ジモティーの売り方のコツは?使い方が分からない初心者は必見!

どうも管理人の僕です。

ジモティーって使っていますか?あれ、いいですよね。僕も最近使い始めたのですが、特に物の売買には重宝します。

そこで今回は、ジモティーで不要品などを売るコツを自分の経験から書いてみます。初心者で物を売りたい人は、ぜひ参考にしてみて下さい。特別なテクニックではなく、基本的なことが大切なんです。

先にポイントをまとめます。

 

・プロフィールはしっかり書く

・プロフィールの写真は必須

・メッセージのやり取りは丁寧な文章で

 

これだけです。

順番に理由を説明しますね。

 





スポンサーリンク


プロフィールはしっかり書く

ジモティーの特徴と言えば、商品を売買する場合の値段が安いことが一番ですね。そして基本は「手渡し」。地元というご近所だからこそ成り立つサービスです。

また売主と買主が直接、商品とお金の受け渡し方法を決めるという点もあります。ジモティーの運営サイトは仲介してくれません。売買サイトというよりは「掲示板」の意味合いが強いかもしれません。

そしてこれはどういうことかと言うと、基本的にトラブルなどは「自己責任」なんです。もちろん万一の時は運営側も情報提供や利用停止などの措置はしてくれますが、これはトラブルの事後の話。トラブルに事前に遭わないようにするためには、自分で注意する必要があります。

ヤフオクやメルカリなどは、運営サイトが間に入ってくれて「代金が支払われない」「商品が届かない」といったトラブルに遭わないようするシステムやサービスがあります。でもジモティーでは直接交渉ですから、これらのトラブルに遭わないように自衛する必要があるのです。

前置きが長くなりました。

売主と買主どちらも交渉や取引に不安がありますが、今回は「売り方のコツ」なので売主側に立ってみます。買主としては、より人物がしっかりとした売主と取引したいと思うのは当然です。特にジモティーは、主婦の方の利用が多いと私は感じますので、なおさらこの点は敏感だと思います。

 

プロフィール

なのでどの部分でそれを判断するかというと、初めに説明したプロフィールやメッセージなんですね。

買主が売主の商品を気に入りました。次に買主は売主の評価をチェックしますが、ほぼ必ずと言っていいほどプロフィールもチェックします。

どこに住んでいる人なのか?どういう職業なのか?性別は?

などです。これから直接会う人物なので当然ですよね、気になるというか不安です。

でも買主が売主のプロフィールを見たときに「空欄ばかり」だったらどう思いますか?どんな人物か分からないので不安になりますね。私だったら、例え商品を気に入ってもその人はパスすることもあります。トラブルだけは避けたいですから。

だから売主側としては、評価も大事ですけどプロフィールは必ずすべて埋めて下さい。特別なことを書く必要はありません。「サラリーマンです。なかなか返信できないかもしれません。」「主婦してます。平日の昼間なら時間が空いています。」でも全然OKです。

スポンサーリンク

 

写真は必須

またプロフィールの写真も自分を載せる必要はありません。無料素材の写真でOK。風景でも動物でも小物の写真でも構いません。僕はネコアレルギーのくせに、ネコの写真を使っています(笑)。理由はなんとなく・・・。

写真がないよりは、何でもいいので載せるだけで全然印象が変わります。なぜなら不安な心理の買主が、売主の写真がない=正体不明=不審人物というように、勝手に悪いように想像してしまうのです。他にも例を挙げましょうか?

出○い系サイトで女の子の写真がありますが、顔だけが分かりません。この場合はどう思いますか?勝手に自分の好みの女の子を想像しませんか?(笑)

先ほどと逆で「期待している心理」なので、女の子の写真がない=きっとかわいい子=連絡しよう=騙される(笑)、となる訳です。

人間って分からないことは、自分の都合のいいように解釈する傾向にあるのです。もちろん写真がないとズボラな性格とも思われますが、それ以上に「得体の知れないもの」と思われてしまうため問い合わせが来なく売れないのです。

だから必ず写真とプロフィールは、簡単でいいので埋めて下さいね。

 

メッセージのやりとり

そしてもうひとつ重要なのが、メッセージ(メール)の文章。当然ですが、丁寧に常識ある文章で書いて下さい。

かと言って、堅苦しい難しい言葉で書く必要はありません。~です、~ます、は基本ですが、あいさつも一言「こんにちは」とあるだけで印象が違います。最後に「よろしくお願いします」とあれば、少なくとも悪い印象は与えません。

注意として誤字脱字ですね。これは、自分の確認した文章を読み返せば誰でも防ぐことができます。それをそのまま相手に送ってしまっては、「いい加減な人なのかな?約束を守ってくれるのかな?」と余計な不安を与えてしまいます。

難しい文章はいりませんが、最低限の誤字脱字はチェックしましょう。

 

まとめ

今回は売主側から見た「売り方のコツ」で書いてみました。でも買主側でも同じですよね。得体の知れない買主では、売主だって不安です。

せっかく商品を気に入ってもらえた(気に入った)のに、自分の対応がマズくて取引ができなくなってしまってはもったいないです。

プロフィール欄と写真、そして丁寧な常識ある文章を心がけましょう。もちろんジモティー側への「身分証の確認」も必ず済ませて下さいね。

 

追伸

確かに評価でおおよその人物像は分かります。でも実際、取引に納得がいかなくても悪い評価って付けにくいですよね。なんてったって地元なので、報復とか怖いですから。悪い評価するのなら、評価自体をしないという選択肢もあります。

だから私は評価を鵜呑みにはしません。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。