LINE2018年のお年玉100万円の当たる確率はどれぐらい?

あけおめ、メリクリ、トリックオアトリート!

知ってる挨拶を並べてみました。管理人の僕です。

2018年新年早々、数少ないLINE友達から「LINEお年玉」なるものが送られてきました。結果は・・・

 

4等!

おお!

1ポイント・・・

(ノД`)

 

世の中そんなに甘くはないです。

どうやら一等は100万円らしいですね。本当に当たるのかいな・・・。一体当たる確率はどれぐらいなんでしょうか?気になります。

と言うわけで、LINEお年玉の当選確率について調べてみました。

でもこれ、何か重要なことが抜けているような気がするのです・・・。

よく考えてみたら「お年玉の総本数が不明」ですよね?ということは、そもそも確率なんて導き出せないのでは?って思ったのです。

 





スポンサーリンク


1等の本数と当たる確率

LINEお年玉の1等は、ナント現金100万円です。

その数100本!

昨年の3本より大幅に本数が増えています。これならクジ運が人並以下の僕でも当たりそう・・・って4等でしたけど。

実は、この現金ってすごいですよね。2等・3等はLINE PAYで受け取り、4等などは「LINEポイント」ですけど、1等は当選したらきちんと現金を自分の口座に振り込んでくれます。現金こそ最強です(笑)。

100万円当たったら何を買いますか?やっぱり今話題の仮想通貨?ビットコイン買っちゃいます?(笑)

 

確率は不明

で、気になるこの1等100万円の当選確率ですが・・・分かりません!だってLINEお年玉の「総数」が不明なのです。

公式ページを読んで見ましたが、それらしき記述は見つけられませんでした。

全体数が分からなければ、確率なんて求めようがないです。つまり

「LINEお年玉の100万円の当選確率は不明」

ということになるのです。

 

他のサイトを見ると「LINEユーザーの数、7000万人」を総数(分母)として計算しています。でもこれってちょっと待ってください。

LINEお年玉をもらう場合は、同一のLINE友達からは1回しか受け取ることができません。

でも、別のLINE友達からは受け取ることができます。つまり自分が登録しているLINE友達の数の分だけ、最大で受け取れるってことですよね?

送る人から見れば、同一LINE友達へは1回しかお年玉を送信できません。でも自分が登録しているLINE友達の数の分だけ、最大でお年玉を送信できるってことです。

 

だから「LINEユーザーの数、7000万人」が総数(分母)では、当選確率は導き出せないと思うのです。いかなる場合でも「お年玉は1人1回のみの開封」という条件だったら、「7000万分の100」が当選確率と言ってもいいんですけどね。

単純にすべてのLINEユーザーが、それぞれ2回ずつお年玉をもらって開封したら、総数(分母)は1億4千万になります。

スポンサーリンク

 

問題点?

このLINEお年玉の問題点というか、カラクリに気が付きました。

宝くじなら総発行枚数が明記されています。競馬や競輪だって、オッズの組み合わせの総数が分かります。パチンコパチスロですら、大当たり確率が公表されています。

だから大当たり確率は計算して求めることができますよね。

 

でもこのLINEスタンプは、無限に販売されているのではないでしょうか?つまり売り切れがない。

確かに1等は100本あるのでしょうが、どういった仕組みで当落が判断されているのかが不明なのです。

だから僕は

「1等100本」

だけよりも、例えば

「1等当選確率0.0001%。但し100本までで早い物勝ち」

って書けばいいと思います。

でもこうは書けないんですよね。この場合、当選確率が0.0001%でアタリ本数100本なら、総数(分母)は1億になりますから。

 

つまり今回のお年玉は、確率が分からないので総数が書けない、総数が分からないので確率が書けない、のです。

ただ単に「1等は100本ですよ」と言っているに過ぎないと思うのです。不思議な仕組みですよね。

 

まとめ

どうでしょう?僕の解釈が間違っていたり、理解不足でしたらすみません。何せ小学校6年間、算数「2」でしたから。

(*´Д`)

お年玉を1人の人に1回しか送ることはできなくても、もらう側は複数の人から受け取ることができます。実際これを読んでいるあたなも、LINEお年玉を何回も開封していますよね?つまりその時点で「ユーザー数=確率の分母」ではないと思うのです。

また仮に1等が100本出た時点で「1等は終了しました」ってアナウンスしないと、アタリのないクジを延々と開封していることになります。この辺りはどうなのでしょうか?

 

う~ん、なんか2018年元旦から頭が混乱してきました。

もし、正しい確率を求める方法をご存知の方は、コメント欄へお願いします!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。