ルパパトレンジャーのGSPO国際特別警察機構は実在するの?ICPOとの違いは?

どうも!

ルパ~ン!逮捕だぁ~の僕です^^

 

今週もルパパト観ましたか?今までにない「三角関係」(笑)が、大人の僕でも続きが気になります。

で、今日観ていて気になったのが

「国際警察の権限~」と

「GSPO」のロゴ。

いまさら気になったのか?っていうツッコミはなしですよ。

 

まあGSPOとか聞けば、普通は「銭形のとっつあん」を想像すると思います。

でもあの人は「ICPOの銭形だ!」が名セリフ。

また「国際警察」ってICPO?実在するの?

そもそもGSPOって何の略?

 

気になりますよね?(いまさら)

調べてみました。

 

せっかちなあなたのために、先にアンサーしておきます。

国際警察=国際特別警察機構

GSPO=Global Special Police Organization の略

 

国際刑事警察機構

ICPO=International Criminal Police Organization

 





スポンサーリンク


GSPOとは?

先に答えを言っちゃいましたが、ルパパトの国際特別警察機構(GSPO)とは・・・

GSPO=Global Special Police Organization の略称です。

Global・・・世界的な

Special・・・特別

Police・・・警察

Organization・・・組織

 

うん、そのまんまですね(笑)

もっと深い意味があったかと思いましたが、ある意味わかりやすいです。どう特別なのかが気になりますけどね。

 

実在するのか?

もちろんフィクションでしょう。グーグル先生にどれだけ聞いても、ネット上では実在しませんでした。

仮に実在したら、放送内容によってはそのイメージを変えてしまう恐れがありますからね。

う~ん、例えば取調室でカツ丼とか(笑)。(これは刑事ドラマが作り上げた偏見です。)

 

ストーリーを見ればすぐに気が付きますが、ICPOをモデルというかイメージした組織だと思います。

 

ICPOとの違いは?

銭形警部、出番です。

GSPOとICPOとの違いを分かる範囲で比べてみました。

国際刑事警察機構(ICPO)とは何かを説明しながら見ていきましょう。

 

ICPO=International Criminal Police Organization

International・・・国際的な

Criminal・・・刑事上の

Police・・・警察

Organization・・・組織

 

GSPOとほとんど同じですね。ってGSPOが参考にしたからだと思いますが。

なお、日本ではICPOと呼ばれることが多いですが、海外では「インターポール」という通称で呼ばれることが多いです。

 

ひとつ気になったのが、International と Global の違い。

どちらも世界とか国際とか、そんな意味だと僕は認識しています。

でも使い分け方は気したことないですね。チャイルドとキッズみたいな関係でしょうか?

 

International(インターナショナル)

国家間の繋がり。つまり国家はひとつひとつ独立していますけど、それを協力して(つなげて)、という意味合いです。

 

Global(グローバル)

国家ではなく、ひとつの地球として。

 

う~ん、インターナショナルは国境があるけどつなげて。グローバルは、国境をなくしてひとつに。

多分こんなニュアンスです(笑)。ちなみに以前にも言いましたが、僕は英語「2」でしたので^^

 

ICPOの役割は、国外に逃亡した犯罪者や国際指名手配犯の逮捕に携わる、各国の連携を図ることです。

各国間の情報のやりとりを手助けするような役割ですね。

ここで重要なのは、ICPOは逮捕権や捜査権は持っていないということです。

実際に捜査して逮捕するのは、現地の警察なんですね。

だからICPOの職員は、各国の警察を支援協力するようなポジションです。

つまり、世界中を飛び回ってルパンを逮捕する人は実在しません。逆にICPOが勝手に逮捕したら、それこそ逆に逮捕されます(笑)。

スポンサーリンク

 

【ICPOの主な仕事】

・国際犯罪の情報交換や収集

・犯罪対策のための国際会議の主催

・指名手配書の発行や逃亡犯の発見(発見だけです)

・行方不明者の発見

・盗品の発見

 

こうして見るとICPOって結構地味ですね。

でもICPOがあるからこそ、国際犯罪を取り締まることができるのです。銭形警部は漫画の世界ですから。

 

という訳で、ICPOの意味が分かれば、パトレンジャーのGSPOとの違いが分かりましたよね。

ルパパトのパトレンジャーは、国際特別警察機構(GSPO)の日本支部という位置づけです。

イメージ通りのスーパーポリス的な、派手な活動しています(笑)。もうICPOの地味さとは次元が違います。大介じゃないですよ?

 

恐らくGSPOは、銭形警部のように国家関係なく逮捕したり取り締まったりできる警察組織なんでしょうね。

 

まとめ

ルパパトのGSPOは実在せず、フィクションですね。

その活動内容は、イメージ通りの全世界で活躍する「国境なき警察」だと思います。

 

対してICPOは意外や意外、逮捕権や捜査権を持っていません。その活動はイメージとかけ離れた地味なものです。

名称やイメージは、ICPOをモデルとして考案されたと思われるGSPOですが、実際の活動内容は全然違いますね。

やはり取調室では、カツ丼は注文されないってことです(笑)。

 

追伸

ふと思ったのですが、ギャングラーって何で追われているのでしょう?

そりゃルパンコレクションを盗んだからでしょ?

いや、そうではなくて罪名ですよ、犯罪の内容。

 

何か法に触れたから警察に追われるわけですが、何の法に触れたのでしょう?

例えば、日本では殺人は重罪です。

しかしフィリピンでは、ドゥテルテ大統領が超法規的に殺人を認めて国際的な問題になりました。

またそもそも内戦がヒドイ地域や無政府状態の国では、法律自体があってないようなものです。

 

どこかの国の法に触れたので「犯罪」になるのです。ギャングラーの窃盗罪は、どこの国の法に触れたのでしょうか?

 

ギャングラーは「異世界犯罪者集団」です。「世界」なのでもう「国」レベルの規模ではなさそうです。

どこかの世界の窃盗罪の罪で、GSPOに追われているってことでしょうか?

 

・・・疑問を投げかけたまま、この記事は終わります・・・消化不良(笑)。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。