湘南ひらつか七夕まつり2017の平塚市周辺の観光スポットはどこ?

スポンサーリンク

「日本の3大○○~」ってよく言いますよね。

では「日本の3大七夕まつり」って知ってますか?

宮城県仙台市愛知県安城市、そして神奈川県平塚市です。

 

今回は、今年2017年で第67回を迎える「湘南ひらつか七夕まつり」と、平塚市周辺の観光スポットについてです。

 

湘南ひらつか七夕まつり

終戦後の1950年から始まり、「復興」をテーマにした歴史あるお祭りです。東日本大震災以降もその思いを込めて受け継がれています。

今年は、7月7日(金)~9日(日)の3日間の開催です。七夕の日から始まりますので間違えないようにして下さいね。

 

そんなひらつか七夕まつりですが、さすが日本三大七夕まつりと言われるだけあって来場者数もスゴイです。

ピーク時には300万人を超える人が集まりましたが、近年では開催日数の関係もあり150万人前後と減少傾向です。

でも、でもですよ?150万人ってどんだけ?

平塚市の人口が約26万人だからその6倍!?

沖縄県全部で約145万人だから、沖縄の人が3日間で一気に湘南に来るわけです。

 

ん?・・・僕はいつもこの例えを使うのですが、沖縄って人口が少ないイメージですよね?

沖縄って145万人もいるの?(笑) 鳥取県は57万人だよ (^_^;)

え~訂正します。

七夕まつり開催中は、毎日鳥取県民の人が訪れるぐらい人が集まります。

お子さんの迷子などには十分気を付けて下さいね。今はキッズ携帯なるものがあり、GPSでおおよその居場所も分かるんですよね。

いや~時代の進化には驚きます。

僕は小さい頃に祭り会場で迷子になって、なかなか母親に合えずにずっと泣いていた記憶が今でも忘れられません。

携帯なんかなかったので、お互い自力で探すしかないのです。

子供目線だと大人の足しか見えないので、人込みではすぐに見失ってしまいますね。特にふだん着ない浴衣とかだと、なおさら子供は親を見失いやすいのです。やはり小さなお子さんは、手をつなぐことが大切ですね。

 

七夕飾り

七夕といえば七夕飾りですが、このひらつか祭りはその豪華さに特色があります。

その数おそよ500本以上で、中には高さが10mを超える飾りもあるのです。10mと言えば、俗にいう「ビル3階と同じ高さ」ですね。

もうこの七夕飾りは「絢爛豪華」という言葉がぴったりで、僕は初め見たとき「おみこし」かと思いました。

さらに「笹がよく折れないなぁ」と感心するぐらいゴージャスなんです!青森のねぶた祭りなみに迫力ありますよ、この七夕飾りは。

 

七夕踊り千人パレード

こちらもすごい迫力です。

メイン会場の湘南スターモールを、色とりどりの衣装の人たちが踊りながらパレードします。

その衣装がとても鮮やかで目がチカチカしますね(笑) 七夕飾りとのコラボがまた合うんですよ、本当に華やかです。

なんか150万人と聞いてからだと、千人がものすごくちっぽけに思えるのは僕だけでしょうか?

千人と言えば・・・やめときます。

このパレードは、初日7日の開会式後に始まります。祭りの開始を告げる踊りなんですね。

 

その他、3日間イベントが目白押しで、これはどこに行こうか迷いますよ。

まさかのプロレスまで開催で、今年は「アジャコング」さんも出場予定です。興味ないけどね (*´Д`)  

 

この湘南ひらつか七夕まつりは「市民が主催」とだけあって、地元の企業や団体の方が多数参加されているのが特徴です。

戦後や大震災からの復興をテーマにしている気持ちが伝わってきますよね。

今年はどんなお祭りになるのか楽しみですが、人込みだけは覚悟が必要です(笑)

スポンサーリンク

 

平塚市総合公園

「せっかく平塚市まで行くのなら、周辺の観光スポットも観たい!」

そんなあなたのために、僕が独断で選んだ場所をご紹介しますね。

 

まずは、平塚市総合公園。公園と言って侮るなかれ。「総合」なので何でもあります。

まず敷地面積は約30ヘクタール。分かりにくいですよね。お約束の東京ドーム6個分です。余計に分かりにくっ!

