ハイエース車中泊がピンチに!キャンピングカー法改正でどうなる!?4

スポンサーリンク

我が家が昨年、3ナンバーのハイエース車中泊仕様を購入したことは、すでにお話ししました。

(10年ローンです!重要なことですので計2回言いました。)

 

今回は、ハイエースに決めた理由、3ナンバーにした理由、実際に乗った感想などをお話したいと思います。

 

まずハイエースを購入する前は、ノアに乗っていました。

ノアは、今も現役で21万kmを超えています。

ドライブしながら車中泊をするのが家族の趣味です。

ノアでは、子供1人の計3人でしたので問題なかったのですが、子供が増えてからはさすがに手狭になりました。

アルファードなども検討しましたが、やはり1BOXであるハイエースの圧倒的な室内の広さが決め手となりました。

 

そのままでのハイエースは、ただ椅子が設置してある「送迎車」です。

キャンピングカーショーなどに何度も足を運び、お気に入りのビルダーから車中泊仕様を購入しました。

 

乗った感想ですが、段差を乗り越える時の振動がやはり気になりますね。

ハイエースのサスペンション(足回り)は、リーフスプリング(板バネ)を採用しています。

これはトラックと同じです。

重たい荷物を積んでも耐えられる様な構造になっています。

ハイエースは商用車ですので、乗り心地や快適性は二の次です。

 

又、ハイエースはキャブオーバーですので、運転席の下にエンジンがあります。

エンジン音が響きますし、熱も伝わってきます。

運転席と助手席の間にあるドリンクホルダーは、すぐに暖かくなってしまいます。

 

その他、

車体が箱型で運転席が前方にあるので、運転の際見切りがしやすいです。

車重が重たく空気抵抗が大きいので、燃費は悪いですね。6~7ぐらいでしょうか。

人気があるため、中古市場も高いです。

下取りに出しても、同じ程度の他車種よりは高い値段がつきます。

それゆえ、盗難率も高いです。

純正のままですと、簡単に盗まれます。

対策をしていても盗まれます。

自宅に停めてあっても、常に神経を遣いますね。

 

私はノアからの乗り換えですし、トラックにもよく乗ります。

ですからそれほど、ハイエースの乗り心地の悪さは苦になりません。

それ以上に、「広さ」がとても魅力でした。

 

しかし、アルファードやクラウンなどの高級車からの乗り換えは、やめた方がいいでしょう。

振動や騒音が、どうしても気になってしまいます。

「アルファードからハイエースに乗り換えて失敗した」という知人がいます。

 

3ナンバーのワゴンは、乗用目的ですのでまだ柔らかくセッティングしてあります。

それでもノアの方が、振動が少ないです。

 

1・4ナンバーのハイエースバンは、もっとサスペンションが堅いです。

バンは貨物車ですので、トラックと同じ振動が来ると思って下さい。

「長時間家族で遠出」は、かなりの苦痛になると思います。

私は、これが原因で1・4ナンバーを敬遠しました。

バンでも柔らかいサスペンションに交換できますが、工賃も含めると結構なお値段になります。

 

またすべてのハイエースは、「LTタイヤ(ライトトラック)」という、重たい荷物にも耐えられるタイヤが装着されています。

これも乗り心地が堅い理由の一つです。

 

サスペンションやタイヤを、乗用車の柔らかいものに交換すれば乗り心地も改善されます。

しかし、車検が通らなくなる可能性がありますので注意しましょう。

 

「ハイエースは商用車」であること知ったうえでカスタマイズすれば、とても素晴らしい自分だけの1台になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。