マススタートの意味が分からない?ルールも不明でつまらないって?

どうも!競馬好きな僕です。

平昌オリンピックで、高木菜那選手がマススタートで金メダルと獲りました!おめでとうございます!

 

僕は中継で観ていたのですが、よく意味と言うかルールが「???」で分かりませんでした。

ルールすら分からないと面白さも半減しますよね・・・。

なので今回は、そのマススタートについて調べてみました。

 

マスって集団って言う意味なんですね。

 





スポンサーリンク


マススタート

この種目、今回の平昌オリンピックからの新種目だったんですね。女子スピードスケートのマススタート。

一部では、マススケートって言われてましたけど間違えです。でもそれぐらい認知されていないってことですよね。

 

マスの意味

マスって鱒?鱒寿司。

グーグル先生に聞いたら「mass」。塊になる、集結する、集合する、という意味みたいです。

う~ん、馴染みがない英単語ですね。

ちなみにパシュートも意味不でした。パラシュート??ボッシュート??って(笑)。

パシュートは「追跡」という意味があります。

 

つまりマススタートというのは、集団で固まってスタートするっていう意味ですね。

観戦していた人は分かると思いますが、マススタートは横一直線にきれいに並んでスタートはしません。マラソンの様に団子状態からスタートします。

あれって、後ろの方の人は大分不利ですよね?

 

ルール

マスの意味は解決しました。次にルールです。

カーリングのルールも意味不な僕でしたが、マススタートも益々イミフ・・・。

 

簡単にルールの説明をします。

 

1周400mを16周走ります。合計6400mなので結構な長さです。

そしてスタートして1週目は加速禁止です。

恐らくこれはスタート直後でポジション争いが起こると、転倒者が続出するからではないでしょうか?

マススタートでは最大24人まで同時プレイ(出走)可能ですから、スタート直後はどうしてもゴチャつきます。

そう言えば、F1のスタートもよくぶつからないな~って思いますけど。

 

ポイント制

で、このマススタートは、タイムアタックではなくポイント制です。ポイントを多く獲得した選手の勝ち、言わばマリカー方式です。

そのポイントですが、ゴール時とそれまでの4周ごとの通過順位で加算されます。

4週ごと・・・つまり4・8・12周ですね。

 

この周の通過順位が

1位・・・5ポイント

2位・・・3ポイント

3位・・・1ポイント

が与えられます。

 

そしてゴール時には

1位・・・60ポイント

2位・・・40ポイント

3位・・・20ポイント

が与えられ、合計ポイントが多い順に順位が決定するのです。

スポンサーリンク

 

この付与ポイントですが、ちょっと見れば気づくと思います。

途中通過をすべて1位通過すると15ポイント。

しかし15ポイントでは、1位・2位・3位のそれぞれどの順位も逆転することはできません。

つまり1位~3位までのメダルは、ゴールした順番に決まるのです。

あくまで通過ポイントは、4位以下の順位を決定するためにあるのです。ちなみに0ポイントの選手同士では、先にゴールした順に順位が決まります。

 

なんかアレですね、クイズ番組で1問正解すると10ポイントだけど、最終問題だけ100ポイントの番組を思い出しました。

結局、最後に勝った者が優勝。

 

戦略

マススタートに限らずですが、スケートは空気抵抗との戦いと言われています。確かに選手のユニフォーム(スーツ?)を見ると、それもうなずけますよね。

皆さんテレビで散々言われているのでご存知かと思いますが、先頭を走るとモロに空気抵抗を受けます。つまり体力を消耗するんですね。

なので、前を走る選手の後ろにくっつけば「風よけ」になり体力温存になるのです。

 

僕はスケートをやらないので、そんなに違うものなのかと半信半疑でした。

でもよくよく考えてみたら、地面は氷で摩擦はほぼゼロ。

つまり加速するのも大変ですが、一度加速してしまえばあとはずっと滑り続けます。

しかしブレーキになるのが空気抵抗。

スピードスケートでは、最高時速60km/hぐらいで滑っています。

スピードスケートは時速何キロで滑るの?走る速さはどれぐらい?

 

60キロって結構なスピードですよね。原付きでフルスロットルな速さです。(制限速度は30キロですよ?)

また競馬のサラブレッドも60キロぐらいで走っているし、車で走行中に窓を開けると結構な走行風が入ってきます。

こう考えると、空気抵抗ってバカにできないんだなって分かりました。

 

つまり先頭をずっと走ると、空気抵抗をモロに受けて早く力尽きてしまいます。

かといって後方から追い抜いて行くだけでは、どうしても不利な面もあります。

外から追い越していけば走る距離が長くなるし、転倒に巻き込まれる可能性だってあります。実際、佐藤綾乃選手が準決勝で転倒に巻き込まれて敗退しています。

また目算を誤ると、ラストスパートしても先頭に逃げ切られて届かないことにもなります。

 

つまりマススタートは、頭脳戦な競技なんですね。スピードや体力だけでは勝てないのです。

こうして意味不明だったルールが分かると、観ていても面白いですよね。

 

最後に・・・

テレビ中継を観た僕の率直な感想は・・・「サイレンススズカが逃げてる!」

いやツインターボやダイワスカーレットでもいいんですけど。

 

スタートからしばらくは、どこかの国の選手が「単騎大逃げ」打ってましたが、やはりあれでは空気抵抗で後半バテてしまうんですね。

あのまま逃げ切るんじゃないのか?後ろの選手たちは、のんびりしていて大丈夫なのか?って、一人で心配してましたけど。

 

高木菜那選手の「道中は先頭集団の中で体力を温存しつつ、最終コーナーでインから差して金メダル」というのは、よく考えられた作戦だな~って思いました。

もう今日から、マススタート界の「ミルコ・デムーロ」って勝手に呼ばせて頂きます(笑)

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。