ガラスの鳥居は何県のどこにある神社?行き方や地図の場所は?

スポンサーリンク

どうも!

今年の初詣で、神社のおみくじが凶だった僕です(実話)。

 

さて今回は、ちょっとした話題な「ガラスの鳥居」のある神社を紹介します。

カラスじゃなくてガラスですよ。

写真見ただけでもインパクト大なので、近くの県ならできれば行ってみたい・・・・。

 

そこでこのカラスの神社・・・じゃなくて、ガラスの鳥居がある神社の場所を調べてみました。

 

先に調べた結果をまとめておくと・・・

 

・このガラスの鳥居がある神社の名前は「神徳稲荷神社」。(じんとく いなりじんじゃ)

・場所は鹿児島県にあります。

 

ガラスの鳥居がある神社の地図は?

まずガラスの鳥居がある神社の名前は、神徳稲荷神社。

神徳稲荷神社の地図を見てもらえば、ガラスの鳥居のある場所が把握できると思います。

 

 

桜島がすぐ近くに見えますね。

そう、このガラスの鳥居は鹿児島県にあります。

 

ダメだ~、僕の家からは遠すぎてさすがに行けません。

あ~でも実物を見てみたい。

九州には親戚もいないしな~。

 

神徳稲荷神社の住所はどこ?

と、神徳稲荷神社(じんとくいなりじんじゃ)の住所はコチラです↓

 

鹿児島県鹿屋市新栄町1771-4

 

試しにグーグルマップで自宅からの距離を調べてみたら、余裕で1,000km以上ありました。

飛行機でないとやっぱりムリな距離です。残念。

 

 

神徳稲荷神社への行き方は?

でも一応、ガラスの鳥居のある神徳稲荷神社への行き方を調べてみました。

 

まず飛行機の場合。

鹿児島県にはなんと8つも飛行場があります・・・って、本土にあるのは鹿児島空港だけで、あとの7つは種子島などの離島の空港ばかり。

つまり飛行機で行く場合は、鹿児島空港へまずは向かいましょう。

 

鹿児島空港からガラスの鳥居までは、車で行っても1時間半ぐらいの距離あります。

およそ80kmちょっとぐらい離れていますね。

 

続いて車で行く場合。

どこから説明すればいいか悩みましたが、そもそもガラスの鳥居は大隅半島にあります。

つまり北から下ってくるしかないですね。

 

無料区間である東九州自動車道から、そのまま大隅縦貫道に乗り継ぎ終点まで走ります。

そうすれば、ガラスの鳥居まで残り2kmぐらいまで行けますね。

ちなみに鹿児島空港から行く場合も、この高速道路のルートを使います。

 

最後に電車で行く場合。

最寄り駅はどこになるんでしょう?

 

・・・ガラスの鳥居がある鹿屋市(かのやし)には、駅がありません。

どうやら大隅線というのが以前は走っていたようですが、昭和62年に廃止されたようです。

 

でも鹿児島市にある鹿児島中央駅より、鹿屋市への直行バスが出ています。

時間にして約120分。

 

と言うわけで、ガラスの鳥居へ電車で行く場合は、鹿児島駅を目指してそこからバスで行った方が良さそうです。

レンタカーでもいいですが、バスのほうが料金が安いですので。

※大人1,400円

スポンサーリンク

 

ストリートビューではどこ?

せっかくなので、地図だけでなくグーグルのストリートビューも載せておきますね。

 

 

おお!カッッコイイ!

ガラスだから向こう側が透けて見える!

このクリスタル風の色もステキです。

 

 

そう言えば厳島神社の鳥居は、亀裂にお金を挟みすぎて将来的には倒壊の危険性が・・・って聞きました。

でもガラス製なら耐久性バツグン?ですよね。

あ、でも地震が来た時に、その振動をうまく吸収できるかが心配です。

桜島も近いですからね。

 

チラっとその奥に見える、赤い鳥居が連なっているのも見逃せません。

尚、神徳稲荷神社には、境内の社屋にももう一つガラスの鳥居があります。

 

 

ここはインスタ映え?パワースポット?

写真からでも、ガラスの鳥居の斬新さが伝わってきます。

 

まとめ

という訳で、最後にもう一度まとめます。

ガラスの鳥居は、鹿児島県鹿屋市の神徳稲荷神社にあります。

 

ストリートビューで見る限り、のどかで見晴らしのいい高台に位置する感じ。

でもちょっと交通の便がアレなので、遠方から気軽に・・・とはいかなさそう。

 

鹿児島空港から車で。

もしくは鹿児島中央駅からバスで。

近所の人は徒歩か自転車で。

 

フェリーで上陸するっていう方法もありますが、需要があれば調べます^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。