糸島の人気観光スポットへの行き方は?電車や車でのアクセス方法って?

スポンサーリンク

どうも!

海がない県に住んでいる僕です。

 

突然ですが、糸島って行ったことありますか?

元AKB48の篠田麻里子さんの出身地でもあります。

 

今回は、この糸島の人気観光スポットや、その行き方について調べてみました。

篠田麻里子さんのファンなら、糸島がどんな所か一度は行ってみたいと思いませんか?

 

糸島の人気観光スポットはどこ?

まずは、糸島の人気観光スポットからです。

人気のある観光スポットを、僕が独断で2つ選んでみました。

 

・桜井二見ヶ浦(さくらい ふたみがうら)

・芥屋の大門(けやのおおと)

 

1つずつアクセス方法などを紹介していきますが、その前に糸島についてです。

糸島って「島」じゃないですよ?

僕は初め聞いた時、船やフェリーで渡るのかな?って思ってましたけど、思いっきり糸島は陸地にあります。

しかも九州最大の都市、福岡市のお隣です。

これにはちょっと驚き。

 

 

赤く囲ってある部分が糸島なんですが、結構デカイです。

福岡県の最西に位置し、福岡市や佐賀県に隣接しています。

 

北は海に面していて、糸島半島と呼ばれています。

南の内陸部は山間部になっていますので、糸島市だけで海も山も楽しめるってことですね。

なかなか自然に富んだ場所です。

 

人気スポットの桜井二見ヶ浦の行き方は?

糸島と言えばコレ、桜井二見ヶ浦。

ここの夫婦岩は特に有名で、観光名所になっています。

 

 

でも夫婦岩って言えば、確か三重県の伊勢市にもあったような・・・?

調べてみたところ、全国にこのような夫婦岩は50か所ぐらいありましたが、伊勢市の夫婦岩は朝日で有名。

そして糸島市の夫婦岩は、夕日で有名なんです。

 

 

この夕日は確かにキレイですね~。

人気観光スポットになるのも頷けます。

ちなみに2つの岩を結んでいるシメ縄は、重さが1トンもあるとか。

軽自動車1台分より、夫婦の絆は重たい(固い?)ってことですか。

 

で、肝心の桜井二見ヶ浦までの行き方なんですが、マイカーかレンタカーで行くことをオススメします。

車だと、例えば博多駅から約30kmの距離です。

高速(福岡都市高速環状線~福岡前原道路)を経由したり、渋滞なしの一般道ならおよそ1時間ぐらいで桜井二見ヶ浦に着きます。

 

でもせっかく糸島半島に行くのなら、内陸部を走る高速道路ではなく、海岸沿いを走る県道54号線っていうのも良いのではないでしょうか?

海岸線の景色を眺めながらのドライブって最高です^^

 

また駅からかなり遠いので、電車でのアクセスはちょっとオススメできません。

もちろん駅からバスも出ていますが、桜井二見ヶ浦近くにはバス停がないのです。

つまり最寄りのバス停で降りても、更に徒歩で30分ぐらい歩かなければなりません。

(昭和バス「井牟田」より徒歩30分)

 

健康のためにっていう人には丁度よい距離かもしれませんが、子供連れやお年寄りだとちょっと厳しいですよね・・・。

しかも桜井二見ヶ浦で時間をかけすぎると、他の観光スポットに行けなくなってしまいます。

ネットの口コミを見ても、マイカーやもしくはレンタカーで行く人が多いみたいですよ。

 

ちなみに駐車場も有料・無料とありますが、週末になると満車になっていることがあります。

かといってバスだと・・・悩みどころです。

桜井二見ヶ浦は、やっぱり人気なんですね~。

 

バイクのツーリングも多いです。

この海岸沿いの県道54号線は景色が良いし、ちょっと行けば山道もあり峠を攻められます。

車でのドライブも良いですが、バイクには「バイクの良さ」がありますからね。

僕も10代の頃は、原付きでよく走りに行ったな~(盗んだバイク♪・・じゃないよ 笑)

 

余談ですが、実は桜井二見ヶ浦の近くにバス停があります・・・ありました。

平成30年の7月1日~9月30日の土日祝限定で、桜井二見ヶ浦までバスが実証実験で走ってたんです。

 

これを書いているのが9月27日。

土日ってあと2日しかありません。

実証実験の結果次第では、今後正式に路線化されるかもしれませんね。

と言うか、して欲しいです。

スポンサーリンク

 

芥屋の大門も人気の観光スポット!

「ちゃやのおおもん」って読んだ人は、手を上げなさい(笑)。

はい、僕です。

正しくは「けやのおおと」です。明日のテストで出ますよ?

