貴乃花親方はなぜ悪者扱いされるの?相撲協会の処分がおかしい理由は?

どうも、相撲には全く興味がない僕です。

そんな僕でも「若貴」は知っていますよ。当時はすごい人気でしたからね。でも今は兄弟が絶縁状態みたいで、ファンにとっては残念ではないでしょうか。

 





スポンサーリンク


暴行事件

で、今回の現役横綱による「暴行事件騒動」。

なんか相撲協会のお偉いサン方が「貴乃花親方を処分」しましたね。多分、大勢の人が

(゚Д゚) ハア?? おかしくね?

って思ったのではないでしょうか。(違う?)

 

マスコミの報道の仕方もどうかと思いますが、なぜこんなにも貴乃花親方は悪者扱いされるのでしょうか?

いつの間にか「貴乃花親方 VS 相撲協会」に図式がなっています。当の殴ったナントカって言う横綱、早く傷害で逮捕すればいいのに。そう思いません??

 

まあアレですよね。今までに数々の暴行事件などの不祥事を起こしてきた大相撲。

今まではうまいこと「揉み消そう、世間にはナイショにしておこう」と来たわけです。早い話が隠ぺい体質なんですね。

で、今回は貴乃花親方が相撲協会へ報告する前に、勝手に警察へ届けました。つまりそれが気に食わなかったんでしょうね。だからと言って、貴乃花親方を槍玉に挙げるのはおかしいでしょ。

逆に貴乃花親方としては、今までの相撲界の隠ぺい体質を変えたいのでしょうね。でもそれが相撲協会にしては面白くないと。

ワイドショー見てるとこんな感じでしょうか?僕もそこまで興味があるわけではないので、解釈が間違ってるかもしれませんが。

 

貴乃花親方も、洗脳されているとかお兄ちゃんと仲が悪いとか、一時は批判されていましたが、さすがに今回は「孤軍奮闘でがんばれ」ってちょっと応援したくなります。

あの相撲協会の理事会での貴乃花親方の「イスの座り方」を見ると、もう対決姿勢がヒシヒシと伝わってきます。周り全員敵って感じですね。

 

貴乃花親方は、暴行の現場にいなかったですよね。なので、もっと当事者を徹底的に処分したらどうかと思いますが。少なくとも貴乃花親方は加害者側ではなく、被害者側の人間です。これは間違えのない事実です。それなのに処分がおかしい・・・。

マスコミとしては、「貴乃花親方 VS 相撲協会」の方が視聴率を取れるし、相撲協会も隠ぺいに非協力的な貴乃花を排除したい。そんな魂胆が見え見えです。

この事件、まだまだ続きそうですね。相撲自体は興味ないですが、もめ事の行く末が気になります。

 

まとめると・・・

ヤバイことが起こったら、、まず真っ先に相撲協会へ報告して隠ぺい揉み消しに協力しなさい。協力しないやつは、徹底的に排除しますよ。ってことですね。

で、貴乃花親方はそんな協会の体質を変えたいので、一人で立ち向かっているわけですね。そうしたら、理事として不適格というおかしな処分が下ったと。

もういっその事、力士は日本人だけってことにすればいいのでは?

スポンサーリンク

 

似たような体験談

いや実は今回は、もっと他に書きたかったことがあるのです。

似たようなまでとは言いませんが、僕も貴乃花親方の心境よく分かる体験をしたのです。

 

以前、僕がパチ屋で働いていたことは他の記事でもたくさん書いています。

あれはまだ僕が店長になる前の、主任だった時のことです。当時僕は、上司である店長とかなり仲が悪かったです。

その店長は自分の機嫌が悪いと挨拶をしない、気分屋なんです。こういうヤツは大嫌いな僕。

 

とある日、店長と事務所で会ったので

僕「お疲れ様です」

と挨拶をしました。

 

店長「・・・。」

ガン無視です。

 

ん( ゚Д゚)?

聞こえなかったと思い、もう一度挨拶をします。

 

僕「お疲れ様です」

店長「・・・。」

 

明らかに故意で無視してますね~。

で、ここで僕の悪いクセが出てしまいました。

「目には目を。歯には歯を。無視には無視を。愛には愛で~♪SAY YES~」

という気分になり、店長が何か話しかけてきましたが

ガン無視しました。

店長はもう一度話しかけてきます。

でもガン無視しました。

 

そうしたら次の瞬間

オイッ!!( ´Д`)っ))Д゚)・∵.

とパンチではなかったですが、飛び蹴りを食らいました。

例えるならストリートファイターⅡのサガットの「タイガークラッシュ」みたいな飛び蹴りです。まさか物理攻撃をしてくるとは思わなかったので、思わず座っていた椅子から床に倒れ込む僕。

もう気が動転しています。

おもむろに携帯電話を持ち、とりあえず外へと逃走。タイガークラッシュがヒットした横っ腹がかなり痛みます。僕は口げんかでは負けない自信がありますが、リアルストリートファイトは丸出だめ夫なんです。逃げるが勝ち。

(*´Д`)

 

これは列記とした傷害事件です。そのまま床に倒れ込んでいたら、続けてダウン攻撃をされていたかもしれません。僕は携帯を持ち走りながら、ある選択を迫られました。

 

A:店長の上司である部長に電話する

B:警察へ電話する

 

選択を間違えれば、今度は”タイキック”が来るかもしれません(笑)。結構悩みました。

部長は、はっきり言って頼りになりません。相撲協会のように自身の評価を大事にして、厄介ごとは揉み消すタイプです。

警察に言えば、もう社内だけの問題では済まなくなるでしょう。僕は別にそういうのは構わないので、とことんやろうかとも一瞬思いました。

 

悩んでいたら、追手が来ました。店長からの指示を受けた他の社員が、走って追いかけてきたのです。クッソー、味方だと思っていたのに(笑)。

 

・・・で、僕が電話を掛けた先は・・・

部長です。

 

部長はすぐに行くと言いながらも、到着までに1時間ぐらいかかりました。

その場は何とか収まったのですが、それから数日後、

僕は左遷されました。

降格 + 潰れそうな店舗へ転勤です。

店長は?って?

そのまま何事もなかったように続けていますよ。

おかしいでしょ!

 

と言うわけで、僕は貴乃花親方の気持ちが分かるような気がするし、応援もしたくなるのです。

内部浄化のシステムがない組織は、腐敗する一方。残念だけど、こういう組織って日本では多いですよね。データ改ざんも似たような事例です。

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。