たった1つのことでパチンコが負け組から勝ち組に!初心者も実践を!

2018年5月14日




みなさん~、儲かってますか?生活費は大丈夫ですか?(笑)・・・って笑えない? (*´Д`)

もういい加減、

「パチンコで負け続けるのはやめませんか?」

このまま行ったら、死ぬまでいくらパチ屋に貢ぎます?そろそろ本気でなんとかしましょうよ、お客さん?

元パチンコ店店長の「だが屋」です。ホール名でなく個人名ですので、P-WORLDで検索しないでね。

 

実は僕、業界へ入る前は「スロプロ?スロプー?」みたいに過ごしてました。20歳前後だったかな。いや~無駄な人生過ごしたって反省してます。

実家暮らしだったので、パチ&スロで儲けたお金は全部マイマネー。これぞスロプー。

年間300万ほど稼ぎましたよ、週3~4日ぐらいの稼働で。バイトするよりマシだったかな?

こんな僕も、パチンコやり始めはもちろん「負け組」でした。それがあるきっかけで負け組を脱出できました。

 

でね、今回この記事を書こう思ったのは自慢するためではありませんよ。

「パチンコで勝てません」「借金が~!」「もうパチンコやめたい!」みたいな人へ、僕なりのちょっとしたアドヴァイスになればと思ったわけですよ。

僕がテンチョーやってた時も「おい店長~。俺、今月60万負けだ」みたいなことよく言われました。コイツ、アホだな。本当に刺されるんじゃないかって、何度思ったことか。

実際あった話ですが、他のチェーン店の店長は、車の屋根をボコボコにされて新車が即廃車になりました。 (*´Д`)

まあ、その店長も「俺自身がボコボコにされなくて良かった」と前向きな発言されてましたけどね。

 

お金はどこから?

僕たちお店側の人間からして一番気になるのは、「いつも負けてるけど、どこからそのお金は出てくるの?」ってことです。

よくよくそういう人たちに職業を聞いてみると、まずは社長さん(経営者ですね)が多いですね。平日の昼間からパチンコしてるわけですから。

商売が儲かっているかは別として、サラリーマンのお小遣いよりは余裕があります。

 

次に若者。スロットのイベント狙いで、そこらじゅうのホールを食い荒らしています。実はお店にとって、あまり来て欲しくない人たちなんですよ。

で、主婦。この人たちは不思議。開店から夕方までずっと打ってる。子供もいるみたいだけど、旦那はパチンコのこと知ってるのかな?中にはサラ金に手を出している人もいましたね。ギャンブルは女性の方がハマるとヤバい。

パチンコが原因で家庭崩壊とかも聞いたことありますよ、僕はちょっとだけ責任を感じますが、ウチの会社から見ればお客さんの「自己責任」的な感じですね。まあ、しょせん「風俗営業」ですから。

 

まずは負け組から

本題に入ります。

で、僕は16歳でパチンコでびゅーしました。早いでしょ \(^o^)/

昔は規制がユルユルだったです。悪友に連れていかれまして、ビギナーズラックはなかったですが、当時スロットを席巻していた「ニューパルサー」にハマリました。4号機のですよ。5号機はクソです。

パチンコはフルスペックの確変機ですね。当時は「突入率1/3で2回ループ」でしたから。

ヘソも5個戻しで、アタッカーも16Rの10カウントの15個返し。1回の大当たり出玉は2000発を超えました。

これが突入率1/3で2回ループするわけですから、キチガイみたいに暴れます。大当たり確率は1/400以下です (*´Д`)

 

でね、こんな機種を打ってたら、ガキの小遣いなんか一瞬で呑まれます。

まだスロットはまだマシですが、BIG確率1/240分ぐらいを回そう思っても8千円必要です。そんなお金ありません。

 

アルバイト代を突っ込んだ

時は流れて18歳になりバイトしました。平日の時給が750円ですよ。今なら最低賃金違反でタイホされます。

週末だけ学校にナイショでバイトして、月に3万ほど稼ぎました。で、パチ屋へ。

ものの数時間でなくなりました。もうこの時は「アホらしい、パチンコやめた」と決心したわけです。

しかし、一晩寝て目が覚めると「今日は勝てるカモ??」とか、根拠のない期待感がわいてくるのです。

 

で、気付いたらホールへ。なけなしの小遣いを突っ込んで、やはり返り討ちに。

もう自分が嫌になりましたね。何のためにバイトしたんだって。この気持ち分かりますよね~?

