レゴランド名古屋に近い宿泊施設は?公式ホテルのオープンはいつ?

スポンサーリンク

いや、ついにきました。レゴランド名古屋の公式ホテルが2018年4月28日にオープンします!

 

いいですね、これでレゴランドが近くなります。すぐ隣ですから大歓迎ですね。

( ̄◇ ̄;)エッ

どういう意味か分かりますか?

すでにオフィシャルパートナーホテルなどを利用して、レゴランドに行った人ならお気付きのはず。

「ホテルからレゴランドって近そうで遠いよね。」

だってオフィシャルホテルや旅行会社で案内されるホテルって、ほとんどが名古屋駅近くばかりですよね?そこからレゴランドまでは、確かに同じ名古屋市内です。直線距離も10kmちょっとと、まあ距離としてビミョーですが。

でもレゴに近い宿泊施設を探すとなると、やはり名古屋市の中心になります。残念ながらレゴランド近辺にはホテルなどがほぼありません。

で、「あんな名古屋の中心で混雑しているところから、レゴランドまで行くってどうよ??」って僕は言いたいのです。時間が思った以上にかかると思いますけど・・・。

レゴランドは10時オープンなので、確かに通勤ラッシュは避けられそうです。また名古屋市内から郊外へ向かうので、人の流れとは逆方向でそんなに混まないかもしれません。

 

でもね、名駅(名古屋駅)がある中区からレゴの港区までどれだけあると思いますか?本当にレゴランドは名古屋の端っこですよ。

電車で行く場合は、「あおなみ線」に乗れば乗り換えなしで行けます。ただし終点まで乗ってください。

車で行く人はどうなんでしょ?オフィシャルホテルの紹介には「レゴランドまで車で30分」ってありますけど、30分じゃ無理でしょ!

初めて車で名古屋市内を走る人は戸惑いますよ。仮にも日本では大きな都市でしかも世界のトヨタがある愛知県です。交通量も多いです。道路も訳が分かりません。ナビがあっても間違えますよ。周りの車もウインカーなしで平気で割り込んで来くるので、朝からイライラMAXでしょう。

しかも名古屋高速は日本で一番料金が高い都市高速道路で、しかも右側から合流するところもあるので、初心者や田舎者にはハードルが高いです。かと言って調子に乗って飛ばすと、60km/h制限なので捕まります。僕(田舎者)もたまに仕事で名古屋まで行きますが、はっきり言って走りたくないです。市長は、名古屋弁コテコテだし・・・関係ないか。

名古屋市(愛知県)は高速道路も多いですが、一般道路も発展しています。国道1号線と23号線ですね。通勤時間帯はチョー渋滞します。レゴランドへはこの2つの道路は通りませんが、縦断するので超えるのに時間がかかると思います。

スポンサーリンク

 

地元の人なら抜け道や、混まない道路を知っていると思います。が、初めて愛知県に行く人は気を付けた方が良いですよ。「ホテルは同じ名古屋市内だからいいね♪」と思うと、大変な目に遭うかもしれません。ナビは基本、大通りを案内しますよね・・・。30分じゃ着かないと思うけどなぁ。

もちろん、帰りも同じことが言えます。1泊のみでホテルに戻らないのならまだ良いかもしれません。レゴの帰りの夕刻に、車で名古屋駅まで行くのはどうかと思いますよ。

 

・・・と前置きが長くなりましたけど、公式ホテルはレゴランドのすぐ隣。だから「待ってました~」なんですね。

え?客室の内容?

僕ならアンバサダー泊まりますけどね。客室ではなく、場所が近いから良いってことをお伝えしたかったのです!

(*´Д`)

 

繰り返しますが、公式以外でレゴの近くの宿泊施設は本当にありません。もちろん探せば小さな旅館などはあるでしょうが、ネット上では探しきれませんでした。名古屋市内を諦めて、知多半島方面や三重県方面で探すっていう手もありますが、今度は前述の国道23号線を走ることになります。

伊勢湾岸道路なら近いですが、高い入場料払う上にさらに高速代も払います?まあ公式ホテルはもっと高いですが・・・。

どなたかオフィシャルパートナーホテルに泊まった感想をコメント欄に下さい!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。