ヘッドライトの黄ばみはピカールで決まり!紫外線対策で劣化を抑制

年式が古い車の宿命…それは、ヘッドライトが黄ばんで来ることです。

すべての車種で変色する訳ではありませんが、程度の差はあれヘッドライトが曇ってきます。

黄ばんで来ると、見た目から古い車って感じになりますよね。

又、黄ばみでヘッドライトの光が遮られ、車検で光量不足を指摘されるケースもあるようです。

 

今回は、その黄ばみの除去についてお話します。

 

まずその原因ですが、ヘッドライトはポリカーボネートという素材でできています。

ポリカーボネートは紫外線に弱い特性があります。

元々、ヘッドライトの表面には、紫外線から守るコーティングが施されていますが、

経年劣化でコーティングが剥がれると、ライトの表面が傷んできて曇りや黄ばみになってしまいます。

 

では、黄ばんでしまったらどうするのか?

これはネットで調べれば多数の情報がありますが、私は「ピカール」を使います。これ一択です。

市販のクリーナーも多数試して来ましたが、ピカールが一番です!

本来は、金属磨き用なのですが、ヘッドライトに使用しても大丈夫です。

 

やり方は簡単。

まずは、水洗いでホコリなどを落とします。

次にボディを誤って磨かないよう、ヘッドライト周辺をマスキングテープで保護します。

あとは不要なウエス等にピカールを取り、ひたすら磨いて行くだけです。

ウエスが黄色(茶色)くなってきたら、水で洗い流します。

これだけで、明らかに見た目が改善されます。

耐水ペーパーなどで仕上げれば、より綺麗になるみたいです。

本来なら、紫外線から保護するコーティングを施すのがベストですが、私はこのままです。

半年も経てばまた黄ばんできますが、そうしたらまたピカールで磨きます。

 

やはりヘッドライトがクリアだと、車全体のイメージが変わりますね。

ピカールはホームセンターで売っていますし、誰にでも簡単にできます。

オススメですよ。

 

追伸

車を駐車する際、ヘッドライトを北向きにすれば、変色を少しでも抑えられますよ。

シートカバーを被せるのも効果的ですね。

たまに片側のヘッドライトだけ黄ばんでいる車を見かけます。

片側だけ日光が当たる駐車の仕方をしているか、ライトを交換しているかのどちらかですね。

 

なんか黄ばんでいる車に、一昔前のクラウンやエスティマ、ヴィッツが多いのは気のせいでしょうか…?

人気車種で数も多く、長く所有されているから目立つのかな。

ちなみに、ポリカーボネートでなく昔のガラス製のヘッドライトは黄ばみません。

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。