4WDと言ってもその仕組みは様々!自分に合った4WD選びを!1

スポンサーリンク

私は、4WD(4輪駆動)の車を何台も乗り継いできました。

エスクード、三菱GTO、ノア、ハイエース…それにトラックもですね。

一口に4WDと言っても、その性能に違いがあります。

 

今回は、4WDの違いについてお話しします。

 

例のように簡単にいきます。

 

エスクードには、センターデフロックという機能があります。

このデフロック機能をONにすると、車が曲がりにくくなります。

駐車場へ入れることさえ、難しくなります。

ハンドルが切れないというか…。

当時、「デフ」の意味が分かっていない私にとって、一体何の意味がある機能なのか、さっぱり理解できませんでした。

 

構造としてはこうです。

デフロックすると、4つのタイヤ全てが直結してしまいます。

4輪すべてが、同時に同じ速度で回転するということです。

(※ちょっと違いますが、分かりやすくするためかなり簡素化します)

 

「当たり前じゃん。元々そうじゃないの?」と思う方もいると思います。

が、考えてみてください。

4輪が同時に同じ速度で回転したら、カーブをスムーズに曲がることができません。

内輪と外輪では、外輪の方が進む距離が長いですよね?

と言うことは、外輪の方が早く回転しなければいけません。

 

でも普段運転している時、カーブはスムーズに曲がれています。

それは、外輪は内輪より早く回転しているからです。

つまり4輪が、同時に同じ速度で回転していないからです。

この役割を果たしているのが「デフ」です。

 

これを「ロック」して固定してしまいます。

すると、内輪と外輪の進む距離の違いを各タイヤが吸収できなくなるので、当然曲がりにくくなるわけです。

どうして、わざわざこんな機能が付いているのか?

 

それは雪道や悪路などで、4輪のうちいずれかのタイヤが空回りしてしまった場合に、残りのタイヤで脱出できるようにするためです。

 

これ以上は、難しい説明になりますので割愛します。

 

エスクードの4WDの機能の恩恵に授かったことは、一度もありませんでした。

望んで購入した車ではなかったですし。

 

続いて三菱GTOの4WDです。

GTOは、すべてのグレードが4WDでしたので、特別4WDにこだわった訳ではありません。

この車は、排気量3000ccのツインターボと言うハイパワー車です。

車体が重たい割に、加速がとても速いです。

 

GTOに限らず、だいたい2500cc以上ぐらいの車は、4WDかFR(後輪駆動)を採用しています。

前輪は舵取りの役割、後輪は路面に駆動を伝える役割、となります。

FF(前輪駆動)でハイパワーにすると、前輪だけでは舵取りと駆動を伝える両方をできなくなるからです。

軽自動車~2000ccは、FFが多いですね。

後輪に駆動を伝えなくてよい分、コスト面でも安くすみますし。

 

4WDと言われても、特別乗っていてそれを実感することはありませんでした。

比べるものがありませんから、違いがわかりません。

 

ただ、一度だけスカイラインの乗った時に4WDの良さを実感しました。

このスカイラインは2500ccのターボ、FR(後輪駆動)です。

こちらもパワーがある車です。

 

雨の日でした。

軽くアクセルを踏んで加速しただけなのに、ケツ(後輪)が滑っているのが分かりました。

タイヤが「ガッガッガッ」と空回りしている感じです。

この時に「4WDは、4つのタイヤで路面に駆動を伝えるから、安定するのだな」と実感しました。

 

4WDにも色々ある その2 へ続きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。