水島(福井県敦賀)への必要な持ち物は?便利なグッズやアイテムは何?

福井県の敦賀湾に浮かぶ無人島の水島。

色々とご紹介してきましたが、今回は、水島へ行くのに必要な持ち物についてです。

 

無人島だから、一体何を持って行けば良いのか迷いますよね?

水島へは渡り船で行くことになりますので、忘れ物があってもすぐには取りに戻れません。

水島に着いて、あれを持ってくれば良かった!と後悔しても、一度水島へ渡ってしまったら、また乗船券を買って戻らなければいけなくなります。

だからといって、そんなに余分な荷物を持ってはいけないし・・・。

 

そこで今回は、私が実際に水島に行った経験より、

水島への持ち物でこれは絶対必要というもの

持って行くと便利だなと思うグッズやアイテム

についてご紹介します。

 

先に簡単に書いちゃいますと、まず絶対欠かせないものは・・・

日よけ用のパラソル、もしくはテント

レジャーシート

ビーチサンダル

です。

 

他にも子連れやカップルが思いっきり遊ぶために、これがあったら良いと思うものもご紹介しますよ。

詳しく書きますね^^

 





スポンサーリンク


水島(福井県敦賀)への必要な持ち物は?

先程も書きましたが、水島に行くのなら次のものは絶対に持って行ってください。

パラソルもしくはテント

レジャーシート

ビーチサンダル

この3種の神器は、水島での海水浴を快適に過ごすための必須アイテムです。

 

パラソルやテントは、日よけ用です。

レジャーシートは、その下に敷く用ですね。

 

水島には島の中央に松の木が生えていて、一部だけ木陰になっています。

ただその場所は人気のエリアなので、すぐに人で埋まってしまう可能性あります。

そうしたら、もう炎天下に荷物を置くことになってしまうのです。

飲み物や食べ物が悪くならないか心配ですし、ちょっとした休憩も炎天下になってしまいます。

このことから水島は日差しが強いので、日よけとなるものは欠かせません。

 

それに砂浜は、太陽の熱でとっても熱くなっているのでビーチサンダルも必須アイテムです。

もう裸足では、マトモに歩けないぐらい熱いです。

 

また島の反対側は岩場が多いエリアになっていて、小魚やカニなどが見られます。

そちら側に行くのであれば、裸足で行くことは絶対避けてくださいね。

足を切ってしまう恐れがありますので。

この岩場でもビーチサンダルが大活躍します。

 

また以下の持ち物も、水島に行く際にはぜひ持って行ってください。

・水着…水島には着替える場所がありませんから、事前に着替えて行ってくださいね。

・浮き輪…膨らませたまま乗船してもOKです。

・ティッシュ…水島のトイレは仮設トイレのみで、紙はないと思っておいた方が良いです。

・飲み物…自動販売機や売店もありませんので、多めに持って行きましょう。

・ゴミ袋…ゴミ箱はありません。キレイな水島を保つためゴミは全て持ち帰りましょう。

・バスタオル…体を拭く用、日よけ用など何枚かあると便利です。

 

またパラソルや浮き輪って、意外とかさばりますよね・・・。

渡し船に乗る時に、持ち込んで大丈夫なのかなって心配。

 

ご安心ください。

パラソルや浮き輪は、船に持って乗っても大丈夫です。

浮き輪も膨らませた状態で、乗り込んでいる方も結構いましたよ。

ただ余りに大きいものは、乗船時に他のお客さんの迷惑になってしまいます。

繁忙期の船は、お客さんがたくさん乗り込みますからね。

大きい浮き輪は、水島で膨らませるようにしましょう。

 

ちなみにパラソルや浮き輪は、色ヶ浜の売店でレンタルもできます。

膨らませる手間も省けるので、レンタルは便利ですね。

スポンサーリンク

 

水島へ持って行ったら便利なグッズやアイテムは?

水島を楽しむために、持って行ったら良いなぁと思うグッズやアイテムをご紹介します。

 

・水中ゴーグル

・シュノーケリングセット…透明度の高い海なので、海中がバッチリキレイに見えます。

・釣り竿…人の少ないエリアでは、魚を釣って楽しむこともできます。

・軽食…おにぎりやお菓子などあると良いですね。

・クーラーボックス…とても暑いので、飲み物や軽食は保冷剤と一緒に持って行きましょう。

・ケガ用アイテム(ばんそうこう、消毒液など)…いざという時にあれば役立ちます。

 

私が初めて水島に行ったときは、水中ゴーグルしか持って行きませんでした。

これは失敗したなぁって、水島に渡ってから後悔した思い出があります。

 

それは周りの人がシュノーケリングをしているのを見て、とても羨ましかったからなんです。

あ~持って来ればヨカッタ・・・。

なので翌年からは、シュノーケリングセットを持参しましたよ^^

ずっと泳いでいるだけでは飽きてしまうので、こうした海遊びのグッズがあると便利です。

 

親子にオススメのアイテムは?

私が水島を訪れた時も、たくさんのファミリーが来ていました。

 

そこで水島へ、子連れの方が持って行くと良いと思うアイテムが網とバケツです。

それとラップタオル。

 

まず網とバケツですが、水島では海の生き物を探している親子が結構いました。

魚はもちろんのこと、カニやヒトデなんかもたくさんいるので、子供たちは大はしゃぎして捕まえていましたよ。

間近に海の生き物を見たり、触れ合ったりする機会って貴重ですよね。

網やバケツがあると便利で良いと思います。

 

次にラップタオルですが、ラップタオルってご存知ですか?

タオルの上部にゴムが入って、すぽっと被ることのできるスカートのようなタオル。

小学校のプールの時間の時によく使っていた、”アレ”のことです。

 

着替える場所が混んでいたりしたら、小さな子供だとラップタオルで隠して着替えさせることもできます。

また肩まで覆えば日よけにも使えるので、こちらもあると便利なグッズですね。

 

カップルや友達同士にオススメのアイテムは?

次に、カップルや友達同士にオススメのアイテムをご紹介します。

それは、水中カメラと防水ケースです。

せっかく水島へ来たのですから、しっかり記念写真を撮っちゃいましょう。

 

やっぱりカップルや友達同士だと、海の中で遊んでいる写真を撮りたい!っていう方が多いと思います。

特に水島は透明度が高くキレイな海なので、インスタ映えもバッチリ。

 

防水ケースは、スマホ用のモノが100円ショップでも売っています。

私も事前に100円ショップで購入して、水島へ持っていきました。

水中に入れるのはちょっと心配でしたが、水しぶきや砂除けには充分使えましたよ。

 

以上が、無人島の水島へお出かけする際の持ち物です。

せっかく渡り船で行くので、水島を思いっきり楽しんできて下さい。

 

参考になりましたでしょうか?

遊び道具に気を取られて、日よけアイテムを忘れることのないように気をつけて下さいね。

こうして荷物が多くなるので、水島へはやっぱり車で行くのがオススメです。

 

その他、

これも持っていったら便利だよ!

っというグッズなどありましたら、コメント欄から教えてもらうと嬉しいです^^

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。