ボディーカラーについて考える!個性で選ぶかそれとも実用性か?

私が初めて買った車の色は、黒です。

中古で年式も古かったせいか、すでに塗装が剥がれてきていました。

黒の車ってきれいに洗車すると、本当に高級感溢れますね。

しかし2時間ぐらいすると、もう汚れが気になるのが難点です。

マメでないのにボディの汚れが気になる私には、向いていない色だなあと思いました。

 

次に買った車は、シルバーです。

中古でしたが、とにかくタマ数が少ない車種でしたので、色は選んだわけではありません。

でもシルバーって汚れが目立ちにくくて良いですね。

商業車のイメージ?がありますが、私の性格にピッタリの色です。

 

次の車は新車でした。

迷わずシルバーにしましたが、家族に大反対されました。

「またシルバー??」

反対を押し切ってシルバーに決めました。

 

次の車も新車でしたが、前回の件もあり私にカラーの決定権はありませんでした。

家族は、赤や黄色などの色が欲しかったみたいですが、設定がなかったため白にしました。

 

白って雨が降った後の「水垢」が目立ちますね…。

サイドミラーの下などに、スーッと。

ガラスコーティングを施してあるので、すぐに水洗いすれば簡単に落ちます。

しかし、コーティングがないボディでは、水垢を落とすのに一苦労しますね。

 

あ、コーティング車に「水垢落としカーシャンプー」などを使う時は注意してください。

コンパウンド(研磨剤)が入っていると、一発でコーティングが剥がれてしまいます!

私は、水垢落としクリーナーでナンバープレートを磨いたら、数字の緑色が剥げてきました…。

コンパウンドは、その名の通り表面を削っているんです。

コーティング車専用のものを使用してください。

 

初めにも少し書きましたが、黒色のボディは塗装が剥がれやすい色です。

あと赤色も。

剥がれた車を街中で見かけますが、紫外線が原因で劣化しますので、屋根付き車庫やシートカバーなどで対策したいですね。

 

ついでにボディカラー別、事故率について調べてみました。

 

1番事故率が高いのは、「青」だそうです。

青は後退色であり緊張感も薄れるで、周辺の車が油断?してしまうからだそうです。

 

シルバーや、目立つ黄・赤は低いみたいですね。

 

黒はやはり夜間に認識されにくく、危険が増すとのことです。

まれに夜間、黒色で無灯火で走っている車を見かけますが、闇夜のカラスはやめてください!

本当に危ないです!!

 

ちなみに白は、雪国では溶け込んでしまい見づらいらしいです。

 

うーん、…それではマジョーラの事故率はどうなんでしょう?

 

皆さんは何を基準に、ボディカラーを選びますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。