ワールドカップ2018のセネガルの実力は?エースや有名な注目選手は誰? 

今回は、第2試合目の対戦国「セネガル」について書きます。

早く読みたい人は、下の目次をクリックして飛んで下さいね。

前置きが長いですので^^

 

ワールドカップ2018、日本代表がコロンビアに勝ち初戦突破です!

やりましたね。

 

アジア勢がサッカーのワールドカップで、南米勢のチームに勝つのは初めてのことなのです。

これは、サッカーの歴史が変わったと言っても良いぐらい。

 

日本代表おめでとう!と言いたいところですが、まだまだワールドカップ2018の試合は続くので、これからの活躍に期待ですね。

 

そんな日本代表の次の対戦国のセネガル代表も、グループリーグで1番実力があると見られていたポーランド代表に勝利しました。

正直、この結果は予想外・・・。

すでに日本のグループHは、波乱な幕開けですね。

 

個人的には、アフリカサッカーのレベルがここまで来たかと驚きました。

ポーランドチーム全体も、大エースのレヴァンドフスキ選手も、ほぼ何もできていなかったのが印象に残った試合です。

 

セネガルの勝利に驚いている方も多いと思いますが、個人的にはワールドカップ開幕前からセネガル代表に注目していたのです。

予選の戦い方などからワールドカップ2018では、セネガルがベスト8に行ってダークホースになりそうだなぁと感じていました。

 

次の第2戦に勝てばグループリーグ突破が決まる日本代表ですが、それはセネガル代表も同じ条件です。

どちらも早々と決勝トーナメント進出を決めたいので、セネガル代表も死に物狂いで戦ってきます。

日本代表にとって、コロンビア戦より手強い試合になることは間違いないでしょう。

 

そこで今回は、セネガル代表のチームの実力や注目選手を紹介していきます。

 





スポンサーリンク


セネガルのチームの実力は?

サッカーにおいてアフリカ勢は、選手個人としての強さはあってもチームとしての攻撃、守備両面においてそれほど強くはないと言われてきました。

でも現代のサッカーでは、この認識は捨てなければなりません。

実際にセネガルは、今回のワールドカップのポーランド戦でそれを証明したのです。

 

まず守備ですが、ポーランドの大エースであるレヴァンドフスキ選手を、マークを受け渡しながらほぼ自由にプレーさせませんでした。

ペナルティーエリアはもちろん、ハーフライン辺りでもレヴァンドフスキ選手にかなりきつく当たっていたので、その戦術の徹底ぶりが伺えましたね。

ポーランドにとっては、とても戦いづらかったと思います。

 

守備では、もう1つ素晴らしかった面があります。

 

それはセネガルがポーランドにボールを持たれて、ポゼッション(※)されている時のことです。

※ボールを支配すること。

 

セネガルは焦らずにプレスをかけるところを決めて、それ以外は組織的にブロックを作って守っているのです。

ポーランド代表はそれに痺れを切らして、たまらずロングボールのパスなども出していたぐらいです。

でも、セネガルのセンターバックが身長190cmを超えているなど、空中戦も強いので跳ね返されてしまっていました。

 

身体能力のずば抜けたアフリカ勢の選手達がチームプレーをすると、こんなに強いのかと驚きました。

やっぱりサッカーはチームプレー、チームワークなんだなって再認識です。

 

次にセネガルの攻撃です。

 

主にカウンターで前線の選手のスピードを生かしたシンプルな戦術ですが、これが1番効果的だったと思います。

逆にポーランドに引かれた時は、強引にドリブルなどから突破しますが、それ以外の戦術はあまりないように感じます。

 

この辺りをうまく攻略すれば、日本代表にも勝つチャンスは十分あると思いますよ^^

 

ここまでを簡単にまとめると・・

セネガル代表の実力は、チームの組織力がすごい!

今までのアフリカ勢のイメージで戦っていては、日本は簡単に敗退してしまうでしょう。

 

もともとアフリカ勢は、その恵まれた身体能力から手足が長い選手が多いため、足が速く持久力も高い選手が目立ちます。

ジャンプ力もありますからね。

これって相手チームにとっては、マークしているだけでも精神的にも体力的にも相当キツイです。

また最近は、テクニック(技術)も備えている選手も増えてきました。

 

・・・どうでしょう?

これでチームプレーされたら、日本にとっては驚異そのものですよね?

後半、日本がバテたりしないかちょっと心配です。

 

 

次は、ポーランド代表戦で活躍した注目選手を紹介していきます。

日本戦では、そんなに頑張らなくても・・・。

スポンサーリンク

 

セネガル代表のエースや有名な注目選手は?

