血を見て倒れるのには理由があった!血管迷走神経反射の体験を語る!

スポンサーリンク

採血こわ~い!どうも管理人のだが屋です。

最近分かったのですが、血管迷走神経反射ってやつらしいです。ワタクシ。謎が解けました、じっちゃんの名にかけて。

 

血を見て倒れる

じつは、正直に申しますと私、採血すると貧血みたいな症状を起こし、しばらく横になっていないとダメなんです。か弱いでしょ?

子供の頃はこんなことなかったのですが、症状が出始めたのは30歳を過ぎた辺りからです。検査で採血すると貧血を起こし、気分が悪いのでそのまましばらく起き上がれなくなるのです。周りからは「情けないね~」と馬鹿にされました。看護師さんにも嘲笑されたし・・・クッソー覚えておけよ~。

検査で採取する血液量で貧血はありえないですよね。でも顔が悪いね「顔色悪いね」と言われるのでやはり貧血なのです。

失神したりすることはないですが、もう横になっていないとやってらんない状態です。小学校の校長先生のお話し並です。毎週月曜日は何人か倒れます。

また私は尖端恐怖症なので、ずーっと注射針見て気持ち悪くなるのかなーとも思っていました。違ったんですね。

別に出血を見るのは大丈夫なんですが、注射と言うより採血がダメみたいです。みたいって自分でもよく分からんのです。

 

血管迷走神経反射

で、先日たまたまネットサーフィン(!)していたら、血管迷走神経反射っていう病気知りました。

こ・れ・だ・! 自分の症状に当てはまります。

血に弱いのではなく、病気なんだ、同じ症状で苦しんでる人がたくさんいるんだ、と分かり少し気が楽になりました。

これでこれからは気持ち悪くなっても、「俺は血管迷走神経反射だからさっ!」って大手を振って倒れられます。

・・・それにしてもこの病名ダサくないですか?ネーミングセンス悪すぎです。迷走ってなんかふざけている印象を与えません??恥ずかしくて病名言いにくいです。

スポンサーリンク

 

最近の体験

今までは、自分が採血した時に貧血を起こして倒れていました。しかし人間、日々進化です。今度は他人の採血で見事に倒れました。自分でも情けなかったです。せっかくなのでその時の状況を自白します。

知人の通院に付添に行きました。ただの付添ですよ。で、その日は何か検査の都合で採血することになったんです。

知人はうまく歩けないので、検査室まで介助が必要なため処置室まで連れて行きました。。そこで事件が起こったのです。

私の目の前で知人が採血されようとしていますが、なぜか私が気持ち悪くなってきました。

注射針を見たわけでも血を見たわけでもなく、もちろん視線を逸らしています。

「採血をしているんだ」と思っていたら気持ち悪くなってきたのです。イメージだけでですよ。人間の想像力は凄いです。創造力ならもっといいんですが。

 

まあ座っていたので倒れるまではいかなかったですが、結構グロッキーなワタクシ。

採血が終わりロビーへ戻ります。ベンチに座っていましたが、やはり気持ち悪くて貧血気味です。

20分ぐらい座っていましたが、症状は改善されず「うーん、横になりたい」。

そして会計に呼ばれ私も窓口へ。窓口の受付の方が、次回の予約について丁寧に説明してくれます。

と、急に冷や汗が出てきて立っていられなくなりました。もう視界がかすむぐらい気持ち悪いです。

しかし、予約の説明はまだ終わりません。もう本当にノックダウン寸前です。でもここで倒れたらまた笑いも者にされる・・・。早く説明よオ・ワ・レ。

とりあえず「はい、はい、はい、はい」と矢継ぎ早に相槌ちをうって、説明を終わらせました。

話を聞く気のない、かなり失礼なやつと思われたでしょうが、私も必死だったのでご理解ください。

ようやく解放された私は、最後の気力を振り絞って車へ。もう知人なんか放ったらかしです。私が介助して欲しいぐらいです。

あとは車でしばらく横になっていました。もう二日酔いとは違った気持ち悪さです。

20分ぐらい経ったでしょうか。何事もなかったように復活しました。死の淵から蘇ったサイヤ人のごとく元気です。何だったんでしょう?これは。

やっぱり採血はダメだー、しかも他人のでもダメだーと思い知った出来事です。

 

治療法

症状やその原因は人それぞれですが、治療法は基本的にないようです。その誘発する原因を取り除くのが手っ取り早いようです。私なら採血ですね。つまり上手に付き合っていくしかなさそうです。もう倒れることを前提で採血するとかです。

 

まとめ

私の症状限定ですが、採血したり見たり想像したりする時は、倒れることを覚悟しましょう。

治療方法はないようなので、採血とうまく付き合っていきましょう。

周りに馬鹿にされますが、これともうまく付き合っていくしかなさそうです。「迷走」ですから。クッソー。

あー、これ書いて当時を思い出しているだけで気分悪くなってきた。もうここで終わります。

いつもコメントありがとうございます。あなたの採血ぶっ倒れエピソードを是非お聞かせください。

 

こちらの倒れる記事もどうぞ!

熱中症で手がしびれる時の前兆症状は?その時の恐怖の体験談!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。