ワールドカップ2018の下馬評は?ダークホースや伏兵国の波乱はある?

ワールドカップ2018ロシア大会の開幕まで、本当に残すところわずかとなりましたね。

 

そこで今回は、皆さんも気になる優勝国や、下馬評の高い国、大会を盛り上げてくれるダークホースとなり得る伏兵国を独自の視点から予想していきます。

きっとワールドカップ2018が終わる頃には、この予想当たってたなーとなるはずなので、皆さん最後までお付き合いください^^

 





スポンサーリンク


ワールドカップロシア大会の下馬評は?

それでは下馬評が高く、個人的にも注目している国を根拠と共に紹介していきます。

もちろん日本国民が注目する、日本代表についても書いていきますね。

 

ちなみに下馬評とは、第三者があーだこーだと評価すること^^

世間の評判ってことです。

 

ワールドカップ2018での日本の下馬評は?

まずは、我らの日本代表でしょう。

そんな僕の予想ですが、ちょっと言いづらいです・・・

 

正直、日本代表のグループリーグ突破の可能性は低いと思います。

もちろん期待はしてますし、突破はして欲しいです。

でも冷静に実力などを分析すると、グループリーグ突破は難しいのかな・・・と思ってしまうのです。

 

その理由ですが、ワールドカップ2018前の直近の親善試合2試合でも、攻撃や守備での狙いわかりません。

攻撃では、サイドから攻撃するのか?パスで崩すのか?など、どう攻めたいかが観ていて伝わってこないのです。

守備でも、どこでボールを奪うか?プレスをかけるのか?引いて守るのか?など、曖昧なプレーが多いです。

 

そして残り時間が僅かになると、複数失点したり無得点だったりと良くないゲーム展開でした。

それがどちらの試合にも当てはまってしまっているので、現段階では相当厳しいのではないかと・・・。

 

しかし、サッカーのワールドカップは、何があるか分からない大会なのも事実。

こんな下馬評を覆し、ぜひ波乱を起こして欲しいですね。

 

 

ワールドカップ2018のスペインの下馬評は?

やはり下馬評が高い優勝候補の筆頭言えば、無敵艦隊スペイン代表です。

 

スペインは、全てのポジションが世界レベルでプレーする選手達ばかり。

8年前のワールドカップを制したティキ・タカと呼ばれるサッカーのプレースタイルに、若手のイスコらが上手く順応してその攻撃力は鋭さを増しています。

 

また、守備も勝ち方を知っているセルヒオ・ラモス、バルセロナのピケ、世界最高のGKデ・ヘアも健在なので優勝候補の筆頭なのは間違えありません。

そして何と言っても、約2年間負けていません。

これは強いですよね。

 

ワールドカップ2018のフランスの下馬評は?

下馬評がスペインと並んで高い国と言えば、フランスです。

 

GKのロリス

DFのヴァラン

ユムティティ

MFのポグバ

カンテ

バカヨコ

マテュイディ

FWのグリーズマン

ムバッペ

デンベレ

 

・・・本当に挙げだしたらキリが無いほど、スター選手がたくさんいます。

 

そんな有力な選手達を、自身も選手時代に優勝を経験しているデシャン監督が率います。

チームが上手くかみ合って1つになった時の実力は、ワールドカップ2018に出場する代表国の中でナンバー1。

 

このフランスも、言わずと知れた優勝候補の1つです。

 

ワールドカップ2018のアルゼンチンの下馬評は?

ワールドカップ2018の南米予選をギリギリで突破したアルゼンチン。

サッカーがとても盛んな国ではありますが、ロシア大会での下馬評はあまり高くありません。

 

しかしこの国には、世界一のサッカー選手メッシがいます。

 

メッシを中心にその他の注目選手は、

ディバラ

アグエロ

ディ・マリア

イグアイン

 

これらの豪華な攻撃陣が爆発できれば、あっさり優勝してもおかしくはありません。

アルゼンチンは、低い下馬評をひっくり返して波乱を起こす可能性がある国ですね。

 

なんと言っても、メッシが全盛期で迎える最後のワールドカップなので、個人的にはここに注目しています。

ぜひ優勝して欲しい!

 

ワールドカップ2018のブラジルの下馬評は?

そしてこの国、ブラジルを忘れてはいけません。

 

ネイマール

コウチーニョ

ジェズス

 

など有力選手揃いの国です。

 

ブラジルは、どうしても攻撃陣が注目されがちですが、GKにアリソン、エデルソンといった世界レベルのゴールキーパーが。

DFには、チアゴ・シウヴァ、マルキーニョス、マルセロなど、世界レベルの有力選手が多くいるので守備も安定しています。

 

攻守のバランスが良く安定していることもあり、ブラジルもここ1年負けていません。

優勝候補の1つです。

 

皆さん、それぞれワールドカップ2018の優勝国を予想していると思います。

でも今挙げたこの4カ国は、特に注目してみて下さいね。

ワールドカップ2018では、中心になる国々であることには間違えありません。

スポンサーリンク

 

ワールドカップ2018のダークホースや伏兵国は?