とにかく並の公園ではないのです。

 

子供向けには、遊具やボール遊びもできる広場はもちろん、入場無料のふれあい動物園もあります。

ここには約700頭も小動物が飼育されていて、ポニー(1回100円)にも乗れるんですよ。これは小さなお子さんは喜びます。

また「流れの広場」という、全長が110mもある水遊び場も人気スポットです。この七夕まつりが行われる暑い季節にはおススメですね。

 

その他温水プールもありますが、こちらはレジャーというより競技用のプールですので、浮き輪の使用はできません。

各種大会などが行われる平塚市のメインプールです。

 

Shonan BMW スタジアム平塚(高級そうな?サッカー場です。)、バッティングパレス相石スタジアムひらつか(野球場)、テニスコートなどスポーツはもちろん、四季折々の花が楽しめるような自然もいっぱいあります。

 

湘南平(高麗山公園)

続いては絶景で有名な湘南平(しょうなんだいら)です。湘南平とは、高麗山(こまやま)と泡垂山(あわたらやま)の山頂一帯をいいます。

標高は181mと高くはありませんが、これぐらいの高さの方がふらっと登れていいんですよ。ちゃんとしたハイキングコースもあります。

また、山頂にはテレビ塔やレストハウスもあり、休憩しながら景色を楽しむことができます。ここからの眺めはサイコーです。

でも湘南平といえばやっぱり夜景ですね。僕にはまったく関係ないですが、デートスポットには大変おススメです。(^O^)

 

茅ヶ崎市

ついでにお隣の茅ヶ崎市も紹介しちゃいます。ちがさきし、です。

平塚市から東へ相模川を渡ったところに位置します。すぐそこですよ。

茅ヶ崎市は、説明不要の言わずと知れた「サザンオールスターズ」の街。桑田佳祐さんの出身地なんです。

もう地元の人は読み飛ばしちゃって下さい (^_^;)

 

サザンビーチちがさき

旧名称は茅ヶ崎海水浴場。名称をサザンビーチに変更してから一躍有名スポットになりました。

今でこそサザンなビーチですが、実は100年以上も前からある海水浴場なんです。歴史がありますね~。

もう夏のシーズン中は、大勢の人でごった返します。ヤバいです。

しかもこの辺りは、すべての物の名称に「サザン」が付きます。ファンにはたまりませんね、まさに聖地です。

ちなみに僕はファンではありません。曲は大好きですよ。

・・・要らぬ情報でした。(*´Д`) 

スポンサーリンク

 

サザンC

僕は初め「オロ○ミンC」の類かと思いました、すんません。

サザンビーチに来たならここで記念撮影を!

「C」文字の右側の切れた所に人が立つと、「O」になり「円」になりますね。0(ゼロ)じゃではないですよ?

円だから「縁」で、縁結びのスポットなんです。じゃ、ここも僕には関係ありませんね!(笑)

これは歴(れっき)とした、サザンオールスターズのCDジャケットにもなった有名なモニュメントなんですよ。

ちなみに「C」の真ん中に、次に紹介する烏帽子岩も見えます。

 

烏帽子岩

えぼしいわ、と読みます。正式名称は姥島(うばじま)。

名前の由来は、平安貴族がかぶっていた「烏帽子」に似ているからそう呼ばれました。アニメ「おじゃる丸」がかぶっているアレですね。

茅ヶ崎市の沖合1kmちょっとの所にあるのですが、ただの岩じゃないんですよコレ。

烏帽子岩はナント釣りもできるんです。ちゃんと茅ヶ崎漁港から渡し船も出てます。

これは一度行ってみたいですね。何が釣れるんでしょうか?・・・トイレはどうするのかな?

 

又、こちらも例に漏れずサザンオールスターズに縁(ゆかり)があり、「チャコの海岸物語」などにも歌われています。

海岸から見ると「ちょっと変わった岩だな~」ぐらいにしか思いませんが、昔はもっと先端が延びてスマートな形をしていたみたいです。

じゃ、何で今の形になったと思いますか?

「波に削られたんでしょ?」

いえいえ違います。

銃弾に削られました。(゚Д゚) ハア??

 

終戦後に海岸一帯が在日米海軍の演習場になり、烏帽子岩は射撃の標的にされたのです。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

それで先端が欠けて今の形になったんです。よく聞くとすごいエピソードですよね。釣り人大丈夫かな?(笑)

 

湘南ひらつか七夕まつりの周辺観光スポットはどこ?のまとめ

日本三大まつりである「湘南ひらつか七夕まつり」は、今年は7月7日(金)~9日(日)の3日間の開催です。

復興をテーマに掲げ、多くの平塚市民の方が運営参加されています。

中でも迫力ある七夕飾りは、祭りの象徴ともいえる存在です。

お祭りもいいですが、平塚総合公園や湘南平、そしてお隣の茅ヶ崎市にはサザンオールスターズの故郷もあります。

お祭り当日は大変混雑しますが、機会があれば是非一度楽しみたいですね。

 

追伸

実はお祭り会場の平塚駅北側は、普段はあまり治安が良くないとの噂です。

お祭り自体も、初日と2日目は21時終了ですが、3日目は20時終了とちょっと早いなぁと思っていました。

もしかしたら、この治安を考えての時間なのかもしれません。

過去にはお祭り開催日に発砲事件もありましたので、やはり気にはなりますよね。安心して楽しみたいものです。

 

こちらも合わせてどうぞ!

七夕まつり2017の安城市の観光名所は?穴場なお店も紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。