリと書いてあります。つまり慰謝料はもらえないってことです。

 

また「場内における事故や盗難について一切の補償はしません」ともあります。

言われてみれば当たり前ですね。

 

今回のニュースの女性は、右目失明と一生のケガを負ってしまいました。

楽しいはずのゴルフ観戦が一瞬にして暗転・・・お気の毒です。

しかし、過去にはゴルフの打球が当たってケガをした事故は何件も起こっていて、中には死亡事故まで起きています。

野球で言えば、ファールボールや折れたバットが観客に直撃する事故も起こっています。

 

このように重度の後遺症や死亡事故にまでなると、やはり裁判で責任の所在や慰謝料や治療費の負担で争われることが多いです。

しかし「自己責任論」により、原告(ケガをした被害者)の敗訴になるケースが圧倒的に多いのが現状なんです。

 

ちなみに訴訟大国アメリカ。

なんでもかんでも裁判に発展することで有名です。

 

そのアメリカの野球、つまりメジャーリーグのことです。ゴルフじゃなくてすみません。

ファールボールに当たってケガをした場合は「自己責任論」により、治療費は自己負担となることがほとんどです。

「危険があることを予め分かった上で、スタジアムに観戦来る」という考えがあるからです。

 

 

これは、日本のゴルフでも言えることですよね。

ゴルフは選手のショットが見える距離から、フェンスのない場所での観戦になります。

そう言えばゴルフ観戦って、選手とギャラリーとの距離が他のスポーツに比べてかなり近いですよね。

ということは、臨場感がある分、ボールが当たってケガや事故が起こる危険性も高いってことです。

 

万が一、選手が打ったボールが飛んで来て自分に当たったら・・・。

ゴルフを少しでも知っている人なら、この事故が起こりうる危険性は予測できます。

実際に裁判でも、ギャラリーの過失が指摘されます。

 

ここまでを僕なりにまとめます。

 

ゴルフなどスポーツ観戦をする際は、まずチケットや主催者のサイトをよく見て注意事項を確認しましょう。

自分は観客でお金を払っているから、ケガなどの事故は主催者や選手の責任だ!という考えは捨てましょう。

「自己責任論」を念頭に、自分の体は自分で守りましょう。

仮に相手(主催者や選手)の過失が認められ、慰謝料や治療費が支払われたとします。

でも後遺症や死亡事故に遭ってしまっては、お金をいくら積まれても失われたあなたの人生は取り戻せません。

「万が一」の事態を想定した行動を心がけましょう。

今まで観戦中に怪我をした人、させてしまった人(選手)は、みな「まさか自分が・・・」と後悔していると思います。100%安全はないです。

 

尚、余談ですが、ゴルフの観戦中に事故に遭うのは何もボールの直撃だけではありません。

他のスポーツ観戦に比べて、ゴルフ場で多く起こる事故・・・それは落雷です。

これはギャラリーだけでなく、プレーしている選手も危険です。

 

落雷事故によるケガも、「観戦中の事故やケガについては応急処置は~」に当てはまりますので、これも自己責任論ですね。

ゴルフ場などの何もない広い場所や、独立した木の周辺などは、落雷の危険性があるってことが一般的に広く知られているからです。

スポンサーリンク

 

ゴルフ観戦中の事故を防ぐための注意点とは?

こんな自己責任、自己責任って書くと、怖くてゴルフ観戦に行けなくなってしまいます。

やはりプロの選手のプレーを間近で見られる生の観戦は、テレビからでは伝わりませんからね。

そこでゴルフ観戦中の事故やケガを防ぐ方法や、注意点についても調べてみました。

 

打球直撃事故を防ぐ対処法は?

まず打球事故ですが、選手が打ったボールから目を離さないようにすることです。

打ったボールがギャラリーに当たりそうな場合は、「ファー!」という叫び声が聞こえます。

ゴルフ観戦に行ったことがある人なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

「ファー!」はとても重要な意味なので、知らなかった人はぜひ覚えて下さい。

 

 

そして「ファー!」の声が聞こえた場合の対処法ですが・・・

 

・まず頭を隠しましょう。

 特に後頭部にボールが直撃すると、意識不明などの重体の危険性があります。

 

・「ファー!」とした声の方を振り向かないようにしましょう。

 振り向いた瞬間に顔面にボールが直撃すると、失明や鼻を骨折するケガの恐れがあります。

 

・しゃがむ or しゃがまない (?)

 これは意見が分かれているようで、しゃがんでも地面に跳ね返ったボールが顔に当たってケガをする危険性があります。

 またしゃがむとその場から動くことができす、打球を避けるための次の一歩が出せません。

 反対に、しゃがめばボールから当たりにくくなるという意見もあります。

 これはどちらが正しいのでしょうか?プロの方の意見が知りたいです。

 

・物陰に隠れてもケガの恐れが・・・

 ファー!と声が聞こえたので、とっさに木の影に隠れたとします。

 でも林の中など場合は、ボールが木に跳ね返って自分に当たる可能性があります。どう跳ね返るかは予想が付きません。

 やはり頭や顔面を守るための、とっさの防御行動を心がけるのが良さそうですね。

 

ちなみにプロのゴルフ選手が打ったボールの打球の速さは、新幹線と同じぐらいの速さになります。

初速で時速250km/hとも言われています。

これがミスショットで低空で飛んできたら、目で見て確認する間もないですよね。

やはり反射的にファー!の声の方を振り向くのだけは、避けたほうがよさそうです。

 

僕だったら、片手は後頭部・もう片方の手は顔面を覆って、しゃがまずに後ろを振り向いて全身を身構えます。

仮にボールに当たってケガをしても、不意打ちでボールに当たるよりも、身構えた状態で当たったほうがケガの程度が小さく済むからです。

やはり油断は禁物です。

 

ゴルフ観戦中の落雷事故の注意点は?

ゴルフ観戦で怖いのは、夏場の落雷事故。

悪天候でプレーが続行できない場合などは、ギャラリーにサイレンや警報で知らせてくれます。

どんなサイレンが何の意味なのか、事前に確認しておくことが大切ですね。

 

特に雷で中断した場合は、独立した木の下や周辺、ゴルフカート・放送施設や観客席、丘などの高い場所は落雷事故の危険が高いです。

係員の指示に従って、速やかに安全な場所に避難しましょう。

本当に、ゴルフ場での落雷による死亡事故は多いです!

 

まとめ

ゴルフの観戦中に起きたケガや事故は、自己責任になります。治療費や慰謝料はありません。

チケットや公式サイトの注意書きを事前によく読んで、自分の身は自分で守ることが大切です。

 

言い忘れましたけど、とあるトーナメントの公式サイトには「帽子の着用をおすすめします」とも書いてありました。

帽子を被っていれば、万が一ボールが頭に当たっても幾分かのケガの衝撃を和らげてくれます。

 

本来はヘルメットを・・・って言いたいのでしょうが、さすがにそこまでは難しいですよね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。