iQOSのブレードが折れて故障した時の対処方法と保証は?電話が繋がらないって本当?

やっちゃいました。

My iQOSのブレードが折れました・・・

(*´Д`)

 

ネットではブレードが「よく折れる」「とにかく折れる」ってあったので注意はしてましたが、ふとした瞬間に折れました。

ついでに吸えなくなって僕の心も折れました。

 

もういまさら紙巻タバコに戻る気はないので、速攻でカスタマーサポートにTEL。

とても丁寧な電話応対で、交換品を送ってもらいました。あとは故障品を返送してお終いです。

 

その時のことを詳しく書き残します。

 





スポンサーリンク


iQOSブレードが折れた時の対処方法

今年2017年の2月に購入して、毎日使い続けて半年でブレードが折れました。

世間でもよく折れるらしいので、僕は構造上の欠陥じゃないかと思いますがどうでしょうか?

実際、アイコス2.4だとブレードが強化されていますからね。もういっその事、ダイヤモンド加工ぐらいにして欲しいです。

 

で、当然折れると、iQOSはただの禁煙パイポに成り下がります。今まで便利だったものが急に使えなくなると、ものすごく不便ですね。

アイコス使えないので紙巻タバコを久しぶりに吸ってみたら、チョーまずい!よくこんなもの吸ってたな~って我ながら関心しました。こりゃ体に悪いのがよく分かります。

今後はアイコス2個持ちにしようかな~と思いつつ、とにかく使えないと困るのですぐにカスタマーセンターへTEL。

 

・・・やはりこちらもウワサ通り全然つながりません。ずっと話し中で待たされます。以下、電話での流れです。

 

流れとしては、まずガイダンスに従って希望のボタンを押します。

その後ほぼ「電話が込み合ってる」と言われるので待ちます。

10分ぐらい携帯の音声を外部スピーカーにして待っていましたが、「込み合っているので後ほど掛けなおして下さい」言われて一方的に電話を切られました。

スポンサーリンク

 

めげずに再度掛けなおします。iQOS吸えないのも重なってイライラが溜まっていきますが、ここは我慢。

これで禁煙できたら儲けもの。そうしたらアイコスいらないけどね。

ちなみに電話を掛けたのは、平日の夜21時ぐらいです。午前中の方が比較的つながりやすい?とか聞きますけどね。

電話の対応は22時まで受け付けていますので、この辺りはユーザー目線で歓迎すべきポイントです。

 

3回ほどタイムオーバーで一方的に切られましたが、4回目で次のステップへ進みました。

次は「アイコスの会員登録はされていますか?」とガイダンスに聞かれます。

残念ながら会員登録していないと、ここで電話は終了します。ここまで待った時間がパーですね。最初に言えよって感じです。

(*´Д`)

だからまずサポートセンターへ電話する際は、まず公式ホームページから会員登録を先に済ませましょう。

 

会員である方を選択すると「20歳以上であることの年齢認証しますので、生年月日を8ケタで入力して下さい」とガイダンスで言われます。言われた通り、西暦4ケタと月日を入力します。

 

無事?認証されましたが、さらにここでも「電話が込み合っている」とのアナウンスで待たされます。

しかし、ここは早かったですね。3~4分ほどで男性のオペレーターにつながりました。運が良かったのかな?

 

まず「本人確認をしますので、会員登録情報を教えて下さい」と聞かれます。

登録した携帯番号を伝え、その後、生年月日と住所も確認してOK。

やはりなりすましの未成年だと問題になるからか、結構しっかり聞かれます。

 

そして早速「ブレードが折れました」と症状を伝えたところ、「製品本体のシリアル番号を教えてください」とのこと。

購入から日数が経っているので外箱やチャージャーの番号ではなく、直接ブレードが折れたアイコス本体のシリアル番号を見てください、と。

 

私の場合は、購入から15日目で登録したため保証期間は半年になります。(登録を忘れてました)

まだ保証期間が残っている状態ですが、僕の不注意が原因でもあるこのブレード折れをどう対応してくれるかは不安でした。

 

そして返ってきた答えは・・・

「では交換品を送りますので、その折れた製品はそのまま返送してください。」

とのこと。

 

良かったです。保証で無償交換してもらえました。

もう少し詳しく書きますね。

 

「さらに現在同じ(初期の)アイコスが在庫切れなので、アイコス2.4プラスを送ります。」

「ただ、チャージャーは互換性がありますので、そのまま現在のをお使いください。」

「ヤマト急便が配送しますので、そのままその箱に故障品を入れて返送してください。」

「この新しい交換品の保証期間は60日間です。尚、ブレード折れの保証交換は今回のみとなります。」

「保証期間終了後は原則交換できませんが、もし内部的な故障(赤ランプ点灯)などがありましたら、またお電話下さい。」

 

言葉のニュアンスから、ブレード折れは今回のみの対応ですが、その他の内部的な故障はどうやら保証期間後でも対応してくれそうな口ぶりでした。

「まずはとにかく電話下さい」と何回も言ってましたので、諦める前にカスタマーサービスに電話してみる価値はありそうです。

その前につながりにくい電話を改善して欲しいですが。

 

僕が思うには、アイコス側としてはいつまでも無償交換はできないが、故障がキッカケで他製品に流れるのも困るというのが本音でしょうね。

 

iQOSのブレードが折れた時の保証と電話が繋がらないって本当?のまとめ

iQOSが故障したらカスタマーサービスに電話しますが、その前に会員登録を済ませましょう。もちろん製品登録も一緒にです。

カスタマーサービスの電話は、やはりなかなかつながりません。午前中のほうが比較的つながりやすいようです。

この電話に掛けないことには先に進めませんので、根気よく待ちましょう。

 

保証期間内のブレード折れは1回のみ無償交換してくれました。(今回の僕の場合はです)

どうやら今後保証期間が終了しても、内部的な故障なら何らしかの対応をしてくれそうです。

 

電話の待ち時間は正直イライラしましたが、電話の応対はすごく丁寧でこちらの不安や疑問をきちんと解決してくれます。

何かアイコスで困ったことがあれば、まずはカスタマーサービスへ電話してみるといいですね。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。