スリーツインズアイスはどんな味?オーガニックって美味しいの?

スポンサーリンク

どうも!管理人の僕です。

 

前回は、日本初上陸となったThree Twins Ice Cream(スリーツインズ アイスクリーム)の場所について書きました。

スリーツインズアイス代官山の場所はどこ?行き方や駐車場はあるの?

 

今回は、その気になるスリーツインズアイスの味について書いてみようと思います。

オーガニックのアイスってどんな味がするのでしょうか?

 

スリーツインズの味は?

オーガニックアイスクリームでは、全米で売り上げNo.1というThree Twins Ice Cream。

そんなこと言われたら、誰でもその味が気になっちゃいますよね。

1号店となった代官山店では、11種類のフレーバーと5種類のトッピングが楽しめます^^

 

その中のいくつかを食レポ風にご紹介して行こうと思います。

 

マダガスカルバニラ

ではまず定番のバニラから。アイスと言えばバニラでしょ。

スリーツインズアイスでは「マダガスカルバニラ」というフレーバーになります。実はこのマダガスカル産バニラビーンズって、世界的に有名なんですよ。

その味の特徴は、とにかくクリーミーというかミルキーな味わいで、口の中でとろけるような食感なんです。ジェラートとシャーベットを足して2で割ったような感じ。

後味すっきりでくどくはないし、何よりこのとろける食感がクセになりそうです^^

迷ったらまずは、このマダガスカルバニラを食べてみて下さい。

 

尚、5種類のトッピングのうち、どれとでも相性がいいのがこのバニラ。

僕のオススメはラズベリークリスプですね。バニラの甘さに、ほのかな甘酸っぱさが抜群に美味いのです!

 

ミントコンフェティ

スポンサーリンク

こちらはチョコレート系のアイス。ミントはアイスクリームの中で定番ですが、好き嫌いが分かれますよね。

チョコミント好きな人たちを「チョコミン党」って呼びますが、僕はどちらかというとニガテな方です・・・。

 

そしてこのミントコンフェティ。なんと見た目が白っぽいのです。

ミントって青色のイメージですよね。でもこの青色は着色されているのです。

今は天然の着色料が主流ですが、僕が子供の頃は合成着色料ばかりでした。あの絵の具みたいな色は、絶対に体に良くないと思います。

スリーツインズアイスはオーガニックにこだわっていますので、こうした着色料を使っていないのです。

白いミントって何か変な感じですが、これが本来の姿なんですね。

 

そして気になるお味は・・・

 

あのミント独特のツンとくる刺激がありません。ミルキーなアイスにミントの葉っぱを添えたような、優しい爽やかな香りがします。

でもこれじゃ、チョコミン党の人には物足りないかも?

 

このように、オーガニックだと視覚的には物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、味覚は今までにない発見があります。というより、今までが騙されていたって感じでしょうか。

オーガニックアイスは美味しいですよ。体にも優しいです^^

 

モカディファレンス

甘くてクリーミーなアイスもいいですが、ほろ苦い味が好きな人にオススメなのがこのモカディファレンス。

アイスクリームにはオーガニックコーヒー豆が使われているという、ここにも創業者のこだわりが感じられます。

コーヒービーンズチップが入っているので、ほろ苦くてクランチな食感が楽しめますよ。

ツンと来ないミントもそうですが、苦いアイスも味の想像が付きませんよね・・・。

 

ワッフルコーン

最後はアイスではないですが、是非ご紹介しておきたいのがワッフルコーン。

スリーツインズアイスでテイクアウト(持ち帰り)すると通常はカップですが、+100円でワッフルコーンも選べます。

そしてこのワッフルコーン、なんと店内で焼き上げているのです!

もちろんこのワッフルコーンの原材料、小麦粉・きび糖・バニラエッセンスともすべてオーガニックです。

 

焼き立てのワッフルコーンは甘い香りが漂い、サクサク感が全然ちがいます。これは一度食べたら病みつきになりますよ~。

100円払ってワッフルコーンだけ売って欲しいぐらいです(笑)

 

まとめ

とてもじゃないですが、11種類のフレーバー+5種類のトッピング、すべて書ききれません。

まだ代官山にしかお店はありませんが、近くに立ち寄った際には是非寄ってみて下さい。代官山駅の中央出口にあります。

このスリーツインズアイスは、新しい発見がありますよ^^

アイスの常識が変わるというか、今まで何だったんだろうってきっと思うはずです。

どうせアイスを食べるのなら、オーガニックな食品で安心安全に食べたいですからね。

スリーツインズアイスの店名の意味は?メニューの種類や値段も!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。