庄川峡花火大会2018の穴場スポットの場所は?駐車場や周辺は混雑はするの?

もうすぐ6月、梅雨の季節ですね~。

ジメジメ&蒸し蒸しな時期がやってきます。

 

ところで皆さん、夏といえば花火大会ですよね。

そして、花火大会の時期といえば7~8月頃。

まだ先だろうと思っていませんか?

いえいえ、6月の第1週目には開催される花火大会があるんです。

 

それが富山県砺波市で行われる、庄川観光祭の庄川峡(しょうがわきょう)花火大会です。

 

今年2018年は、6月2日(土)午後8時から花火大会が開催することが決定しています。

富山県内では、その年で一番早く開催される花火大会なんですよ。

 

花火大会が待ちきれない!一足先に夏を感じたい!という方、

庄川峡花火で、あまり人が混雑していない穴場のスポットはあるの?駐車場や周辺の混雑は大丈夫?

 

気になりますよね。

私の過去の経験から、庄川峡花火大会の穴場スポットや駐車場や周辺の混雑具合についてご紹介をします。

 





スポンサーリンク


庄川峡花火の穴場スポットは?

ずばり、花火を見るための穴場スポットは、砺波市立庄川中学校のグラウンドです。

場所などの詳細は後述しますね。

 

駐車場や周辺の混雑状況は?

そして駐車場や周辺の混雑具合ですが、祭会場のメインとなる庄川地区の街中は、見物客も多く駐車場もすぐ埋まり混雑します。

 

毎年、臨時駐車場がいくつか用意されていますが、実は砺波市立庄川中学校グラウンドも臨時駐車場のひとつです。

私は3年程前から毎年、庄川峡花火大会に行っていますが、ここは例年そんなに混雑していないんですよ。

なので、駐車をする場合も砺波市立庄川中学校をオススメします。

 

ここだけのヒミツですよ。

みんなが行ったら、混雑して穴場スポットではなくなってしまうので(笑)。

スポンサーリンク

 

庄川峡花火大会はどんな花火大会?

今年2018年は、以下のとおり開催が既に発表されています。

 

開催日時:6月2日(土)午後8時~

開催場所:庄川合口ダム~舟戸橋付近

 

これを書いているのが5月28日なので、もう今週末ですね。

天気予報では雨は大丈夫そう^^

 

打ち上げ数は約1500発。

尺玉やニコちゃんマークなどの仕掛け花火が楽しませてくれます。

 

庄川峡花火大会が行われる庄川観光祭って?

庄川峡花火大会は、毎年6月の第1土曜日と日曜日に開催される庄川観光祭のイベントの一つです。

 

庄川観光祭、今年は6月2日(土)、3日(日)に開催されます。

場所:庄川生涯学習センターなど庄川地区一円

 

 

庄川峡花火大会は、庄川観光祭のイベントのひとつ。

花火大会はこの祭の見どころでもあるのですが、祭のオススメはそれだけではありません。

それが、夜高行燈(よたかあんどん)です。

 

日没後、大中小さまざまな大きさの行燈が美しく灯りながら、町内を練り歩きます。

そして、大サイズの行燈同士がぶつかり合う「合わせ」というイベントも行われます。

 

建物などの余計な灯りがないので、行燈が暗闇に映えてとってもきれい。

優しい灯を見ていると、日本の和をすごく感じることができます。

そして、「合わせ」はドーン!!ドーン!!とかなりの大迫力で見物客は大興奮です。

 

毎年、この花火大会と夜高行燈を見るために、地元民だけでなく県外からも多くの人が訪れています。

 

庄川峡花火大会の穴場スポットの場所は?

初めにも書きましたが、私がオススメする花火を観る穴場スポットは・・・

砺波市立庄川中学校のグラウンドです。

 

住所:富山県砺波市庄川町青島3938

 

ここは例年、臨時駐車場になっているので、おそらく今年も開放されるのではないでしょうか。

 

では、なぜここが穴場なのかというと、まさに「人が少ないから」です。

でも、臨時駐車場なんだから人もいっぱいなんじゃないの?

そう思いますよね。

 

確かに、車はいっぱいあります。

ただ花火が上がるのが、庄川合口ダム~舟戸橋付近なので、みんな車を停めたら庄川沿いの土手まで歩いて行ってしまうんです。

そこには屋台も出ていますから、大勢の人が場所取りをして花火を見ています。

 

つまり臨時駐車場だから、みんな車を停めるだけで人がいないんです。

しかも庄川中学校のグラウンドから花火の打ち上げ会場まで、約3~400m程しか離れていません。

そう、めちゃくちゃ近いんです。

 

目隠しになる高い建物もありませんから、花火を充分楽しむことができます。

私は、このグラウンドから初めて花火を見た時、想像以上に花火が近かったのでかなり驚きました。

花火の爆発音が全身に響くような感じです。風圧?を感じるというか。

スポンサーリンク

 

ただし、車はたくさん停まっているので、駐車する車の邪魔にならないよう端の方で見ることにはなります。

それでも、人混みの中に立つよりは全然マシだと思いますよ。

小さいお子さん連れや人混みが苦手という方には、かなりオススメの場所です。

 

それに庄川中学校のグラウンドからは、夜高行燈コンクールなどが行われている会場へも徒歩10分程で行けちゃいます。

他のイベント会場までのアクセスもしやすい場所なんですよ。

 

庄川中学校は、庄川観光祭の臨時駐車場として情報の公開はとくにされていません。

地元の人、毎年行っている人が知っている穴場なんです。

だからヒミツにしておいて下さいね(笑)

 

祭り会場の駐車場や周辺は混雑はするの?

夜高行燈が行われている会場付近の駐車場や道路はもちろん混雑します。

祭り当日の午後からは、車両進入禁止エリアも増え始めます。

 

ただし、会場から少し離れている規制エリア外の道路や駐車場はそこまで混雑していないんです。

庄川中学校付近も、例年、渋滞で車が動かない!ということはほぼありません。

主要道路に出るまでは信号が少ないですし、みんな同じ方向に進むので車がスムーズに流れるのだと思います。

 

せっかく、花火大会を楽しんだのに渋滞にはまって、気分台無し!っていうことありますよね。

庄川峡花火大会はそのストレスがないので、帰っている間も花火の余韻に浸ることができますよ。

 

一足先に夏を感じたい人、夜高行燈も一緒に楽しむことのできる庄川峡花火大会にぜひ行ってみて下さい。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。