猫が元気でも餌を食べ残す原因は?食いつきが良いキャットフードって?

どうも!猫アレルギーの僕です。

実は、先日猫を飼い始めたんですよ。庭に子猫が迷い込んできたのを放っておけなくて・・・。

犬は何匹も飼ったことありますが、50年近い人生で猫を飼うのは初。

だって猫アレルギーですから(笑)。

 

で、飼い始めて一番に迷ったのがキャットフード。

とりあえずホームセンターで、一番安くて数量も5キロと多いものを買いました。お値段980円。

米俵の様に重たかったですが、子猫なら2ヶ月ぐらいは持つでしょう。

 





スポンサーリンク


餌を食べない

早速、マイ子猫ちゃんに与えてみました!

食べない!なぜ?

匂いまでは嗅ぐのですが、全く食べなく残すのです。

見た目は元気なんだけどなぁ・・・。

 

そうか!子猫にはミルクだ!まだキャットフードは早いんだ。

そう思った僕は、とりあえずその日はミルクで済ませました。

 

そして翌日・・・チュンチュン(すずめの声)

諦めの悪い僕は、今度はもう少し高級なキャットフードを買って来ました。

その高級なキャットフードは、1キロで1,500円也。貧乏性の僕にとってはかなり思い切りましたよ。

だってさすがにミルクだけではイカンでしょ。昨日ネットで、人間の食べ物をそのまま与えるは良くないって勉強したし(笑)。

 

早速帰ってマイ子猫ちゃんに。

戸惑いながらも・・・食べてる! 

Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

なんだ、キャットフード食べるじゃん。

じゃ、昨日の安物も・・・

やっぱり食べない。残してしまいます。

(*´Д`)  

なぜ?

 

そこで僕は、もっと猫ちゃんの餌について調べて見ることにしました。

(正直言うと、犬と同じ感覚でいました。犬って何でも食べますよね。)

 

人工添加物

皆さん、食品添加物(人工添加物)ってどこまで気にしていますか?もちろん自分(人間)のです。

 

人工甘味料のスクラロース、アセスルファムK、アスパルテーム、

パンやクッキーには欠かせないショートニング、

ハムやソーセージをおいしく見せる亜硝酸ナトリウム・・・

 

こういうのって魅力的なんですよね。人工甘味料は太らないし、ショートニングはサクっとした食感になる。

亜硝酸ナトリウムなしのハムを買ったことありますが、なんだか白っぽくて不味そう・・・しかも値段が高い!

健康のことを考えれば、できれば摂取したくないですね。

もちろん安全基準を満たした食品なので、すぐには病気になったりはしないと思います。

でもこれを数年~数十年と食べ続けたら・・・?

生活習慣病の原因の一つに食生活があると言われています。僕は貧乏性ですが、食べ物には結構気を遣っています。

健康はお金では買えません。お金はまた稼げばいいですからね。

 

原材料

そんなことを考えていたら、猫の餌も同じなのでは?ってふと思いました。

犬猫だからって、何でも食べさせればいいってものではありません。

そこで買ってきたキャットフードの原材料表示を見てみました。原材料の成分割合が多い順に、表示の先頭から書いてあります。

 

家禽ミール

一番目「家禽ミール」。

かきんミール、と読みます。家畜(かちく)ではありません。

 

家禽ミール? (゚Д゚) ハア??

早速グーグル先生に聞いてみます。

家禽ミールとは簡単に説明すると、人間が食べられないくず肉や、内蔵や骨を細かく砕いたものです。

その他「家禽副産物」や「ミールミート」「肉副産物」「4Dミート」なども似たようなものです。

ちなみに4Dとは・・・

 

・Dying(死にかけの動物の肉)

・Dead(死んだ動物の肉)

・Diseased(病気の動物の肉)

・Disabled(障害のある動物の肉)

 

の4つの頭文字Dから来ています。(イニシャルD?)

え?これって食べたらヤバくね??絶対に体に悪いよね?

 

穀物

気を取り直して次に行きます。1キロで1,500円のキャットフードです。

 

「トウモロコシ・大豆・小麦・大麦・米」などが書いてあります。これなら人間も食べるので安心ですよね。

・・・いや、僕が甘かったです。

猫には、穀物(穀類)は必要ないと言われているのです。

( ̄◇ ̄;)エッ

 

実は猫って真性肉食動物って知ってましたか?

肉食動物の中でも人間は雑食動物。肉を食べなくても生きていけます。(僕は焼肉がないと生きていけませんが)

犬は雑食に近い肉食動物。一応、肉なしでも生きていけます。

でも猫は真性肉食動物なので、肉なしでは生きてはいけないのです。

もちろん他の栄養素も必要ですが、穀物・野菜・果物には猫に必要な栄養があまり含まれてはいないんですね。いや、これは知りませんでした。

 

で、重要なのがここ。

このことから猫は、炭水化物を消化する消化酵素を持っていないのです。穀物には約7~8割の炭水化物が含まれていますからね。

 

「トウモロコシ・大豆・小麦・大麦・米」

大量に食べさせたらダメじゃん。

 

何が良いの?

