お年玉は来ない子供や顔を知らない人、会わない親戚にまであげる?

スポンサーリンク

どうも!

この年になると、お年玉はあげる一方になる管理人の僕です。

実家に帰省するのヤメようかな・・・。

 

さてあなたは親戚の集まりに来ない子供にお年玉をあげますか?

中には顔を知らない、会ったこともない親戚もいると思います。

そんな人たちにも、お年玉って渡すべきなのでしょうか?

 

そこで世間の意見を集めてみました。

参考にしてみて下さい。

 

お年玉は会わなければ渡さない、もしくは親に渡す

私は、小さい頃は毎年田舎に帰っていたので、お年玉をもらっていました。

その時は顔を知らない親戚の人でも、急遽お年玉は用意してくれました。

 

中学生頃から親戚とも疎遠になり、親だけが田舎に帰るようになりました。

それでも私が高校生まではお年玉を自分の両親に預けてくれて、手元に届くようにしてくれました。

 

私が成人してお年玉を渡す側となった今、自分の経験も踏まえて、たとえ集まりに来ない子供がいたとしても、親が昔から知っている人なら渡すようにします。

ただ、昔どんなに仲が良かった親戚の子供でも、遠方などの理由で、家族ごと帰省せず会わないという場合は渡しません。

わざわざ送ったりもしません。

 

そして冠婚葬祭で会うくらいで、めったに集まりに参加しない親戚が来るときがありますが、知らないとはいえ渡さない訳にはいかないですね。

みんなにお年玉をあげているのに、その家族の子供だけあげないなんてできません。

子供は、お年玉をもらえない理由がわからないですから可哀想です。

 

私が20歳を越えても、学生のうちは両親が親戚に渡す分のお年玉を用意してくれていました。

しかし社会人となった今、自分でお年玉を用意しなければならず、友達の子供にもあげる時もあるので相当な痛手です。

 

 

来ない子供や会わない親戚にお年玉はあげない

顔を知らない人→基本的には、お年玉はあげる必要はないと思う。

顔を知らないということは、他人同然であるためである。

しかし、親戚で集まって子供がいた場合は、年齢にもよるが少額程度ならば、自分もお年玉をもらっていたのであげてもいいと思う。 

 

実家に来ない子供には、もしもその子の親が実家に来ていた場合は、お年玉をあげてもいいと思う。

ただし、その子供が自分と知り合いであった場合に限る。

知り合いでなかったら、その子供が「元気かなー」と思うことがないからだ。

 

そして、会わない親戚にはあげる必要はないと思う。

自分は、会わない人からお年玉をもらったことがないからだ。

自分がお年玉をもらったのは直接以外はなく、送ってもらったり、間接的にもらうということはなかった。

 

基本的は、お年玉をあげることには以上のように考えます。

現在私は学生であるので、このような考え方です。

どちらかと言うと、お年玉をあげない寄りの考えですね。

 

しかし、今後社会人になり収入が増えれば、お金に対する価値観が変わり、お年玉のあげ方も変わってくるかと思います。

また私は、お正月に親戚の家に行くことがほとんどなかったのも、このような考え方の理由になっていると思います。

 

 

親戚とは会わなくても計画的にお年玉を渡している

実家が本家ではないので、本家での集まりでお正月に呼ばれる事があります。

遠い親戚の子供が事前にどこの子供が来るかを確認しておき、その子のお年玉は用意していきます。

 

顔を知っているけど集まりに来ない遠い親戚の子供には、お年玉を渡す事はありませんし、反対に自分の子供が集まりに参加できない場合は頂く事もありません。

 

急遽集まりに参加した遠い親戚の子供には、裏でサッとお年玉を用意して渡す事はあります。

知っている親戚の人の子供にもそんな感じなので、親戚の知らない子供には会わなければ、お年玉は一切あげる事はありません。

 

但し、自分と主人の甥っ子と姪っ子には、結婚した当初にお年玉をあげる年齢と金額の設定をしていました。

正月に実家などで会う事が出来なくても、実家の両親にお年玉を預かってもらってたり、現金書留で郵送までして届けるようになっています。

自分の子供もそこから頂けるのは確実なので、毎年計画に組み込まれているくらいです。

 

