人口減少と少子高齢化なのに人が増えている意外な県ってどこ?

沖縄県です。

たまには、こんな書き出しもいいかなって思いまして。

(・∀・)イイ!!

 

そうなんです。

少子高齢化や人口減少が社会問題になっている今の日本。国をあげて様々な取り組みをしています。

このまま行くと、日本の将来はどうなるんでしょうか?

年金もらえるのかなぁ?(笑)

 





スポンサーリンク


推計人口

総務省が、国勢調査の資料から算出している人口の数です。

今回僕がこの記事を書こうとしたキッカケは、この推計人口の表なんです。

その推計人口表の2016年なんですが、当年の人口と昨年比の増減も分かるんです。

 

「少子化なのでどこも人が減っていくんだろうな~」

 

って見ていたら、意外に首都圏や大型都市は増えているんですね。

ちょっと紹介しますと

 

東京 1300万人 +12万人

神奈川県 900万人 +2万人

大阪府 880万人 -1600人

その他、愛知県、埼玉県、千葉県、福岡県が増えています。

 

大阪がちょっと減っていますが、ほとんどの県も軒並み人口減少ですね。

こうやってみると大都市に人口がより集中して、地方はどんどん減っていくのがよく分かります。

東京はヤバいですね。酸欠にならないか心配です。

 

で、ずーと表を下の方まで目をやると

滋賀県 +163人。 おお!増えています。減らないだけすごいです。琵琶湖のおかげなんでしょうか?

 

そして・・・ん?ん?

沖縄県 +6300人 !?

え?なんで沖縄がこんなに増えてるの?

 

しかも人口143万人!?

(゚Д゚) ハア?? ウソでしょ?

 

本当です。全国第25位の人口の多さなんです!これは意外です。

ちなみに一番少ない県は、鳥取県の57万人です。沖縄の1/3しかいないじゃん?

 

なんで沖縄がこんなに人が多いの??

沖縄って島のイメージで狭いよね?小さいよね?

地図にいつも左下の「特別枠」に載ってるアレだよね??

え?もしかして、実は香港が沖縄だったとか?(笑)

 

・・・本当にしばらく混乱しました。

沖縄県の人口は、滋賀県や山口県とほぼ同じぐらいなんです。

 

もちろんすぐに調べましたよ。もう少子化とか高齢化とかどうでもいいです。

頭の中は沖縄でいっぱいです。行きたいな~。

スポンサーリンク

 

人が増えている沖縄の人口

沖縄の人口は、戦前戦後は50万人ぐらいで推移していました。戦後は海外移住などもあり、増えることはなかったんですね。

といっても、それでも50万人ですか?

その後、1972年に本土復帰してからは県外からの移住者が一気に押し寄せて、1974年にはもう100万人突破しました。

いや、これは知りませんでした。とうの昔に100万人を超えてたんですね。

もうこの時点で戦後の2倍になっています。沖縄ってそんなに人が住める場所があるの?

そして2011年には、めでたく(?)140万人を達成したのです。この数字は、本土復帰から毎年1万人ずつ人が増え続けていることになります。

しかもこの増加率は全国平均の2倍!なんでこんなに人が増え続けるんでしょ?(笑) 不思議。

 

出生率は全国1位

まずその一つの理由に、「出生率が全国1位」と言うことが思い浮かびます。「しゅっしょう」と読みます。「しゅっせい」はあなたの頑張り次第です。

沖縄の出生率は1.9ちょっとで、全国平均は1.4ちょっとです。しかも40年以上もトップを独走しています。

たしかに沖縄は子供が多いです。特に離島。

おそらく南の島は自然が豊かで、地域の住民の方たちの「ご近所付き合い」が良く「助け合いの心」があるからなんでしょうね。子育てをするのには、とっても良さそうな環境と思います。

都会は「隣は何をする人ぞ」ですからね・・・アパート住んでいても本当にお隣さんのことを知りませんので。

 

またちょっと気になった全国1位もありました。それは沖縄は「離婚率NO.1」なんです。

実はこの離婚率も出生率に影響しているんですね。

だって、離婚後に再婚するとまた子供がほしくなるでしょ?あーなるほど!と思いました。

 

企業の移転

ここ近年は企業が県外より移転してきて、それにより人口が増えているのです。

どんな企業かというと「IT系の企業」ですね。コールセンターやIT企業は立地場所を選ばないので、どうせ働くなら環境の良い沖縄で!ってことでしょうか。

でも沖縄って、特別に地価や物価が安いわけではないのに・・・なぜ?と思っていたら、雇用すると助成金がでるんですね。これか(笑)

実は沖縄は失業率が高く全国平均を大きく上回り、特に30歳未満の人の完全失業率が13%(!)と深刻な問題になっています。

若い世代の13%って心配な数値ですね。たしかに「沖縄は仕事がない」って聞いたことがあります。

この意味では、沖縄に移転してくる企業はありがたいですね。

 

ほかには、震災後に沖縄に移住して来たっていう人も多いのです。たしかに原発汚染などのニュースを見ると、なるべく遠くに引っ越したいと子を持つ親は思ってしまいますよね。

 

人口減少と少子高齢化なのに沖縄は人が増えていることのまとめ

沖縄の人口が140万人とは驚きでした。出生率・人口増加率・離婚率と軒並み全国ナンバーワンです。

首都圏以外では年々人口が減っていくにも関わらず、まだ増加し続けている沖縄。

気になる人口密度は全国9位とやはり心配な数字なんです・・・。

さらにアメリカ軍とその家族の約5万人は人口統計に含まれないので、見かけ上の人口は統計よりももっと多いとか。

 

全国としては少子高齢化が問題ですが、ちょっと沖縄の状況は大丈夫かなぁと思ってしまいます。

何ごともバランスが大切ですね。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。