下馬評が高い国、優勝候補と呼ばれる国を紹介しました。

 

次は、波乱を呼ぶダークホースや伏兵国を紹介します。

2018年は、意外なダークホース国はあるのでしょうか?

 

それでは、見ていきます。

 

ダークホースのセネガル

日本と同じ組なので、ホンエはあまり活躍して欲しくは無いのです。

しかしセネガルは、かなりチームの潜在能力が高い国ですね。

 

アフリカ勢特有の雑さはありますが、クリバリーを中心とした守備。

マネ、ケイタ・バルデを中心とした攻撃がかみ合えば、ベスト8には間違いなく進出してくるチームです。

それぐらい実力のある選手が揃っています。

 

セネガルの初戦は、強豪のコロンビア。

コロンビアに勝てばセネガルは勢いづくはずです。

だから僕は、セネガルが初戦に勝ったらワールドカップ2018の最高のダークホースになると思いますよ。

 

 

ナイジェリアもダークホース

セネガルに続いて、アフリカ勢のナイジェリアをダークホース候補に挙げます。

 

ユニフォームやジャージなど、外観が注目されているナイジェリアですが、もちろん実力も兼ね備えています。

 

ナイジェリアはワールドカップ2018のアフリカ予選で、カメルーンやアルジェリアと言ったアフリカの強豪を打ち破ってきました。

ここぞ!という大一番での勝負強さがある国ですね。

 

アーセナルで活躍するイウォビなど、勢いに乗ると怖い有力選手が何人もいます。

ナイジェリアが初戦のクロアチア戦で勝点を奪えれば、アルゼンチン、アイスランドと実力が拮抗しているグループなので、十分に波乱が起こる可能性はありますよ。

 

伏兵国のアイスランド

上で紹介した、ナイジェリアと同組のアイスランド。

人口33万人と小さな国で、2018年のワールドカップが初出場となります。

アイスランドは、サッカーに対する様々な取り組みが結果になり、急成長をしている国なんですね。

 

実際に2年前のEUROでは、イングランドを破ってベスト8になっているのでチームの実力も折り紙つきです。

スター選手はいませんが、選手・ファン・国全体が1つになって戦うことが出来れば、この”死のグループ”を突破できるでしょう。

 

初出場でも侮れませんね。

スポンサーリンク

 

オーストラリアも伏兵国

アジアからの伏兵国は日本。

・・・と言いたいところですが、オーストラリアを伏兵国と予想します。

 

今回オーストラリアは、プレーオフを経てワールドカップ2018に出場を決めました。

そんなギリギリの出場を決めたオーストラリアですが、昨年行われたコンフェデレーションズカップで、2018の開催国であるロシアの地を経験しています。

ワールドカップ2018においてこの経験は、とてもプラスになるはずです。

 

そしてチーム全体を見ても、身体的には世界のトップクラスと比べても遜色はありません。

名将ファンマルヴァイクが、得意のパスサッカーを今大会までに仕上げてくることができれば、波乱を起こせること間違いないでしょう。

 

そんなオーストラリア初戦は、優勝候補のフランス。

オーストラリアは元々守備は固いので、1-0でオーストラリアがフランスに勝つ、と言った大波乱も起こるかも知れません。

 

ワールドカップ2018は、ダークホースになり得る伏兵国が多いので、参加国のすべてを要チェックです。

 

ワールドカップロシア2018では波乱はある?

毎大会、波乱があるサッカーのワールドカップ。

今大会でも波乱はあるでしょうか?

 

波乱が起こるとすれば、やはりそれぞれの初戦が注目ポイントになります。

強豪国でもダークホース国でも、初戦はどのチームにとっても難しい戦いになります。

 

強豪国は、初戦の試合に敗れたら敗退の可能性が高まりますし、伏兵国でも勝つことができれば一気に波に乗って勝ち上がることも可能です。

このオリンピックより人気と言われるサッカーのワールドカップでは、想像もできないぐらいの緊張やプレッシャーなんでしょうね。

 

そんなグループリーグ第1節は、強豪国どうしや、強豪国 vs 伏兵国の対戦も多いのでかなり注目です。

大波乱を起こすキッカケとなるのは、間違いなく初戦。

2018のワールドカップでは、それぞれの初戦に注目してみて下さい。

 

まとめ

・ワールドカップ2018で、下馬評が高く個人的な優勝候補は

 スペイン、フランス、アルゼンチン、ブラジル。

 

・下馬評を覆してのダークホース候補は、

 セネガル、ナイジェリア、アイスランド、オーストラリア。

 

・波乱は必ず起きます。そのポイントは初戦。

 

以上が今回のまとめになります。

どの国が優勝トロフィーを手にするのでしょうか?

ダークホースや伏兵国の勝敗の行方も気になります。

 

4年に1度のスポーツの祭典、サッカーワールドカップ。

ファンのみんなで、この世紀の祭典を楽しみましょう。

ワールドカップ2018のセネガルの実力は?エースや有名な注目選手は誰?

セネガルは地図上でどこの場所にある国?サッカーの競技人口や国交は?

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。