ビッグサンダーマウンテンの山の名前の由来は?背景についても解説!

東京ディズニーランドには、ビッグサンダー・マウンテンというアトラクションがあります。

とても有名なのでTDLに行ったことがない人でも、一度はこの名前を耳にしたことがありますよね。

 

今回は、ビッグサンダー・マウンテンのウンチク情報を教えちゃいます!

名前の由来や、背景に隠されたストーリーなど知っていますか?

アトラクションの背景を知っていれば、普通に乗るより数倍楽しいです。

ただ乗るだけではなく、細かい設定を楽しむのもディズニーならではですよね。

 

セドナに実在する山が名前の由来

ビッグサンダー・マウンテンは、アメリカのアリゾナ州セドナにある「サンダーマウンテン」と言う実在する山が、モデルになっていると言われています。

私もサンダーマウンテンの写真を見たことはありますが、ディズニーのビッグサンダー・マウンテンとそっくりですね。

というか、似せて造ったので当たり前ですが…。

 

サンダーマウンテンには、よく雷が落ちるそうです。

セドナでは、雷は美しいものとされているとか。

セドナはウォルト・ディズニーにとってゆかりの地で、サンダーマウンテンを見てビッグサンダー・マウンテンを思いついたと言われています。

これがビッグサンダー・マウンテンの名前の由来なんですね。

 

廃坑を暴走するアトラクションが背景

ビッグサンダー・マウンテンがあるウエスタンランドは、アメリカ西部の開拓時代の街並みを再現したエリアです。

その中にあるビッグサンダー・マウンテンは、1800年代中頃の熱狂のゴールドラッシュから数十年後の1880年代が舞台となっています。

 

アメリカのゴールドラッシュの時期に鉱山を所有していた会社は、「ビッグサンダー・マウンテン・マイニング・カンパニー」。

マイニングとは「採掘」という意味ですね。

金を掘り続けて何年か経ちすっかり廃坑になった岩山を運転手がいない炭鉱列車が暴走するアトラクションになっています。

ビッグサンダー・マウンテンの背景には、こんなストーリーがあったんですね。

 

ビッグサンダーのトリビア7選

★東京ディズニーランドで、初めてファストパスが導入されたアトラクションである。

 

★ビッグサンダー・マウンテンの一番高い岩山の名前は「メインビュート」。

ビュートとは、アメリカモンタナ州にある鉱山都市の名前です。

 

★アトラクション入り口にあるスチームトラクターは、1898年製の世界に数台しか現存しない本物です。

 

★アトラクションのアナウンスは、富田耕生さん。

バカボンのパパや、初代ドラえもんの声優の方です!

「ビッグサンダーマウンテンな~のだ!」って言って欲しいですね(笑)

残念ながら富田さんは、2020年に84歳で亡くなっています。

 

★アメリカ河沿いにいる釣りをしているおじいさんの名前は、セドナ・サム。

連れている愛犬はディガーで、山のふもとに住んでいる唯一の住人です。

その昔、岩山で金塊を掘っていましたが、運転手のいない暴走列車を見て逃げて来ました。

それでビッグサンダー・マウンテンに入るのを止めるように話しているんです。

 

★セドナ・サムの兄弟が、アドベンチャーランドの『カリブの海賊』というアトラクションにいます。

名前はチャーリー・サム。

 

★アトラクション内の「黄金の隠れミッキー」を見つけてキャストに言うと、プレゼントがもらえるという都市伝説があります。

都市伝説なので実際はもらえません。

 

ビッグサンダーのトリビア、あなたはいくつ知っていましたか?

私は、バカボンのパパに一番驚きました(笑)

 

ビッグサンダーは35年の歴史がある

最後にビッグサンダーマウンテンの基本情報をおさらいしましょう。

東京ディズニーランドのウエスタンランドにあるビッグサンダー・マウンテンは、開園した1983年の約4年後1987年7月4日にオープンしました。

2022年で35年も歴史があるんですね。

 

アトラクションの所要時間は約4分。

身長102cm未満のお子さんと、妊娠中の方は乗車できません。

一台30人乗りで、時速40kmのライド系スリルアトラクションです。

時速40kmって聞くとそんなに速くないような感じがしますが、実際に乗ってみるとかなりのスピード感とスリルですよね。

 

スポンサーは第一生命保険株式会社。

ファストパスに対応しており、東京ディズニーランドの他、3つの海外のパークにも存在します。

クリッターカントリーの『スプラッシュ・マウンテン』と、トゥモローランドの『スペース・マウンテン』と合わせて「3大マウンテン」と呼ばれています。

 

3大マウンテンでは一番スピードが遅い

ビッグサンダーは、ストーリーが細かいことまで設定されています。

単に乗るだけでなく、こうした背景や由来を知ることで、もっと好きになれるはずです。

この記事を読んだら、確かめたくなって乗りたくなりますよね。

 

ビッグサンダーは3大マウンテンの中でも、最高スピードが一番遅いアトラクションです。

※スペースマウンテン時速48km、スプラッシュマウンテン時速62km

 

個人的な意見ですが、絶叫系がダメな人でも乗りやすいスリル系アトラクションだと思います。

平日でも60分待ちを超えることも珍しくない人気アトラクションですが、ぜひストーリーの設定を頭の片隅に入れて乗ってみてください。

今までとはまた違った、ディズニーならの楽しみ方ができると思いますよ。

※この記事は5歳と1歳のママ、「ウィリー」さんが書きました。