パチンコやスロットの年末年始は勝てない?釘や設定は回収調整だから出ないの?

どうも!元パチ屋店長の僕です。

いや~今年ももう終わりですね。年末年始は忙しい・・・。ってまさか皆さん、パチンコパチスロを打ちに行ってはいませんよね?

巷では「ゴールデンウィーク・お盆・年末年始(お正月)」は、パチ屋の3大回収イベントで有名です。

 

でもチラシ(折込広告)もたくさん入るし、イベントも一杯開催される・・・もしかしたら勝てるのでは??

今回は、その気になるお店の裏事情を暴露しちゃいます。

結論から言うと・・・

 

年末年始、特にお正月は絶対にやめとけ!

1年で1番勝てない日です。断言します。

 

儲かりません、勝てません、出ません、高設定ありません、ボーダー超えの台ありません、です!

詳しく説明します。

 

パチンコ店の年末年始は目標粗利必達

まず、先ほどのパチ屋の3大回収イベントを見てみます。

 

この3つの中で、一番回収率が高いイベントは・・・年末年始です!

少なくとも、僕がいた某大手のグループではそうでした。

12月~1月は、売上も平均月よりかなり多いですが、粗利や利益率もエグイです。

 

「目標粗利必達」

 

これが、本社から各店店長に与えられた指令です。

なぜこんなに回収に入るのか、回収できるのかを順に説明しますね。

 

年末年始の期間はいつからいつまで?

その前に、「年末年始」はいつからいつまでを指すのかを確認したいと思います。

パチ屋でいう年末年始は、「12月の給料日&ボーナス日 ~ 年明け1月の1回目の新台入れ替え」ぐらいまでです。

世間一般より期間が長めですね。

もちろん各グループによって考え方は違いますよ。

 

12月は冬のボーナスがあります。

ボーナスが出て、お金に余裕があると気が大きくなりませんか?

それ、パチ屋に狙われていますよ(笑)。

 

基本パチ屋は、お客さんとのお金の取り合いです。

お金を取りすぎても来なくなってしまいますし、逆に出し過ぎても経営が成り立たなくなります。

お客さんを生かさず殺さずの塩梅(あんばい)で、お金を回収するのです。

表現が不適切かもしれませんが、これがパチ屋の本性です。

 

だから給料日前の例えば毎月20日辺りなんかは、意外と設定を上げて出したりします。

お客さんがお金なさそうなのが、事務所の監視モニター越しに見て伝わって来るのです。

 

もちろんパチンコの釘も開けます(今はダメですが・・・)。

特に常連のお客さんには、ある程度お金を返してあげないと見切られてしまいますからね。

 

月初はどちらかというと、回収モードからスタートします。

だいたいの企業は20日~月末が給料日で、皆さん月初はお金持ちだからです。

 

また各店店長は、毎月の売上目標を本社から設定されるわけですが、やはり人間の心理として「先行逃げ切り」で行きたいと思うのです。

つまり、その月の前半で目標到達ペースで利益を上げておきたいのです(貯金を作っておきたい)。

 

月の前半で予定より出玉を多く出してしまうと、本社へ経過報告をする際に

「遅れているけど大丈夫????目標粗利必達だよぉぉぉぉ!!」

って、社長からプレッシャーを掛けられるので、余計に「利益先行」の心理が働きます。

 

ちなみに目標未達成は、モロに自分の評価(ボーナスなど)に響きます。

店長も必死なんです(笑)。

 

話が逸れました・・・

 

「年末」はボーナス日~ですが、「年始」は1回目の新台入れ替えぐらいまでです。

数年前から成人の日が1月の第2月曜日になり、毎年固定で祝日になりました。つまり連休ですね。

 

その年のカレンダーの巡り合わせにもよりますが、この成人の日までが一応正月営業な感じです。

つまり翌火曜日からは平常モードに戻る・・・はずです。

実際、お客さんはガクンと減ります。

 

でもこの週は、ほぼどこのパチ屋も新台入れ替えをします。

なので・・・

「だったら新台開店から仕切り直しで行こう」

となる訳です。

 

つまり成人の日が過ぎても、さすがにボッタクリ調整からは幾分緩めますが「出す」までは行きません。

本当に平常に戻るのは、新台開店からです。

やはりいつの時代も、パチ屋の1番のイベントは「新台入替」ですからね。

 

年末年始は儲かるの?高設定はあるの?

では、年末年始は本当に儲からないのか?勝てないのか?そもそも高設定やボーダー超えの台はあるのか?について説明します。

これは、経営(商売)する側の心理になれば簡単です。

 

もし、何も経営努力をせずにお客さんがたくさん来てくれたら?・・・出玉を出す必要はないですね。

イベントも新台入替もなしで集客できれば、この上ない経営手腕です。

しかし実際は、高設定などを入れて出玉を出さないとお客さんは来てくれません。

 

でも、年末年始はどうでしょう?