パチンコで数万使うぐらいなら、スーファミでも買っておけば良かったな、とまた後悔。バイト仲間にも「昨日パチンコで3万負けたよ~」と半ば自慢気味に話すのが関の山。

 

どれぐらい負けが込んだ時だったかな?たしか累計15万ぐらいパチ屋に寄付した時に「これじゃイカン」と本気で思いました。

取り戻そうとしても余計に負ける。負けるばかりなら面白くもないが、これまた、たまに勝てるからやめられない。

5万とか勝っちゃった日には、バイトなんかアホらしくてやってらんない (*´Д`)

でも5万とか負けると自暴自棄になり、日常生活に影響が出る。20歳そこそこで人生について考えたましたね~。学生バイトに5万って大金だよね。

スポンサーリンク

 

そして勝ち組へ

で、きっかけは何だったか忘れましたが、僕は「あること」を始めました。パチンコで勝つには「確率論」や「ボーダー理論」、ホール選びに釘読み、目押し力、情報収集力など色々言われてますね。僕も書いていますので是非読んで下さい。

パチンコ店に遠隔操作はない!客が簡単に負ける仕組みを徹底解説!

パチンコを確率論で制覇!元店長兼釘師が暴露するパチ屋の裏側

別に内部リンクしたくて書いてるわけではありません。パチンコで人生つまらなくしてる人の手助けになればなぁ、という自己満足からです \(^o^)/

 

その「あること」とは、収支表を付け始めたということです。な~んだ、と思った人はまあ一生負け組でいて下さい。

収支表を付けて、自分の負けた金額を正確に把握するのです。一晩寝て記憶はリセットされても、記録は正直に残ります。そうすれば、そこから意識が変わってきます。

今、自分のギャンブル生涯成績言えますか?プロなんかは、必ず付けているんじゃないかな?

負けた金額を正確に把握していないから、反省しない(できない)のですよ。

以前の僕みたいに「次は取り戻せる」など、根拠のない期待に踊らされてまた負けを重ねるんです。アホですな。

僕は専門家ではないので適当なことは言えませんが、これは一種の依存症の入口なんでしょうか?「次こそは勝てる」という前向きな考えを持っちゃうんですよね~。この考えを仕事や勉強に生かせればいいのですが・・・。

 

パチンコを始めギャンブルは、1日で勝ち負けを考えてはイケマセン。

パチンコなんて数百分の1の確率を相手にしていますので、1か月ぐらいでは確率は収束しません。ボーダー超えの台を追いかけ続けても、1か月間何やっても勝てない、ってことも珍しくないです。

人間の記憶なんていい加減。悪いことや嫌な記憶は、防衛本能で消し去ります。

 

ノートにでもしっかり収支を付けて下さい。記録する内容は

①ホール名

②機種名

③投資金額

④換金金額

⑤ボーダー数

ぐらいかな。もう③と④だけでもOKです。

いくら使っていくら交換できたか?