セネガルで有名な注目すべき選手は2人。

 

名門リヴァプールに所属するスピードスターマネ選手。

そして、名門ナポリに所属する「巧さ、高さ、強さ、速さ」を揃えたDFクリバリ選手。

 

この2人はもちろん、ポーランド戦で活躍していましたね。

日本にとって要注意の選手ですので、名前と顔を覚えて下さい^^

 

FW サディオ・マネ

 

要注目・・・というか、要注意な選手マネ。

言わずとしれたセネガルのエースです。

そんなマネの凄さを簡単に説明します。

 

何と言ってもマネの凄さは、ドリブルがズバ抜けて上手いことです。

 

スピードが有りながら緩急をつけたドリブルで、今まで数々のDFたちを振り切ってきました。

足が早いだけでなく足元の技術もあるので、短距離・長距離を問わずこのドリブルは相手にとっては驚異でしょう。

日本はいかにマネにボールを回させないかが、一つのポイントになると思います。

 

DF カリドゥ・クリバリ

↑手、長いですよね?

 

そしてもうひとり注目選手、DFのクリバリ。

もう見た目から身長が195cmと、バレーボール選手なみです。

 

こんなクリバリのプレースタイルはと言うと・・・

 

メンタルがとにかく強く、1対1では負けません。

195cmの身長と、そのタフな精神で相手を圧倒します。

相手のFWの攻撃を、ことごとく弾き返しますね。

高身長を活かし空中戦も強いので、セットプレーでも活躍。

 

またクリバリは、スピードも兼ね備えています。

普通、190cmを超える選手は足がそれほど速くない傾向にありますが、クリバリは別。

 

相手に自分の裏を取られそうになっても、このスピードでカバーしてしまうのです。

クリバリは、守備範囲がとても広い選手なんですよ。

このクリバリの壁を突破しないと、セネガルゴールは見えてきません。

 

攻撃のエースのマネと、守備のエースのクリバリ。

日本はどう対処するのか注目です。

スポンサーリンク

 

MF ゲイェ

では次に、その他の選手に注目して見ましょう。

それほど有名でなくても、セネガルには実力のある選手が揃っているのです。

 

まずは中盤の要、MF5番ゲイェ選手

 

このゲイエ選手は、本当にセネガル代表の中心選手と言っても過言ではありません。

守備では相手の攻撃の芽を察知して潰しに行き、攻撃では気の利いたポジションに位置取り、味方選手をサポートします。

また、ポーランド代表戦ではタイミングよく攻撃に絡み、ミドルシュートを放ち先制点となる相手のオウンゴールを誘いました。

 

例えるなら、フランス代表のカンテ選手のような選手です。

このゲイエ選手が、クリバリ選手と共にセネガル代表の組織的な守備を支えています。

 

FW ニアン

長身でスピードもある、FW19番ニアン選手。

 

このニアン選手は、あの有名なACミランなどにも所属していたり、年代別のフランス代表にも選出されていた実力のある選手です。

 

184cmの長身を生かしたキープ、ポストプレー。

長身ながらも、確かな足元の技術。

スピードを生かした相手の裏へのドリブル。

 

・・・聞くだけで凄さが伝わってきます。

ポーランド戦の追加点もこのニアン選手が得点しましたから、日本代表は注意が必要です。

 

セネガル戦で日本代表が勝つには?

相手が10人と言うこともありますが、日本はボールを支配してコロンビア代表に勝利しました。

しかしセネガル戦では、カウンターがカギになってくると思います。

 

先ほども少し書きましたが、セネガル代表は相手に引かれてからの攻撃にレパートリーがありません。

なので、セネガルにある程度ボールを持たれたら、日本はその取りどころを決めます。

そしてカウンター攻撃がうまくできれば、組織力が高いセネガルのゴールを奪うことができるのではと。

 

なぜならセネガルは、予想していないことが起きた時の対応力は、そこまで高くないと思いますからね。

カウンターや相手のミスをつくことができれば、日本代表が勝つチャンスは十分にありますよ!

 

まとめ

 

・セネガル代表は守備のチーム力が「半端ない」笑

・アフリカ勢特有の身体能力を活かした攻撃や守備は驚異。

・セネガル代表の注目選手は、“中盤の要”ゲイェ選手。

・“長身でスピードもある”ニアン選手。

・エースのマネ選手のドリブルは要注意。

・鉄壁の守備、クリバリ選手をどう対処するか?

・日本代表のカウンター攻撃に期待。

 

以上が今回のまとめになります。

 

両チームが勝って迎える第2戦。

勝ったチームは、グループリーグ突破が決まり決勝リーグへ。

 

日本 vs セネガル戦では、今回紹介したことにぜひ注目してみて下さい^^

きっとサッカーの試合に対する見方が変わると思いますよ。

 

日本代表の勝利、期待しましょう。

セネガルは地図上でどこの場所にある国?サッカーの競技人口や国交は?

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。