車上狙いでアルミホイールを盗られました!ロックナットは無意味?

私がまだ20代だった頃のお話です。

 

当時、自宅から少し離れた所に駐車場がありました。

ある朝、出勤しようと車に乗り込んだら、後部座席の三角窓が割られていました。

ドアも開けられていましたが、オーディオなど特に何も取られてはいませんでした。

一応警察の方を呼んで被害届を出しました。

 

えぇ…この時に犯人の目的に気付いていればよかったのですが…。

 

1か月ほど経った同じく出勤前、車が視界に入ったとたん唖然としました。

そう「カメさん」になっていたのです。

30万円ぐらいのアルミホールを4本ともすべて盗られ、車はブッロクの上に乗った状態でした。

ジャッキアップ→ブロックをかます→タイヤをはずす、という手口です。

暫くは状況が呑み込めず、取りあえず職場に事情を説明、またまた警察の方にも来てもらいました。

 

…と、ふと思い出したのです。

「ロックナットを付けていたハズ・・・!どうして??」

ロックナットとは、ホーイルを車体へ固定するナット(ボルト)の頭が特殊な形をしていて、

専用工具でないとボルトを回せない(ホイールをはずせない)盗難防止目的のものです。

(厳密には力技で回せるらしいですが、時間がかかり大きな音が出るため敬遠されるみたいです)

 

「あ、…専用工具助手席に置いたままだった…。」

そう、普段は自宅に保管しているのですが、たまたま車検に出すために助手席に置いてしまったのです。

「…偶然、このタイミングで狙われた…?」

 

「あ、そういうことか。」

 

「前回の三角窓の時、同じくロックナットの専用工具を探して物色したが、

見つからなかったので、何も盗られなかっただけなんだ!」

 

フロントガラスに貼ってある、車検のシールを見れば車検満期日が分かります。

そう、車検時には点検のためタイヤを外ずします。

あらかじめ、このタイミングを狙っていた訳です。

 

「やられた…」

 

実は、すぐ横に信用金庫があるのですが、先日、夜間金庫に訪れた人が襲われる事件が発生したばかりでした。

「あー!!」という叫び声が自室まで聞こえてきました。

同一犯かは定かではありませんが、周辺は以前より治安は良くなかったですね。

 

それから半年後に、新聞に「自動車窃盗団逮捕」の記事があるのを目にしました。

周辺市町村にて車上狙い繰り返していたらしいです。

 

コイツらかな?

 

皆さんは、盗難対策していますか?

アルミホイールは、高値で売れますので気を付けましょう。

ちなみにその後は、純正のホイールに履き替えました。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。