昔ほど、色んな人からお年玉は貰えなくなったし、渡さなくなったので親としてはとても助かります。

自分の時は正月に会った知らない親の友人や、近所のおばさんからもお年玉を頂いたものですが、最近ではそういうことも少なくなって来ているなと思います。

 

 

親しい親戚の子供には会わなくてもお年玉を渡す

基本的に会わない親戚の子供の場合には、お年玉をあげることはありません。

もちろん、その親戚との親密度にもよりますが、お年玉とは会ったときにあげるから意味があり、特別なものとなるからです。

 

顔も知らない子なら、なおさらあげることはありません。

顔も知らないということは、今後も会うことはないと思いますし、お互いにその距離感を保っていくためにもお年玉はあげません。

相手の方も、知らない人からお年玉をもらうと、余計に気にしてしまうと思います。

 

ただ、親密度が高い親戚が集まりに来なかった場合は、後日でもお年玉は渡します。

たまたま学校や仕事・受験など、その年によっては来ないということもあるかと思います。

 

親密度が高い場合は、基本的にしっかりと話し合ってお年玉のルールを決めています。

子供が何歳のときはいくらで・・・といったように、具体的な金額で決めています。

そうすれば、お互いに毎年お年玉で気を使わなくて済みますし、悩まなくてすむからです。

 

私は、今はお年玉をあげる立場であり、子供がいるのでもらう立場でもあります。

以上のようにしていますし、周りの親戚にもそのようにして頂けたら嬉しいなと思います。

私が子供の頃もらう立場だったときは、会わなくてもお年玉をくれる人が多かったかもしれません。

 

でも、お年玉をもらえてうれしいのですが、半分は嬉しくありませんでした。

会っていない人からもらうと、必ずお礼の電話をしなければならないからです。

親しい人ならいいですが、微妙な関係の親戚だと電話で生じる微妙な間があり、話すのが苦手だったからです。

 

 

本家だから顔を知らなくてもすべての親戚にお年玉を渡している

私の家の場合、お年玉は親戚の子供が来ないからあげない、会わないからあげない、知らないからあげないという訳にはいきません。

何故ならうちは本家だからです。

田舎ということもありますが、まだまだそういった風習みたいな事にはうるさいところがあります。

 

正月ともなると、ほとんどの親戚の人たちが年賀の挨拶にやってくるのですが、それでも遠くの大学などに行ってしまった子供たちは来ることが出来ない場合もあります。

そういった場合でも、その子の親にしっかりとお年玉を預けるようにしています。

 

また挨拶に来た子供の中に「この子は、一体どこの誰の子供だ?」という、顔をよく知らない親戚もいます。

でも、やはりお年玉を渡さない訳にはいきません。

 

うちの子供はもう大きくなってしまったので、お年玉をもらう事は一切なく一方的に渡すだけです。

さすがに親戚の人数が多く、毎年金銭的にもかなりの負担になるので、一度私の両親にお年玉の渡し方について相談したことがあるのです。

が、両親は揃って「本家なんだから仕方がない。」という言葉で片付けてしまいます・・・。

 

今時、本家とか古いんじゃないのかとも思うのですが、これまで長年ずっと続けて来たことなので、なかなかこのお年玉の習慣を止める訳にもいきません。

個人的には、お年玉って直接本人に渡すものだと思っています。

 

しばらくは今まで通りにお年玉を渡すことになると思いますが、私が世帯主になったら自分の考えで、会いに来た子供だけにお年玉を直接渡そうと考えています。

スポンサーリンク

 

会ったことのない親戚の子供には お年玉はあげない

私は子供の頃、知らない親戚の人からお年玉を貰った事もありません。

だから大人になっても、顔も知らない、会った事もない子供にあげた事もないです。

 

お年玉は、面と向かって手渡しするのが一番良いかと思います。

 

私の場合で言えば、毎年現金書留で送ってくれた伯父がいまして、遠方に住んでいるのでなかなかこちら(実家)には来ない滅多に会わない人でした。

必ず手紙を添えて決まった金額を、私が高校を卒業するまで送ってくれていました。

毎年その時期になると、とても楽しみだったのを覚えています。

 

この経験から、私なら一度でも会った事のある親戚、友人の子供達にはあげたいなと思います。

とはいえ、銀行振込など、夢も希望も有難みもないような方法でのあげ方は、子供に悪影響だと思います。

お年玉をくれた人は、その子が大人になってからも覚えているもので、子供の頃はただのお金目当てだったとしても、後々きっと感謝する日が来ると思います。

 

