宅地建物取引士試験を初心者が独学で合格した体験記!勉強法とは?

スポンサーリンク

宅地建物取引士の試験が、今年は29年10月15日に行われます。
宅建試験・・・懐かしい・・・遠い目…。

この記事では、これから宅建試験を受けようかな、と迷っている人の役に立てばと思い書きます。

私は平成20年度に合格しました。まだ主任者と呼ばれていた時代です。

試験は一発合格です。問題集とネット情報のみで勉強した独学です。

私は高校中退のズブの素人です。国家試験は運転免許以来です。それでも一発合格しました。確か39点だったと思います。

自慢です。(`・∀・´)エッヘン!!

・・・すみません、調子に乗りました。

こんな私でも合格できたので、あなたでも合格できますよ、と言うことが言いたいのです。

基本データ

宅建試験は、その年によって合格ラインが違いますが、およそ50問中32~36問正解が合格ラインです。

合格率は15~17%ぐらいです。

他の士業と比べてみると、司法書士は3%台、行政書士は10%前後、弁護士(司法試験)は20%台ですので、・・・よくわかりませんね。

そもそも難易度が違いすぎますので、率だけ比べるのは意味がないと思います。

私は行政書士も受験しようと思いましたが、時事問題が無理と思い諦めました。

ちなみに司法書士の過去問を見たら、問題の意味すら理解できませんでした。

宅建は6人に1人合格する確率です。逆に言えば6人に5人は落ちます。意外と低いですよ。運では落ちます。実力が結果に現れます。

初めての方へ

私と同じ、初めて宅建を勉強する人へのアドバイスです。今回は上から目線です。

その前に、法学部などで法律を勉強したことがある人は読み飛ばして下さい。そういう人は理解力が早いので、宅地建物取引業法や民法を勉強すれば合格は近いでしょう。

法律を勉強するのが初めての人は、まず法律用語を覚えましょう。そして法律用語に慣れましょう。

宅建自体の勉強はその後からになります。TVのCMで聞く「債務整理」の債務って意味分かりますか?債権との違いは分かりますか?波動拳じゃないですよ。

「競売」は「きょうばい」でなく「けいばい」と読みます。私は勉強し始めの頃、これらが分からなくイキナリつまづきました。

参考書読んでも過去問やっても、文章の意味が理解できないのです。日常会話では使わない単語が多いので当然です。

また「保証人」と「連帯保証人」は意味が全然違います。日常では「保証人」と言いつつも「連帯保証人」のことを指していることが多いです。家電の5年・10年保証とはまた違います。

混乱してきましたね。余計な予備知識も勉強のジャマをします。

まずは、分からない法律用語や単語をノートに書き出し、言葉の意味を正しく覚えることから始めることをオススメします。

言葉の意味を覚えて、ようやくスタートラインに立ったという感じでしょうか。

ただ一度覚えてしまえば、他の法律試験にもある程度スムーズに入っていけると思います。

ちょっと大変かもしれませんが、まずは言葉に慣れることが大切です。ニーハオ!

独学かスクールか?

