大人のキッザニアに子供は何歳から入場できる?年齢制限はあるの?

スポンサーリンク

どうも!

大人のキッザニアに予約をしようと思ったら、キッザニアのサイトがパンクしていて予約できなかった僕です。

 

さて今回は、そのキッザニア甲子園で開催される大人のキッザニアについてです。

かなり人気みたいですが、そもそもこの大人のキッザニアは何歳から入場できるのでしょうか?

 

大人と言っても20歳?18歳?

子供は入場もできないの?

では、子連れの人はどうすれば?

 

そんな疑問を調べてみました。

ちなみに先に答えを言うと、大人のキッザニアは16歳からです。

 

 

大人のキッザニアには子供は何歳から入場できる?

↑これ、トップガンを見て僕もやってみたいと思いました。

 

今回の大人のキッザニアは、その名の通り大人がお仕事を体験できます。

子供がやっているのをガラス越しから見ていて「俺も(私も)やりたい・・・」って思った、お父さんお母さんには朗報ですね。

まさか大人限定のキッザニアを開催するとは、その発想はなかったと僕は驚きました。

 

ところでこの大人のキッザニア。

一体何歳から入場できるのでしょうか?

 

大人のキッザニアは16歳から入場できます。

キッザニアの世界では、16歳からが成人ってことなんですね。

 

あ、言われてみれば、通常のキッザニアは対象年齢が中学生までです。

つまり15歳までしかお仕事の体験ができません。

だから16歳以上の高校生でもキッザニアを体験できるように、今回の「大人のキッザニア」を開催したんですね、納得。

 

ただ気になるのが、今回の大人のキッザニアは、16歳以上だけど入場チケットを持っていない大人は入場だけでもできるのか?ということです。

キッザニアの公式サイトには書いていなかったので分かりませんが、入場のみの料金設定がなかったので、多分見学だけでの入場は無理っぽいと僕は思います。

スポンサーリンク

 

大人のキッザニアの年齢制限はあるの?

先程書いたように、大人のキッザニアができる対象年齢は16歳以上です。

通常のキッザニアの対象である15歳以下(中学生)は、今回はお休みってことですね。

一つ注意点として、今回の大人のキッザニアには、15歳以下の子供は入場ができません。

つまり子供を連れて、パパやママの勇姿を見せることができないのです。

 

どうやら今回は、仕事帰りのサラリーマンを対象としているようで、このように12月13日の木曜日の午後の部(16時~21時)に開催するとか。

そうですよね、家族連れを対象とするならやっぱり週末に開催しますよね。

でも仕事帰りのサラリーマンに、更に仕事をさせるのか~(笑)

 

↑「ブラックザニア」とでも命名しますか?(笑)

 

もし子供がいる人は、家族の誰かに子供を観てもらうしかなさそうです。

ららぽーとに託児所はなかったと思うし、もしあってもこんな遅い時間までは営業していません。

 

大人のキッザニアの予約状況は?

別記事でも書きましたが、その後ついに大人のキッザニアの予約が一杯になったようです。

キッザニアの公式サイトに書いてありました。

やはり人気なんですね。

ちなみに当日券の発売はないとのことです。

 

これだけ人気なので、次回はぜひ東京のキッザニアでも開催して欲しいですよね。

みなさん、一体どんな職業を体験するつもりなんでしょう?

仕事帰りのサラリーマンだったら「社長」とか、取引先の「元請けの担当者」とかになって、日頃のうっぷんを・・・とかやるのでしょうか?

そんな「お仕事」ありませんが、どうせなら大人のキッザニア専用のお仕事もあると楽しいですね。

 

あとネーミングを「大人のキッザニア」ではなく、「夜のキッザニア」っていう名前はどうでしょう?

ほら、大人って感じがしませんか?(笑)

夜のお仕事を体験できる・・・??良い子はダメよ。

 

でもキッザニアって、そもそも「夜」ていう設定でしたね。

入場するとスタッフから「こんばんは!」って挨拶されますので。

 

↑これ、ネット上ではかなりの人気の職業(?)みたいです。

ドラマ「リーガルV」で、高橋英樹さんも「一度やってみたかった」と言って、歩道でやってたぐらいですから。

 

大人のキッザニアのWEB予約が一杯で取れない?他に入場チケットは買えないの?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。