タモリカップのお土産グッズのオススメは?周辺の観光名所はどこ?

タモリカップ2018年については、他の記事でも色々書いています。

なので今回は、その中でもタモリカップのお土産や周辺の観光名所について書いてみます。

 

初めにとても重要なことをお知らせしておきます。

タモリカップでは、お土産などの売店はバーベキュー会場内のみにあります。

バーベキュー会場へは、事前に申し込んだチケットがないと入れませんのでご注意下さい。

 

旅行やイベントを楽しんだ後って、やはりお土産が欲しくなりますよね?

自分への記念品として、またご近所さんや職場の人たちへ。

 

私はイベントに出向いた時には、思い出として必ず何か買うようにしています。

それでは、タモリカップにも売店などお土産屋さんはあるのでしょうか。

 

安心して下さい。

もちろんタモリカップにも、オフィシャルグッズが色々あります。

代表的なもので言えば、Tシャツや帽子、トートバック、マグカップなどです。

 

去年買ったから今年はいらないって?

いえいえ、グッズのデザインは毎年ごとに変わりますので、つい行くたびに欲しくなっちゃうのです。

もちろんタモリカップのロゴや、タモリさんの似顔絵が入ったグッズもありますよ。

しかもどれもが可愛いし、お土産としてもらっても喜ばれるデザインです。

これは記念品になりますよ。

 





スポンサーリンク


タモリカップのオススメのお土産グッズは?

個人的にはTシャツがおススメです。

これは大バーベキューパーティーに申し込む時に、一緒に購入希望を申し込めるので手に入れやすいです!

既にデザインもオフィシャルサイトで公開されています。気になる人は見てみてください。

※公式サイトによると、Tシャツは事前申し込みのみで当日の販売はないみたいです。

 

また、帽子も大バーベキューパーティー参加者には無料配布されます!(今年はどうなのでしょうか?)

ただし、大人だけです。

 

パーティー当日は、帽子をかぶって持参したサングラスもつけちゃえば、気分はもうタモリさんです。

結構そういう人いましたよ(笑)。

サングラスをお持ちの方は、どうぞお忘れなく^^

海だしバーベキューだし、大人もはしゃいじゃっても”いいとも~”!?

みんなでタモさんになろう!

 

さて、先程も書きましたが、会場では他にもマグカップやタオル、キーホルダー、トートバッグなども販売されています。

これらもタモリカップオフィシャルグッズで、しかもここでしか手に入らないものばかりです。

そして意外とすぐに売り切れになるので、欲しい場合はお早めに土産屋さんに行くことをオススメします!

 

ちなみに、オフィシャルグッズには毎年イグアナのイラストが描かれています。

 

なぜ、イグアナ…と思いませんか?

 

タモリさん=サングラスのイメージが強いので、デザインはサングラスではないのか!とも思っていました。

実は、イグアナのモノマネがタモリさんの代表芸であるというようなところから、イグアナがデザインされているという説も。

イグアナのモノマネが有名だとは、私は知りませんでした。

 

さて、タモリカップも見てお土産も買ったら、せっかくなので周辺の観光をしていってください。

富山県には、ヨットレース大会の会場周辺にもオススメの観光名所がありますよ。

 

タモリカップ2018の周辺の観光名所はどこ?

ずばり、ここです。

 

・道の駅 カモンパーク新湊(しんみなと)

・新湊漁港 昼セリの見学

 

お時間がある方は、是非この2つに寄ってみて下さい。

2つともタモリカップの会場から、車で5~10分ほどの距離なのでアクセスもしやすいです。

 

道の駅 カモンパーク新湊

富山県射水市(いみずし)鏡宮296 カモンパーク新湊

 

道の駅カモンパーク新湊は、富山県内でも有名な道の駅です。

特産品や富山名産で作ったフードがたくさんあります。

特にここで販売している、富山のB級グルメ白エビバーガーが絶品なんです。

テレビでも何回も紹介されている程です。

 

食べた感想はというと、バンズに挟まった白エビのかき揚げがサックとして美味しい!

タルタルソースとの相性もばっちりで、思わずリピートしたくなります。

1個420円(税込)です。

スポンサーリンク

 

新湊漁港 昼セリの見学

富山県射水市八幡町1丁目1100番地

TEL 0766-84-1233

 

セリと言うと早朝のイメージがありませんか?

新湊漁港では全国でも珍しく、午後1時からセリが行われています。

水揚げされた大量の魚介が一斉に並んでいるので、それはそれは大迫力ですよ。

セリ人や買い手の真剣なやり取りもかなりの見物。

新鮮な魚を見ていると、昼食には間違いなく海鮮丼やお刺身を食べたくなってしまいますね^^

 

ただ、見学には事前の予約が必要なので、注意してください。

また、日曜日と水曜日は定休日なので、タモリカップが開催される7月15日は残念ながらお休みです。

例えば前日の土曜日から宿泊で富山に来たという方は、ぜひ昼セリの見学に行ってみてはいかがでしょうか?

 

タモリカップだけでも十分楽しいですが、せっかく富山に来たのなら他の観光名所にも行って、どうぞ楽しい週末にしてくださいね^^

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。