独学でやるかスクールなどに通うか、迷うところだと思います。これは、その人の状況次第で決めればよいのではないでしょうか。

私は宅建の必要性に迫られていなかったので、「別に落ちてもいいや。ダメなら諦めよう」という感じでした。じゃあ何で受けようとしたんだ、という質問は却下します。

だからお金をかけるのはもったいないので、独学を選びました。宅建は人気の資格ですので、たくさん参考書やサイトがありますよ。

ちなみに勉強期間も約9か月と平均より長くかかりました。途中全く勉強しなかったりと、独学の悪い部分も出ましたが…。

必要に迫っている人は、やはりスクールなどに通ったほうが遠回りせずに、着実に実力を付けられると思います。

もちろんお金の問題もありますが、成功者に教えてもらえるということは、宅建に限らずどの分野においても成功への近道だと私は思います。

自分にあったスタイルを選んでみて下さい。

学習方法

分野別にみると、やはり宅建業法と民法(権利関係)で半分以上を占めています。この2つをしっかり覚えないと合格は難しいでしょう。

もちろん法令上の制限も重要です。ここが合否の分かれ道の分野かもしれません。

その他の分野は私は苦手でしたが、こういう分野で差が付きますので捨てることはできません。

ええ、結局全部重要ってことです。

各条文を一通り覚えたら、あとはひたすら過去問を解きます。私は10年分解きました。

この時選ぶ問題集はもちろん最新発行のもので、更に現在の法令に適合するように、過去の問題も修正されている問題集を選ぶと良いでしょう。

毎年法令は改正されていきます。民法の大改正も検討されていますよね。

過去問を解くことで問題にも慣れます。試験問題は、テキストの様に素直に出題されません。

独特の言い回しや、引っかけなどトラップ満載です。本当です。問題文を正確に読み取る力も必要です。

もちろん過去問は正解不正解だけでなく、4択すべての選択肢をチェックしてください。なぜ○なのか?なぜ×なのか?です。

4択×50問で200選択肢、×10年で2000選択肢、これぐらいは問題を解きましょう。もちろん何回もです。

慣れてきたら時間を計って、過去問を使って模擬テストをして下さい。時間に慣れることも大切です。

試験本番は時間との戦いになります。相手のLVは92ぐらいです。

本試験

朝食はカツ丼で決まりです。

時間との闘いです。LV96です。

分からない問題はすぐにチェックを入れて飛ばします。1つの問題で考え込まないで下さい。どの問題から解いても構わない訳ですから、自分の得意分野から解いていくのも一つの手です。

毎年ダチョウ倶楽部の如く「聞いてないよ~」的な難問が出題されます。

それは足止め作戦です。時間稼ぎです。出題者の性格を疑います。飛ばして下さい。

満点を取らなくも合格できます。合格ラインが40点を超えた年はありません。

つまり10問は間違えても良いことになります。なんだ余裕じゃん。

問題文は最低2回は読んで下さい。日本語は英語と違って、最後まで読まないと文章の意味が分からないので、何を問われているのかを正確に把握して下さい。

「正しいものはどれか」や「誤っているものはどれか」など最後まで問題文を読まないと、思い込みで回答してしまいます。最低2回は読んで下さい。声には出さなくていいです。

2時間ありますが、アッという間です。人生は短いです。気付けばアラフォー。

50問(200選択肢)を120分で解きます。

問題を読み込む時間と見直す時間も考えれば、各選択肢を30秒ぐらいで正否判断しなくてはなりません。

ほとんど考えている時間はないです。各選択肢は、一回読んで瞬時に判断、こんな感じです。

もしかしたら見直す時間もないかもしれません。私は解き終わった問題文に、自分の自信度を書いておきます。例えば「松・竹・梅」と言った感じです。

絶対自信のある問題は見直ししません。その分、残り2択まで絞った問題などに見直し時間を割きます。

全く分からない問題は捨てます。繰り返しますが、満点を取る必要はありません。満点でもギリギリでも合格は合格です。

他の人が得点する問題は自分も確実に得点し、他の人が苦手な問題で自分は得点する。こうして差をつけます。

つまり難しい問題は他の人も解けていませんので、解けなく大丈夫です。

他の人と差が付かない訳ですから、相対基準の宅建試験では合否には影響しません。

もちろん正解できればそれに越したことはないですが、時間をかけて解く必要はないということを私は伝えたいのです。

問題も後半に差し掛かると、思った以上の難解に不安になるかもしれません。

繰り返しますが、宅建試験は相対基準です。

平成22~23年は合格点が36点でした。平成27年の試験は31点でした。

試験問題が簡単な年は合格ラインが上がり、反対に難しい年は下がります。

難しくてもそれほど不安にならずに、最後まで諦めずに解いて行きましょう。

問題が簡単なのにあなただけ難しく感じたのなら、試験に落ちるだけです。

まとめ

受験資格がないので誰でも受験できます。資格試験の登竜門的な存在です。

しっかりと実力を付けないと合格は難しいです。その反面、私の様な素人が独学で合格できる試験でもあります。

まず法律用語に慣れることから始め、次に条文を覚え、そして過去問をひたすら解きましょう。

本試験では、時間配分が勝敗を分けます。練習の段階で、時間を計って問題を解くクセを付けましょう。

一度合格すれば一生その資格は有効ですので、是非がんばって下さい。

いつもコメントありがとうございます。あなたの資格取得体験談をぜひ聞かせて下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。