ワールドカップ2018ロシアの伏兵国にスイスやアイスランド?番狂わせは?

スポンサーリンク

いよいよ開幕しました、サッカーのロシア・ワールドカップ2018。

いきなりロシアが圧勝したのには驚きましたね。

ロシアは、FIFAランキング70位ですので。

 

さて、大会を盛り上げるのは日本代表や強豪国だけではありません。

過去の大会では、伏兵国や番狂わせも大いにワールドカップを盛り上げてきました。

そんなロシアみたいな伏兵国や、番狂わせが起こる可能性について見ていきましょう。

 

ワールドカップ2018の伏兵国はどこ?

ワールドカップでは、日本や優勝候補国ばかり注目されますが、彼らを脅かす伏兵国の存在を忘れてはなりません。

そんな伏兵国を独自に選んだ3カ国紹介します。

 

伏兵国① アイスランド

今大会が初出場となるアイスランドですが、ユーロ2016では8強進出という快挙を成し遂げました。

全員がハードワークをするサッカースタイルは、このロシアワールドカップ2018でも健在。

サポーターのバイキング・クラップとともに、ダークホースになること間違いなしです。

 

伏兵国② スイス

攻守に優れたチーム力を持ち、強豪国とも互角に渡り合える戦力があるといっても過言ではないでしょう。

ベスト8、ベスト4進出も夢ではないはずです。

 

伏兵国③ セネガル

各ポジションに優秀なタレントが揃っており、高いポテンシャルを持っています。

特に前線のマネは、代えの効かないエースと言えます。

うまくいけば、2002年以来のベスト8進出も不可能ではないでしょう。

 

ワールドカップ2018に番狂わせはあるの?

前回のブラジルワールドカップ2014で、驚くべき番狂わせといえばコスタリカですよね。

ウルグアイ、イタリア、イングランドと同組ながら1位通過。

その勢いでベスト8まで進出しました。

今回のロシアW杯では、コスタリカのような番狂わせはあるのでしょうか?

 

まず、今回のロシアW杯で死の組と思われるグループを見てみましょう。

 

グループB・・・ポルトガル(4位)、スペイン(10位)、モロッコ(41位)、イラン(37位)

グループC・・・フランス(7位)、オーストラリア(36位)、ペルー(11位)、デンマーク(12位)

グループF・・・ドイツ(1位)、メキシコ(15位)、スウェーデン(24位)、韓国(57位)

 

前回のブラジル大会ほどの死の組はないものの、この3グループが他より難しい組と言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

番狂わせの可能性 グループB

このグループは、2強(ポルトガル・スペイン)2弱(モロッコ・イラン)と言えます。

実力差はかなりありますが、この組でポイントなのは試合日程です。

初戦でまず、2強同士が対戦する日程は波乱のタネとなるでしょう。

 

この試合で負けた方は、とりこぼしが許されないという状況下でその後の試合を戦わなくてはなりません。

いくら強豪とは言え、プレッシャーなどから隙は生まれて来るはずです。

その隙をつければ、伏兵国の番狂わせも不可能ではないでしょう。

 

番狂わせの可能性 グループC

この組は、ランキングで7位のフランス、11位のペルー、12位のデンマークが集まっており、最も難しいグループと評価する声もあります。

 

その中で、オーストラリアだけが戦力的に劣っているとみられています。

特に前線は、ケイヒルに代わるエースが不在です。

しかし中盤にはタレント力があり、ユリッチが奮闘さえすれば番狂わせも少なからずあるでしょう。

 

番狂わせの可能性 グループF

ドイツ1強と言えるグループFですが、2位争いはメキシコ vs スウェーデンというのが大方の予想です。

しかし最弱とみられている韓国は、日程的には最も恵まれており、エースのソン・フンミンが活躍さえすれば、番狂わせの可能性も十分にあります。

 

各グループの日程も勝敗を大きく左右するのです。

 

ダークホース コスタリカの再びの躍進はあるのか!?

前回のW杯で、大躍進をしたコスタリカ。

その再現は難しいとの声もあります。

しかし、前回もほぼ無理だと言われていたグループステージ突破をやってのけました。

この経験と潜在能力は侮れません。

 

今回もブラジル、スイス、セルビアと同組ですが、再び奇跡を起こす可能性も十分にあるでしょう。

もちろん対戦国も警戒してくるはずです。

 

いかがでしたか?

皆さんも是非ロシア・ワールドカップ2018では、日本代表や強豪国だけではなく、伏兵国による番狂わせが起こるのかどうかも注目して見てください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。