パチンコ店長が教える大当たりの仕組み!確率論的攻略法!

ちわっす!第2回です。前回は「ハマろうが連チャンしようが、確率は常に一定」と説明しました。

前回→ パチンコパチスロ確率論で勝つ攻略法!店長が教えるプロの打ち方!

しかし、何となく分かったけどしっくり来ないところもあると思います。そこで今回は、パチンコパチスロ台の大当たりの仕組みを見ていきます。





スポンサーリンク


大当たりの仕組み

パチンコ台はプログラムされた機械です。人間のように心や意志はありません。単純シンプルに考えて下さい。所詮、人が造った機械です。その大当たりの仕組みを説明します。しっかりと付いて来てくださいね。

例えば、1~300の数字(乱数)があります。このうち、77を大当たりの数字とします。大当たり確率は1/300の確率ですね。プログラム上でこの1~300を超高速で数えます。ゼロコンマいくつの世界です。

そしてスタートチャッカーに玉が入った瞬間に、数えていた数字が何かをみます。その数字が77だったら大当たり、それ以外はハズレです。

単純でしょ? 300個ある数字のうち、1つが大当たりの数字。それを毎回(毎回転)1個ずつ抽選しているだけです。至ってシンプルなんです。

過去の結果は全く関係ありません。スタートチャッカーに入ったタイミングがすべてなんですが、超高速なので狙いつのは不可能ですね。そもそも、いつ77を数えているのかすら分からないわけですから。

ちなみにパチスロも同じです。パチスロは、スタートレバーを叩いた瞬間に数えていた数字が抽選結果となります。例えば、1~50がBIG、100~200がLEG、500~900が小役、その他ハズレ、のようにあらかじめ決められています。もちろん機種毎、設定毎に違いますよ。

リーチの仕組み

ついでにリーチの仕組みも説明します。前述の抽選結果により、例えばお見事大当たりを引いたとします。いいですねー、実践でもこうありたいです。

この大当たりをどう演出するか、これはこれでプログラムされている通りに決められます。

例えば大当たり演出の振り分けは、「2%は全回転リーチを演出して当たる、5%はノーマルリーチを演出して当たる、33%はスペシャルリーチを演出して当たる、60%は予告リーチを演出して当たる」という感じです。全部で100%になりますね。ここまでいいですか?付いて来てくださいね。

また、ハズレの演出の振り分けは、「1%は全回転リーチでハズれる、38%はノーマルリーチを演出してハズれる、11%はスペシャルリーチを演出してハズれる、10%は予告リーチを演出してハズれる、40%はリーチなしでそのままハズれる」という感じです。全部で100%になりますね。・・・分かりづらかったらスミマセン。

もう気付いているかと思いますが、リーチって抽選結果なんです。リーチがかかる前から、大当たりかハズレかはすでに決まっています。

だから「PUSH」ボタンを押そうが、台をぶっ叩こうが、当たれ光線を送ろうが、結果はすでに決まっています。

スペシャルリーチでハズレても、それはハズレ演出のスペシャルリーチを引いただけです。全然惜しくありません。うわっ、これ言っちゃうとパチンコがつまらなくなりますね。でも勝つためには必要な知識です。

だから私はスペシャルリーチでハズレても、(内心ドキドキですが)クールに澄ましていますよ。あ、ハズレ演出引いたんだって。

リーチの信頼度

更についでにリーチの信頼度について説明します。チャンネルはそのままで。

信頼度は〇%とか言われますが、仕組みはこれも単純です。大当たり時の振り分けと、ハズレ時の振り分けとのです。

先ほどの例では、ノーマルリーチの出現率「大当たり5%:ハズレ38%」ですから5/43が信頼度です。約11%ですね。おお、結構当たるノーマルリーチ!

同じく全回転リーチの出現率「大当たり2%:ハズレ1%」ですから2/3が信頼度です。約66%ですね。ええ?全回転が66%しか信頼度ないの?ハズレたら台ぶっ叩きます。

ここにはないですが、大当たり時しか選択されないリーチは信頼度100%となりますね。

また、全回転リーチのように、大当たり時もハズレ時も選択されにくいリーチは、出現率が低いリーチということですね。

リーチの出現率と信頼度は求め方が違いますので、混乱しないように気を付けてください。出現率が低いからと言って信頼度が高いとは限りません。逆もしかり。

余談ですが、全回転リーチがハズれる機種って知ってますか?そんな機種ないって?あるんですよ~それが。それは・・・初代「ナナシー」です。大当たり中に大当たりする懐かしき一般電役ですね。

この機種、全回転リーチがハズます!6図柄あるんですが、6図柄全回転して止まった・・・と思ったら右下だけペラっと回転してハズれます。信頼度は約98%です。私はトータル6回ハズしました。すごいでしょ?こういう「ヒキ」は強いんです。今から20年ぐらい前の話になりますけどね。

まとめ

大当たりの仕組みは、パチンコならスタートチャッカーに入った瞬間、パチスロならスタートレバーを叩いた瞬間に数えていた数字(乱数)で決まります。

リーチはあくまでその抽選結果を見ているだけです。

リーチの信頼度は大当たり時とハズレ時の比より、出現率はリーチ全体の選択割合より求められます。

いかがでしたか?リーチの内容はともかく、大当たりの抽選の仕組みは確実に理解してくださいね。

次回は、パチンコパチスロ確率論で勝つ攻略法!店長が教える確率の収束です。

ご意見ご質問はコメント欄へどうぞ!あなたの好きな機種などもぜひ教えてください!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。