フツーにボケッと打ってる人は、必ずトータル負けになります。断言します。だってパチ屋が儲かってるのがその証拠。

 

そしてその負け金額を記録することによって、自分の意識を変えるのです。

「1日で13万負けた」

「今月は20万負け」

「え?通算150万負け」

これを見れば自分が嫌になるでしょう。そして

「どうにかしなければ廃人になる・・・」

という焦りが生まれます。

 

そして、ここで3通りのタイプに分かれます。

①収支を付けるのをやめて、元通りのパチンコライフへ

②パチンコがアホらしくなって、パチンコ(ギャンブル)から足を洗う

③確率論、ボーダー理論、釘読み、設定判別など、勝てるノウハウを学び始める

 

①の人、サヨウナラ~。

負けるという現実から逃避して、一晩寝ればまた「今日は勝てるカモ?」という根拠のない期待を抱き、ホールへ・・・。

パチンコ店にとっては、大変ありがたいお客様です。あなたがお店の経営を支えてます。ホール内では少々大きい顔をしても許されるでしょう。

もう「パチンコをどうしてもやめられない」という人は、依存症の可能性がありますので真剣に医者にかかることをおススメします。

 

②の人、目が覚めましたね。

ギャンブルなんて所詮、胴元が儲かるようになっているのです。

勝ち組にならなくとも、やめ組ならそれで十分OKです。貴重な人生の時間をパチンコ店で過ごすのはもったいないですよ。

もうホールには戻って来ないで下さい。お金と時間を有意義に使いましょう。

 

③の人、勝ち組はすぐそこです。

簡単な理論と技術でパチンコは勝てるんです。それをひとつずつ学んでいきましょう。当ブログにもいくつか記事を用意してあります。徐々に今後も増やしていく予定です。

誰にでもできますよ。だって僕ができたわけですから。プロみたいに生活できるほどは稼げませんが、20歳そこそこから勝ち組です。

数時間パチンコ打たせてもらった上にお金まで増えたら、こんなサイコーなことないですよね。お店にとってはありがたくないお客です。

スポンサーリンク

 

確率論を学ぶ

僕のことをちょっと書きますね。

収支表をつけ始めたら、あまりのお金のムダ使いに自分が嫌になりました。

そして攻略雑誌を買ったのです。そこで「確率論」や「大当たりの仕組み」を知りました。

感動しましたよ、それまでオカルトや遠隔操作を本気で信じて打っていましたから。

 

それからスロットの設定判別法を覚え、高設定をひたすらタコ回しするというスタイルを身につけました。

スロットを1日8000ゲーム回わすことはザラです。14時間打ってトイレ1回行くだけで、あとはひたすらブン回すのみ。徹底した勝つ打ち方です。マネできないでしょ?

 

パチンコの釘読みができるようになったのは、この業界に入ってからです。自分で釘打たないとなかなか分からないですからね。

でも釘なんか読めなくても、「千円当たりの回転数」を数えればそれでボーダー判別できます。

ヘソ釘だけ見るのはド素人ですよ。(*´Д`)

ワープ、ヨロイ、ヨロイの風車、道釘、ジャンプ釘などなど、玉の流れを見てどこから玉が漏れて行くのかを見れば、だんだん釘も分かってきます。

まさか液晶画面しか見てないってことありませんよね? (*´Д`)

まあかなり簡単に説明しましたが、こうして「理論上勝てる打ち方」を続けていけば必ず勝てます。逆に負けることができなくなります。

 

まとめ

パチンコで勝てなくて悩んでいる人は、まず収支表をつけて現実を正確に把握して下さい。

そして負け続けている現状を直視して下さい。

今はネットの時代です。ちょっと調べれば、確率論のサイトなんか無数にあります。

勝ち組になりたければ、それぐらいの努力は必要です。

 

繰り返しますが、フツーにボケッと打っていては確実に負けます、断言します。

他人と違うことをするからプロは勝っているのです。努力もしているからです。

パチンコで「ラクして稼ごう、楽しんで稼ごう」という甘い気持ちは捨てることです。

 

どうでしたか?「意識を変えること」が一番重要だと僕は思うのです。そのきっかけのひとつが「収支表」です。

少なくとも僕はそうでした。

最後に、コメント欄に質問や感想お待ちしています。悩みでもOKです。ちょっとした一言でパチンコ人生変わるかも?