じゃ、何を猫に食べさせれば良いのか?

マイ子猫ちゃんのために僕は、徹夜でネットサーフィン(死語)して調べましたよ。

 

タンパク質

先程も説明したように、猫は肉食動物です。なので人間や犬に比べてのタンパク質の要求量が多いのですね。

猫にタンパク質と言えば・・・やはりお魚、白身魚系がいいのです。特に日本の猫は、魚好きが多いことが知られています。(お魚くわえたドラ猫から想像できますよね 笑 )

もちろん家禽ミールのようなクズ肉は論外です。

 

グレインフリー

そして穀物が入っていないキャットフード。これをグレインフリー(穀物不使用)と言います。

なぜ本来、猫が食べない穀物が餌の原材料に入っているのか?

それは、商品価格を安くするために「カサ増し」しているからです。僕が初めに買った「5キロ980円」がまさにコレ。安かろう悪かろう、ですね。

マイ子猫ちゃん、結果として食べなくて良かった。

 

香り(匂い)

犬の嗅覚がスゴイことは知っています。実に人間のおよそ100万倍。

では猫は?

猫は犬ほどではなく、犬の10分の1程度・・・ってそれでも人間の10万倍!

( ̄◇ ̄;)エッ マジで?

 

実は猫って、嗅覚で餌を嗅ぎ分けているのです。というより、猫は人間ほど味覚が発達していないので、味覚よりも嗅覚で餌の良し悪しを判断しているんですね。

実際、体調が悪くて鼻が詰まっている猫は、好物でもスルーしてしまうとか。餌の匂いを判断できないからなんです。

また部屋でアロマやお香を焚くと、猫の嗅覚が麻痺してしまうことがあります。猫にとっては、匂いがキツ過ぎるのですね・・・あなたのお部屋は大丈夫ですか?

 

こうしてみると猫にとって嗅覚は、命の次に大切なものと言っても過言ではないのです。だって食べられないと死んでしまいますよ。

つまり餌の香り(匂い)もとても重要なんですね。実際、栄養満点をうたったキャットフードを買ってきても、全く見向きもせず食べ残したという経験ありませんか?

匂いが良ければ、猫の餌に対する食いつきが良くなるのです。

元気とか病気だからとか、それ以前のえさ自体の問題なんですね。

 

僕が初めに買ってきたキャットフード。あとで自分で匂いを嗅いでみたら臭かったです・・・こりゃ食べないわけだ。

ちなみにこういう安物の餌を与えると、ウ○チも臭くなることは有名です。ま、原材料がクズ肉ですからね、今思えば当然です。

 

国産は良くない?

「やっぱりメイドイン日本でしょ。国産。」

添加物にうるさい僕に言わせえもらえば、これは食品には当てはまりません!断言できます。(車は国産が良いですけどね)

例えば初めにお話したショートニング。マーガリンも似たようなものなんですが、これらに含まれている「トランス脂肪酸」は心疾患のリスクを高めると言われています。

またトランス脂肪酸は、ゴキブリやネズミも近寄りません。だってプラスティックみたいなものですから。

僕たちは、こんな恐ろしいものを毎日平気で口にしているのです。政府の許可は?もちろん許可済みです。

 

でもアメリカでは使用禁止となっています。

デンマークでは毒物扱い。

ドイツでは難病との因果関係を証明。

でも日本は全くの規制なし。それどころか成分表示もいい加減です。日本は諸外国に比べて遅れているのです!

(高いけど健康のためにはバターが良いですよ。)

 

どうですか?これでは食品は国産が安全と言えませんよね?

 

結論

じゃ結局、猫にはどんな餌が良いんだ?って話になります。

今までの理想のキャットフードをまとめると・・・

 

・白身魚系

・グレインフリー(穀物不使用)

・猫の食いつきが良い香り

・国産でない(信頼できる生産国)

もちろんその他の栄養面などもしっかりと。

 

早速ホームセンターに行って探してみましたが・・・ないですね。

そこで僕は、愛猫のためにまたまた徹夜でネットサーフィンしましたよ。

そうしたらドンピシャリのキャットフードも見つけました!

それの名前は・・・

 

グレインフリー・白身魚たっぷり!
プレミアムキャットフード『モグニャン』

 

なんか語呂合わせのような商品名ですが、確かに調べてみるとこれらの条件に一致します。

さすがにちょっとお値段は張りますが、さきほどの「安かろう悪かろう」では、毎日安心して食べさせるわけには行きません。

健康はお金では買えませんからね。餌の管理も飼い主の役目です。

お得な割引せいどもありますので、愛猫の餌選びに迷っている人は是非チェックしてみて下さい。

 

抜群の香りと味わいを追求したプレミアムキャットフード『モグニャン』

 

猫ちゃんの反応などコメント欄に書いて頂けると嬉しいです ^^

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。