覆面パトカーはゼロクラウンが定番!その他の特徴でも見分けるべし

スポンサーリンク

私は、「警察24時」などのTV番組が好きです。

YOU TUBEで、覆面パトカーの取り締まり動画を見るのも好きです。

でも自分が捕まるのは嫌いです(笑)

 

先日、有料道路を走っていました。

制限速度は60km/hですが、新しい道路で交通量も少ないこともあり、ほとんど80km/h前後で流れています。

昼夜、又上り下り問わず、覆面パトカーが毎日取り締まりを行っている路線で有名です。

 

道中ガラガラの左車線を、7台ぐらいが連なって60km/hぐらいで走っています。

追い抜こうか迷いました。少し急いでいましたので。

車種をチェックします。

「・・・ゼロクラウンはいないな。」

覆面と言えば、まずゼロクラウンを思い浮かべますね。

 

私は、右車線に車線変更して加速しました。

およそ75km/hぐらいだったと思います。(※スピード超過は違反です!)

 

その7台の集団を、念のためチラ見しながら追い越していきます。

一瞬、運転席に白いものが見えた車がありましたが、「まさかな」と思い、そのまま通り過ぎました。

 

追い越した直後もミラーで後方を確認します。

すると、集団から1台右車線へ出てくる車がありました。

「(集団が)遅いから追い抜いたのかな」ぐらいにしか、まだこの時点では思っていません。

 

直後、トンネルに入りました。

再度ミラーで後方を確認すると、先ほどの車のヘッドライトが近づいて来るのが確認できました。

 

「道を譲ろうかな…」

 

そう思ってもう一度ミラーを見たとき

 

「!!!」

 

真後ろに、赤色灯を点けた車がいるではありませんか!

慌てて減速し左車線へ!

 

…私の右を追い抜いて行く覆面パトカー…。

 

「停止させられるのか…?」

 

助手席の隊員が、ジロッっとこちらをにらんで通過して行きました。

計測される前に減速できたようです。危ない危ない。

車種はマークX。

追い抜く際に見えた「白いもの」は、ヘルメットでした。

 

制限速度を守れば、全く気にすることはありません。

しかし、流れに乗っているだけで、うっかり速度超過してしまうことがあります。

 

覆面パトカーの見分け方など色々言われていますが、まずは交通ルールを守りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。