高速道路でのスピード違反の罰金の最高金額はいくらなの?

どうも!三菱GTOな僕です。(昔、乗ってました)

 

褒めちゃイカンですが、すごいニュースがありましたね。

中央自動車道で、時速235km/hも出してオービスに写ったというヤツ。

もちろん制限速度は100km/hなので、法定速度2倍超の猛スピードです。

 

さて気になるのが、この運転手の罰則。

1発免停は当然だと思いますが、罰金はいくらぐらいなんでしょうか?もちろん最高金額の処分になると思います。

こんなにスピード超過したので、飲酒運転みたいに罰金50万?100万??

 

答えは、最高10万円です。

え?少なくない?

 





スポンサーリンク


スピード違反

ネズミ取り、捕まったことありますか?僕は若き頃にあります。

冒頭の三菱GTOで、信号が青になったのでフル加速したら捕まりました。もちろんツインターボですよ。

14km/hオーバーだったんですが、本当は40km/h以上は超えてましたね。(もう20年前の話なので時効です)

直前でレーダーに気がついて、急ブレーキ踏んだのが良かった?です。

罰金や減点は忘れましたけど、大した金額ではなかったと覚えています。俗に言う青切符ですね。

 

罰金の最高金額

さて、今回の235km/hの狂気なドライバー、罰金はいくらなんでしょうか?

道路交通法を調べてみました。

 

一般道と高速道路では規定が違います。かなり簡単に書きますね。

 

一般道だと29km/hオーバーで、違反点数3の反則金18,000円。

高速道路だと39km/hオーバーで、違反点数3の反則金35,000円です。

ここまでが先程の僕と同じ「青切符」と言われる範囲です。ちなみに罰金ではなく「反則金」です。

 

そしてこれ以上のスピード超過は、「ASK」とか「要相談」になります(笑)。

つまり簡易裁判所で決定されるってことです。もう犯罪者扱いですね。しかも俗に言う「赤キップ」で一発免停確定です。

罪名も反則金から「罰金」へ。さて最高金額はいくらなんでしょう?????

スポンサーリンク

 

・・・と言っても、青天井に罰金が課されるわけではないので、法律で最高金額が決められています。

それは10万円までです。

 

意外と少ないですね。もっとガッツリ持って行かれると思ってました。

こう考えると、飲酒運転(酒酔い)の罰金が100万円というのは高額なんですね。

 

実際の簡易裁判では、7~8万円ぐらいの判決が相場らしいです。

でも今回の135km/hオーバーは、過去最悪のスピード超過。日本新です。

しかもこの運転手、中指を立ててオービスに写ってたみたいですね。アホですな。

警察官や裁判官も人の子。ケンカ売られれば感情的にもなるでしょう。

はい、10万円確定です。

いっそのこと、東京マラソンで日本新記録だして1億円もらった設楽悠太選手に習い、罰金1億円っていうのはどうでしょ?

罰金や税金の類は、自己破産しても消えませんので人生オワタです。

 

まとめ

という訳で、スピード違反の罰金の最高金額は10万円です。

簡易裁判所で決定されますが、今回のアホな運転手は10万円間違えないでしょう。+免停は確定です。

これは一般道でも高速道路でも同じです。

 

尚、青切符までは反則金で「行政罰」。

赤キップは罰金で「刑事罰」です。

 

そんなにスピード出したいのなら、ドイツなどのアウトバーン(速度無制限)でどうぞ。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。