ハワイの空中プールがあるコンドミニアムの場所はどこ?ホテルの値段はいくら?

スポンサーリンク

どうも!

高所恐怖症&カナヅチの僕です。

最近は、泳げない人のことをカナヅチとは言わないかな?

トンカチ?ハンマー?

 

さて、ハワイのコンドミニアムで、僕が行ってみたいけど入りたくないプールが話題です。

その名も「空中プール」。

 

これはヤバイです、下(地上)が透けて丸見え。

一体このコンドミニアムの空中プールは、どこにあるホテルなのでしょうか?

1泊の値段はいくらなのかな?

空中プールでは泳がないけど調べてみました。

 

ハワイの空中プールがあるコンドミニアムの場所の地図

まずは、この気になる空中プールがあるコンドミニアムの場所なんですが、地図はコチラ↓

 

 

ちょうどホノルル空港とワイキキビーチの中間に位置する、アラモアナ付近ですね。

この空中プールがあるコンドミニアムは、カカアコ地区の場所に建っています。

 

観光のついでに寄れそうな場所なので、ちょっと足を伸ばして空中プールを下から見上げるのも良い記念かもしれません。

 

ハワイの空中プールがあるコンドミニアムのストリートビュー

とは言っても、そう簡単にハワイには行けません。

でも今はすごい時代ですよね~、そうグーグルマップのストリートビュー。

ストリートビューがあれば擬似旅行ができるので、僕はつい暇つぶしに眺めちゃいます。

 

 

・・・しかし、ストリートビューでハワイ中?をさまよっても、空中プールのあるあのコンドミニアムが見つかりません。

おかしいなぁと思ってよく調べたら、空中プールのあるコンドミニアムは2017年に完成したばかりの新しいホテルだったのです。

そしてストリートビューの撮影日が2011年・・・。

グーグルさん、更新をお願いします。

 

空中プールのホテルの値段はいくら?

一番気になるこの空中プール付きのお部屋の値段ですが、一泊いくらぐらいの値段なのでしょうか?

調べてみましたよ。

 

・・・あれ?空中プールの部屋の値段がない?

同じホテルの別の部屋の値段は・・・210万ドル!?

210万ドルって約2億3千万円ですよ?

いくら世界有数のリゾート地のハワイと言えども、一泊2億3千万円は高すぎでしょ?

 

そんなワケないですよね。

そうこのコンドミニアムは、分譲マンションだったのです。

 

一般的に日本でいうコンドミニアムとは、生活ができるように家電などが揃えられている宿泊施設のことを指します。

でもハワイ(アメリカ)でいうコンドミニアムとは、分譲マンションのことなんですね。

つまり宿泊施設であるホテルではなく、住居ということです。

そう言えば、この空中プールが紹介されていたニュースに「住人」って書いてあったのを思い出しました。

 

ということで、この空中プール付きの部屋に泊まろうとするのなら、住人の方に直接交渉するしかないのです。

でも、地上からこの空中プールを見上げるだけでも面白そうですね。

知らずにこの空中プールを見かけたら、思わず2度見すること間違えないぐらいインパクト大です。

 

 

まとめ

ハワイで話題の空中プールつきのコンドミニアムは、カカアコ地区という場所にあります。

ちょうどホノルル空港とワイキキの中間地点なので、レンタカーなどでちょっと寄ってみると思い出になると思います。

 

それにしても底がガラス張りのプールで泳ぐって、一体ってどんな感じなのでしょうか?

高所恐怖症の僕は、絶対に無理ですね。

あのスカイツリーの展望台にある「ガラスの床」の上を歩けませんでしたので。

落ちたらどうするの?ってビビっちゃいます(笑)。

 

そう言えば、アメリカではガラス張りの橋?回廊?も話題になりましたね。

高さ1200メートルって・・・。

 

 

この空中プールの部屋がもし売りに出されたら、どなたか購入して僕を招待して下さい(笑)

それでは~。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。