ハイエースの盗難対策!オリジナルセキュリティで守れ!3

私が思う一番有効な対盗難策は、オリジナルセキュリティだと思います。

市販されているものは、どうしても突破方法を見つけられてしまいます。

 

私は、ハイエースにもユニックにもオリジナルセキュリティを施してあります。

実際、ユニックの盗難未遂の時は、このオリジナルセキュリティで難を逃れました。

これが無かったら、盗難されていました。

※申し訳ないですが、防犯上ここでは詳しくは書けません。

 

オリジナルですから、どこにどんな防犯対策がしてあるのか、やつらには簡単には分からないでしょう。

ディーラーにも「そこまでするか」と言わせるぐらい、徹底した内容です。

 

これに市販の防犯グッズを取り付けていますので、そう簡単には盗難されないと思います。

夜間などは、MAX5重ロック+防犯カメラという徹底ぶりです。

 

一つ注意点として、必ず継続して毎回対策をして下さい。

「たまたま一晩忘れた時に限って盗まれた」と言うこともあります。

「常に狙われている」と言う意識を持つことが大切です。

 





スポンサーリンク


まとめ

とにかく、盗難対策は複数のセキュリティを組み合わせることです。

例えばタイヤロックも、1輪だけでなく「4輪すべてタイヤロック+4輪ともロックナット使用」まで施せば、

そうそう狙われないと思います。※くどい様ですが、100%は防げません。

 

とにかく複数のものを組み合わせて下さい。

窃盗団に手間・時間をかけさせること、手間がかかると思わせることが重要です。

「盗めるものなら盗んでみろ!」と、言うぐらいが丁度いいかもしれません。

何といっても相手はプロですから。

 

 

 

 追記

ナンバープレートロックボルトを付けました。

ナンバープレートを固定しているボルトに被せて、ボルトが回らないようにするロックです。

例によってこれもコツを掴めば、簡単に突破できますが、

対策なしだと、プラスドライバー1本5秒ではずされてしまいます。

やはり取り付けたほうが安心でしょう。

見た目もカッコ良くなるのでおススメです。

 

ところでナンバープレートの盗難を防ぐことが、車両盗難を防ぐことになるってご存知でしたか?

盗まれた車両は、そのまま走っていてはすぐに盗難車とバレてしまいます。

そこでナンバープレートを偽造ナンバーに付け替えます。

しかし、ここでナンバープレートがはずれなければ、偽造ナンバープレートに交換されません。

又、この偽造ナンバプレートも盗難してきたナンバープレートが元になっています。

つまり、ナンバープレートの盗難をしっかり防げれば、偽造ナンバープレート自体も防ぐことができるのです。

結果、車両盗難の防止につながるのです。

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。