でも、近所の子供とか会社の同僚の子供とかにはあげないですね。

あくまでも身内と友人の子供に限られます。

 

会った事もない子供の写真付き年賀状を見ても、引くだけですよね。

それと同じです。

 

 

お年玉の意味を考えて親戚の子供にあげる

もちろん私は、お年玉を知らない子供にあげる必要性はないと思います。

親戚の子供でも、実家の集まりで来ない子供にはあげる必要性はないです。

 

子供自身が会ってもらった時には、しっかりとお礼を言えるようにしなければなりません。

人としてのしっかりとした礼儀を身につける為にも、直接会ってお年玉をもらい、その場でしっかりお礼することが大切だと思います。

 

会わないで親が預かったりするのは、お年玉の意味がないと思います。

私は、親しみのある親戚の子供には、お年玉はあげるべきだと思います。

その子供が年の始まりに、お年玉をもらって気持ちよく感謝の気持ちを育てる為のものが、お年玉をあげる意味だと思っています。

面識がしっかりある子供でない限りその必要性を感じれませんし、子供も知らない大人からお金を貰うということで、不思議な気持ちしか持たないと思います。

 

お年玉は、昔からの慣わしの行いであるからには、人道として何らかの意味があるのだと思います。

私は、お年玉は子供が感謝の気持ちを学ぶ行いの1つだとして考えています。

なので、滅多に会わない親戚よりも、よく会う子供にあげる事はあります。

 

 

顔を知らない子供でも 少額でもお年玉を渡す

20代後半の会社員をしています。

普段は余り会わない親戚ですが、父方母方の実家を毎年交互に年始で顔を合わせています。

 

昔から行っているのでほぼ顔なじみな子供が多いものの、いとこやはとこの子供で顔を知らない人も最近はよく出てきました。

私はそのような子供たちに対しても、少額ですが必ずお年玉をあげるようにしています。

やはり子供は正直に言ってしまうので、「あのお兄ちゃんは、お年玉をくれなかった」とみんなの前で言われるよりかは、500円でもあげて喜んでくれた方が、こちらも嬉しくなって年始を迎られるからです。

 

また、子供を持つ親の立場に立った時に、子供を気にかけてくれているという人を大切にしたいと思うからです。

一方で、そういった会合に来ない子供たちには、お年玉をあげることはしていません。

わざわざお年玉を郵送などで送るというのも、かえって親御さんに気を使わせてしまうかなと思います。

やはり直接子供に会った時に、手渡しして喜ぶ顔がみたいものです。

 

僕自身も動機が不純ではありますが、子供の頃は親戚のおじさんやお兄さんにお年玉をもらうことがお正月の楽しみでもありました。

これからもこの対応をしていくことで、子供たちの楽しみになれればなと思っています。

 

 

直接会った子供にしか お年玉はあげない

私は、現在2児の母です。

私は知らない子、会わない子、親戚の集まりに来ない子にはお年玉をあげる必要はないと思います。

また我が家では、会わない親族からお年玉はいただきません。

 

義祖父母は遠方に住んでいるため、なかなか正月に会うことができません。

まだ一度もお年玉は頂いたことがありませんが、それが普通だと思います。

 

私が子供の頃も、直接会って『あけましておめでとうございます』と挨拶をしたらお年玉をもらっていました。

今年私に第二子が生まれたので、遠方に住む親族がお祝いを送ってくださいましたが、やはり顔も見せたことのない娘にお祝いを頂くのは悪い気がしてしまいました。

 

今の時代、テレビ電話など顔を見て話したり動画を送信したりして、直接会わなくても顔を見て話せますよね。

だからこそお年玉は、直接顔を見て挨拶をして渡すのがいいと思うのです。

そして子供達は、直接顔を見てお礼を言うことができます。

それが日本のお正月の、良き風景なのではないでしょうか。

 

人によっては、会わない子にもお年玉をあげると言う人もいるでしょう。

あげて本人が満足なら、それはそれでいいと思います。

ご好意だと思って受け取ります。

でもやはり私は、直接会った子にお年玉をあげて『今年もよろしくね』と新年の挨拶を交わしたいなと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。