年末はボーナスで資金に余裕があり、休みも長いのでお客さんは来やすいです。

 

そしてお正月は、「運だめし」や帰省して親戚に誘われてパチンコ・・・など、普段パチンコパチスロを打たない人も来店します。

こういう人たちって勝っても負けても、恐らく2度とお店には来ません。

ましてや、遠方からの帰省客だったらなおさらです。

つまり、このようなお客さんに玉を出しても仕方がないですよね。

だったら、シレ~っと回収しましょう

 

このように、年末年始はボーダー超えの台や高設定なんかありませんので儲かるはずがないです。

儲かるのはお店。

 

更にこの年末年始は、逆に地元のいつもの常連さんが帰省したり、大掃除や家でゆっくりしたりで来なくなります。

お店としては、どうせ玉を出すならいつも来てくれる常連さんに出したいですよね?

だって負けてもずっと来てくれて、お店を支えてくれてますので(笑)。

 

まとめると、この年末年始、特にお正月は客層が結構変わります。

お店としては、一見客で2度と来ないであろうお客さん相手には、玉を出す気はサラサラありません。

 

僕がいたグループでは、元旦は景気づけで多少出しましたが2日からは鬼ジメでした。

元旦って営業時間短いですから、赤字になりそうだったら「はい、閉店!」ってできます(実話)。

 

ちなみにこれ、言っちゃっていいのかな・・・

スロットは、オール「エントツ」。=設定1

パチンコは板ゲージでなく玉ゲージ(11.03)で叩いてました。

「ヘソ釘に玉が引っかからなければいいやっ!」ぐらいな適当な感じです。

どれだけシメてもほぼフル稼働するので、お客さんの体感としては出ているように感じるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?怖いですね~恐ろしいですね~(古い?)

これらの理由から、年末年始(特にお正月)はパチ屋は出しません。というか出す必要がないのです。

だからもう家でゆっくりテレビでも見ましょう。

 

例え勝ったとしても、それは「期待値の前借り」に過ぎません。

いつか「ツケ」が回ってきます。

「ボーダー超えをぶん回す」はパチンコ・スロットの基本ですよ。

 

尚、僕のいたグループはどちらかと言うと「郊外店」になります。

地域やお店の強弱によって経営方針は様々ですが、「本当にお正月は出す」っていう店は聞いたことないですね。

 

【余談1】年末年始の店長の裏話

なぜ、ここまでしてスロットオール1、パチンコ鬼閉めにするかを少し補足します。

記事中でも書きましたが、年末年始は1年で1番稼ぎ時のため「目標粗利必達」です。

 

これを中途半端に設定2とか使ったら、どうなると思いますか?

設定2でも回収はできます。

でも、もし上振れで吹いちゃった時に言い訳ができないですよね。

社長からは「なぜオール1にしなかったんだ!?」と怒られます。

 

オール設定1にすればそれ以上は下げようがないので、もう確率は仕方がないです。

パチンコも同じです。

パチンコ店にとって年末年始は、絶対に失敗できない期間なんです。

 

パチンコの釘は、見れば回らないのは分かります。

スロットは、外観からは設定が分かりません。

もしかしたら、少しは設定入っているかも・・・と淡い期待をするのはやめて下さい。

パチンコが鬼閉めで回らないのに、スロットが出ると思いますか?

 

年末年始は儲かりません・・・。

高設定なんてありません・・・。

 

【余談2】年末年始の店長の愚痴

愚痴らせて下さい(笑)。

 

こうして「目標粗利必達」と言われて、各店長は必死に利益確保に走ります。

でもムリして抜けば(粗利を取れば)、必ずそのツケは稼働に来ます。

特に2月は厳しいですからね。

 

で、もし稼働が悪くなった場合は、店長の責任になります(笑)。

あれだけ抜けば、そりゃお客さん飛ぶよ・・・とは言えません。

 

「暴利を上げつつ、稼働も維持する」

 

パチンコ店の店長は、ウルトラCなみの営業手腕が問われるのです。

ボッタクリ営業は店長の意志ではなく、社長の指示ですよー!

 

 

スポンサーリンク







 

4 件のコメント

  • パチンコはホールコンピュータで
    遠隔してます
    いつかばれます
    現実知ってます
    事務所の裏の裏です
    今は、コンピュータの時代です
    電気工業者からぼうだいな配線を繋ぎ
    あなたをターゲットにしてます
    特に大手はひどいです
    元パチンコ経営者でした

    • コメントありがとうございます。

      僕も15年ぐらい前は、そういうホールがあるのを知っていました。
      でも今はどうなんでしょうか?

      風営法の改正で、遠隔操作も裏モノも一発営業取り消しの時代です。
      ハイリスクになりましたね。

      それに遠隔システムを導入するのにも、莫大な予算が必要です。
      ホールコンピューターは、「データの収集」を目的とした機器であって、
      基本は情報を受け取るのみです。

      遠隔操作で大当たりさせようと思うと、台側も細工しないといけません。
      今はどんな人気機種でも3年が寿命です。昔みたいに10年選手は存在しません。
      つまり細工を施しても、3年でパーになる訳です。

      遠隔のホールは確かに存在するとは思いますが、
      経営者側にとって、今はかなりのリスキーではないでしょうか?

      これを過剰に意識して立ち回るよりは、しっかりと
      確率論に徹して打った方が良いかと僕は思います。

  • サー
    私は本当にあなたのウェブログのすべてを読むだけで楽しいです。 あなたの仕事に感謝する私のような人がいることを伝えたいだけです。
    ありがとう

    • 僕は、自分の知っていることや考えを書いているだけですよ。
      でもそれが人の役に立っているのなら、すごく嬉しいですね。
      コメントありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。