福井の無人島水島での海水浴の混雑状況は?船の待ち時間と出航本数は?

さて、夏です。海水浴シーズンです。

 

でも、せっかく海水浴に行くのであれば、ビーチの混み具合は気になりますよね。

海もビーチも人だらけで、芋を洗うような混雑では全然楽しめません・・・。

 

そこで今回は、先日もご紹介した福井県にある無人島、水島の混雑状況について私の体験談をお話します^^

これから水島に行く予定の人は、ぜひ参考にして下さいね。

 





スポンサーリンク


福井の無人島水島で海水浴の混雑状況は?

私が水島へ行った経験からお答えすると、やっぱり海水浴シーズンはそれなりに混雑はしています。

Twitterなどを見ると「激混み」とのつぶやきもありますが、私はそこまで・・・でしたが。

 

人によって混雑具合の感じ方や、もちろん行った時期や時間帯によっても違いはありますからね。

”あくまで個人の感想です”(笑)

 

水島は無人島なので、家族連れや友達などと複数人で訪れる人が多いです。

駐車している車の台数に対して、ビーチにいる人数は多く感じました。

福井県の水島へのアクセス方法は?駐車場や船での行き方と地図も

 

また例年、海の日からお盆前までが混雑のピークのようです。

海の日は、毎年7月の第3月曜日ですね。

「夏休みに入ったぐらいから、クラゲが出るまで」なので、よく考えてみれば他の海水浴場と似たような状況ですね。

 

しかし水島は、そんな混雑のピーク中でも海では十分泳げるし、シュノーケリングも楽しめます。

ビーチではパラソルも立てることができたので、混雑しているとは言っても、問題なく楽しめる程度の混雑具合だと思います。

 

意外と知られていない海水浴の「穴場スポット」と言うことと、船でしか行けない、という条件があるからかもしれません。

 

水島への渡し船の待ち時間はあるの?

水島まで行くための渡り船ですが、待ち時間も気になりますよね。

泳いでいったり水上スキーは禁止されていますので、この渡り船に乗るしか水島へ行く方法はないですから。

 

渡り船は、通常は9時から1時間に1本の運航です。

でも安心して下さい。

海水浴客が多いピークの時期は、船を増便して運航しています。

 

私が行ったときは、午前9時前に到着して30~40分程待ちました。

私たちの後にも、海水浴客の列はどんどん増えていったので、あまり並びたくない場合は9時前には着いている方が良いかもしれません。

 

待っている間は日陰になるようなところはないので、小さなお子さんは泳ぐ前からバテてしまいます。

帽子やサングラス・日傘など、日よけアイテムは持っていった方が良いですよ。

 

乗船料金(往復)は・・・

おとな(中学生以上)1,200円

こども650円

です。

スポンサーリンク

 

水島のビーチで混雑を避けるには?

先ほども書きましたが、水島の混雑のピークは海の日からお盆前までです。

 

例年、お盆を過ぎたら海水浴客も落ち着くようなので、混雑を避けたい場合はお盆以降が良いかもしれません。

ただ、お盆過ぎってクラゲが心配ですよね。

 

水島のクラゲの発生状況はどうなんでしょうか?

残念ながら(?)水島にもクラゲはいます。

 

実際に私が行った時も、まだ8月の頭でしたがクラゲを見つけました。

どうも水島には、お盆前後に関係なく水クラゲがいるようです。

 

だけどその年によって、クラゲの発生有無や量は異なってくるみたいですね。

お盆以降に水島に行くのなら、今年はクラゲがいない、もしくは少ない年であることを願いましょう。

 

また平日であれば、土日に比べれば混雑しない傾向にあります。

土日はやっぱりどこも混みますからね~。

 

無人島 水島の穴場スポット

混雑は避けたい、だけど行ける時期は海水浴客のピーク時、しかも週末にしか行けない…という方、私のそうでしたが諦めないでください。

個人的にオススメの水島の穴場スポットを教えます。

 

ズバリ、それは島の端の方と裏側です。

 

まずは、島の端の方。

海水浴客の多くは、島の中央付近、松の木が生えているところに行きます。

木陰もあるし、トイレもこの近くにあるからです。

 

そのため、島の端の方は人があまりいません。

その変わり、木が一切生えていないので日陰になるところはありませんが、人は少ないのでオススメのエリアです。

パラソルやテントは必須の持ち物ですね。

 

次に、島の裏側です。

船着き場の方を島の表とすれば、その反対の裏側は、岩場や海藻が多いエリアになっています。

泳いでみようともしましたが、海藻がウヨウヨしていて私はちょっと無理でした・・・。

それに岩場のため、泳ぐには適していない感じです。

 

そういった理由から、人も少なくなっているエリアです。

泳ぐには向かないけど、海の生き物探しとか探索には良い場所だと思いますよ。

 

あと、この場所に行くならビーチサンダルは絶対必須です。

岩で足を切ったりしたら大変ですからね。

もし怪我をしても、無人島なのですぐには手当ができません。

怪我には十分気を付けてください。

 

海の日からお盆前まではそれなりに混雑している水島ですが、朝一に行けばスムーズに行くことはできます。

また平日やお盆以降に行くなどするのも、混雑を避ける方法ですね。

 

福井県にある無人島の海水浴、水島へぜひお出掛け下さいね。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。