お台場プロジェクションマッピング3月17日開催の時間や場所は?

スポンサーリンク

どうも!管理人の僕です。

 

今年2018年3月17日(土)にお台場で「水辺を彩る江戸祭」が開催されます。

その中の見どころのひとつ「ウォータープロジェクションマッピング」の時間や場所についてご紹介します。

 

ウォータープロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングって最近人気ですよね。特に冬のイルミネーションとならんで、近年では注目されています。

でもウォータープロジェクションマッピングってどういうことなんでしょう?

ウォーター=水?

そうです。

海上に幅40メートル、高さ20メートルの水の幕(スクリーン)を張り、そこにプロジェクションマッピングを施すのです。これは画期的なアイデアですよね。

噴水などがライトアップされるだけで幻想的なのに、それをプロジェクションマッピングまでしてしまうとは。

さて、そのお台場のウォータープロジェクションマッピングの詳細を確認していきましょう。

 

時間

まず日にちは3月17日。土曜日ですので間違えないで下さい。

ウォータープロジェクションマッピングは、陸上(海浜公園)と海上(FGOコラボおしょくり船)の両方から鑑賞できるようになっています。

 

① 陸上向け18:10~

(海上向けは18:00~と18:20~の2回)

 

② 陸上向け19:00~

(海上向けは18:50~と19:10~の2回)

 

③ 陸上向け19:50~

(海上向けは19:40~と20:00~の2回)

 

④ 陸上向け20:40~

(海上向けは20:30~と20:50~の2回)

※上映時間は各回約10分です。

※予告なく上映時間が前後する可能性があります。

 

場所

鑑賞場所は、お台場海浜公園内のマリンハウス前です。

 

お台場海浜公園駅の北口を出た先ですね。

 

その鑑賞場所ですが、まず会場となるお台場海浜公園への入場は無料です。

しかも陸上では、浜辺から間近で鑑賞できる「特等席」が用意されています。

この特等席はウォータープロジェクションマッピングを間近で見られる有料立見席となります。特等「席」なのに立ち見なんですね。

でも正面から見られるベストポジションなので、せっかく楽しむのなら迫力あるウォータープロジェクションマッピングを鑑賞したいですよね。お台場の夜景も一緒に味わえます。

スポンサーリンク

 

【チケット料金】

※時間指定、入れ替え制

前売券

「特等席手形+3文チケット」2,000円(税込)

 

当日券

「特等席手形」1,000円(税込)

 

3文チケットというのは、江戸祭のフードエリア「江戸メシ街道」で使えるチケットのことです。1文は400円相当になります。江戸ですから「文」というわけです。

ちなみにウォータープロジェクションマッピングは、「水幕電子描画」と呼ばれています。なんか中国語みたいですね。

当日券の枚数には限りがありますので、お早めにどうぞ^^

 

気になる海上からの鑑賞「FGOコラボおしょくり船」ですが、お値段はナント16,000円(税込)!

でも料理とビール飲み放題が付いていますからね。って、そう、ウォータープロジェクションマッピングを楽しみながら食事ができるです。

しかもお土産付きです。

 

こんな贅沢なFGOコラボおしょくり船。やっぱりチケットはすでに完売です・・・残念。

 

まとめ

2018年3月17日(土)にお台場で「水辺を彩る江戸祭」が開かれます。

その中でも注目のイベントが「ウォータープロジェクションマッピング」。

鑑賞場所は、陸上の無料エリア、有料エリア、海上の船からと3通り。

海上からのチケットはすでに売り切れています。

 

どんなプロジェクションマッピングになるのか、当日が楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。