 

まずは、芥屋の大門の場所から。

 

 

右上に、先程の桜井二見ヶ浦の夫婦岩があります。

そう芥屋の大門は、糸島半島の同じく海岸沿いに位置するのです。

 

あいにく電車の駅からは遠いですが、芥屋の大門はバス停が近くにあるので大丈夫です^^

簡単にバスでの行き方を説明しますね。

 

そのバスは前原(まえばる)駅から出ています。JR筑肥線なので、福岡市内からでも来れますよ。

前原駅を降りたら北口を出て、昭和バスの芥屋線に乗って下さい。

主な主要バス停は・・・「前原 → 加布里 → 松原 → 芥屋」です。

尚、糸島市内のバスは、市の助成金のおかげでナント一律200円です!安っ!

 

バスに30分ほど揺られて(バス酔い?)下車。

そこから徒歩5分ほどで、糸島で人気の芥屋の大門に着きます。

 

芥屋の大門って早い話が岩でできた洞窟なんですが、遊覧船で近くまで行くことができます。

遊覧船は1時間に1~2本運行、大人なら700円です。

 

これは何か神秘的なスポットですね。

陸地からでは見えないので、ぜひ遊覧船に乗ってみてください。

 

またまた余談ですが、実は芥屋の大門へ行くバスは1時間に1本と少なめ。

やはり桜井二見ヶ浦と同様、マイカーかレンタカーで行くのが便利です。

車なら、桜井二見ヶ浦と芥屋の大門をセットで観光できますからね。

 

フォレストアドベンチャー糸島も人気スポット!

1つ目・2つ目と海でしたので、3つ目のオススメ観光スポットは「山」です。

初めにも書きましたが、糸島は海も山も楽しめる街。

糸島で山といえば・・・フォレストアドベンチャー糸島です。

 

 

写真の通り、森の中の木々を専用のハーネスを付けて移動して行きます。

アスレチックという感じではなく、空中を移動していくお猿さん?みたいですね。

 

そして驚くのはその高さ。

高いところでナント、15mぐらいの所を渡っていくのです。

15mって言ったら、5階ぐらいの高さですよ。

 

う~ん、脚立のテッペンにすら立てない僕には、いくら命綱があっても絶対に無理ですね。

東京スカイツリーの「透明な床」の上も歩けなかったし。

実は高所恐怖症と先端恐怖症なんですよ・・・。

あーシャーペンの先が怖い。

 

そして人気のフォレストアドベンチャー・糸島の場所の地図はコチラ↓

 

もう佐賀県の県境に近い山奥にあります。

フォレスト(森)っていうぐらいなので当然ですが。

 

ちなみに標高は約640m。

海にある桜井二見ヶ浦や芥屋の大門に比べると、結構な高さですね。

気温も3度ぐらい低くくて、空気も薄いのかな?(笑)

 

で、このフォレストアドベンチャー・糸島へのアクセス方法なんですが、まずバスはありません。

電車も地図を見てもらうと分かりますが、駅からかなり遠いため徒歩では到底ムリ。

やはりマイカーかレンタカーで行くしかなさそうです。

 

JR筑肥線の「筑前深江駅」より、だいたい車で30分ぐらいの距離です。

前原ICからは25分くらい。

 

但し!

フォレストアドベンチャー・糸島は、かなり場所が分かりづらく、また道によっては道幅がかなり狭い所もあります。

対向車とのすれ違いには、十分気をつけて下さいね。

 

そして大雨などの自然災害により、通行止めになることもあります。

お出かけ前には、ホームページで道路状況や迂回路を確認してから出発して下さい。

これを書いている現在も通行止めの道路があるようです。

こちらの公式サイトを確認して下さいね。

 

また夏休みなどのハイシーズン中は、道路もかなり渋滞して通り抜けるのに時間が掛かることもしばしば。

この様にアクセスからしてすでにアドベンチャーな、フォレストアドベンチャー・糸島なんです(笑)。

 

フォレストアドベンチャーにはいくつかのコースがあり、年齢や身長により利用条件が異なります。

でも大人からキッズまで幅広く楽しめますよ。

運動不足なお父さんは、筋肉痛確定ですが(笑)。

 

予約もできるので、一度公式ホームページをチェックして下さいね。

 

まとめ

今回、僕が選んだのは糸島市で人気の観光スポット3つです。

まだまだ糸島には、有名なオススメ名所がたくさんあります。

そう言えば、フォレストアドベンチャー・糸島の近くには白糸の滝もあるので、こちらもセットで行ってみて下さいね。

 

そしてそれぞれの観光スポットが駅から離れた場所にあり、またバスでも不便なのが難点。

マイカーで行ける人は車の方がいいですが、福岡市から電車っていう人は駅前でレンタカーを借りることも考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。