高級魚クエの価格の相場は1匹いくら?美味しいけど値段は高いの?

スポンサーリンク

♪クエクエクエ~♪ チョコボォ~ル(チョコボォ~ル)

どうも管理人の僕です。

TV番組「相葉マナブ」で幻の高級魚「クエ」を捌(さば)いていましたね。

 

ところでクエって知ってましたか?僕は食べたことはないですが、むかし福井県のとある旅館でクエのメニューを見たことはあります。

もちろん「品切れ」だったし、仮にあっても注文はしなかった(と言うかできません…)ですけど。その時の値段は覚えていませんが、「高いな~」っていう記憶だけは残っています。

今回、相葉マナブを見て気になったので、クエの相場の値段などを改めて調べてみました。

 

クエが有名な地域は、和歌山県長崎県ですね。

クエ1匹辺りの相場は・・・養殖でキロ3000円前後。天然だとキロ1万円ほど。やはり高級魚と言われるだけあって値段が高いですね・・・。

 

クエの相場

色々調べてみましたが、値段に差があります。クエ自体の大きさも重要で、小さいものだと比較的安いですね。

養殖もので2~3kgサイズだと、キロ5千円と言うのを見かけました。これが天然で10kgサイズになると、キロ8千~1万円になります。

※キロ辺りですから、ちゃんと重さを掛けて下さいね。ビックリする値段です。

 

クエは30~40キロサイズが釣れることもあり、これぐらいの大きさだと20万とも30万とも言われます。僕の月給が全部飛んでいく値段ですね・・・(-_-;)

クエの旬はやはり冬ですが、値段も時期や大きさによってかなり差がある印象です。

僕が思うには、クエは幻と言われるぐらいなので、流通量が少なくそれほど相場が安定していない(できあがっていない)のかなと思います。

 

次にネット通販を調べてみました。

クエと言えば寿司や刺身もいいですが、「クエ鍋」が有名ですね。楽天などでこのクエ鍋セットが売られています。

相場はだいたい500gで1万円ぐらいでしょうか。なんか高いのがどうかよく分からなくなってきました・・・。

 

ちなみに松阪牛の高いヤツは、1kg当たり3万円ぐらいしますので、それに比べればクエが安く思えます。

でも肉牛って育てるのにすごい経費が掛かりますからね。クエは捌(さば)く手間はありますけど、釣り上げるだけですから。

 

 

美味しい

クエってどんな味なんでしょう?これ書いていたら食べたくなってきました(その前にお金貯めないと・・・)。

口コミを見ると

 

・フグより美味い

・クエを食べたら他の魚は食べられなくなる

・脂が乗っているのにしつこくない味わい

・ゼラチン質のプルンとした食感

・クエからでたダシも美味い

 

食べてみたい・・・。どなたか感想をコメント欄へお願いします。

スポンサーリンク

 

偽装事件

余談ですが、昔クエの偽物が出回ってニュースになりましたね。アブラボウズっていう魚をクエと偽って販売していたようです。

もう今から10年ぐらいの話ですが。

 

アブラボウズも脂が乗っていて美味いみたいですね。ただ乗りすぎていて、食べ過ぎると下痢を起こすと言われています。

こう聞くとアブラボウズって安いんだ~って思っちゃいますが、アブラボウズも立派な高級魚。貴重な魚で滅多にお目にかかれません

それ以上にクエが「超高級」のレアなので、アブラボウズが偽装に使われたようです。

 

実際に食べた人は気が付かないようですね・・・。活けた状態なら、釣り人や漁業関係者なら見分けが付きますが、素人にはまず分からないです。

ましてや捌いてしまったら、「クエです」と言われればクエと思って食べてしまいます。味音痴な僕なら120%騙されそうですね。

 

またアラとも似ていますし、クエにも天然と養殖があります。初めて食べる人は予習をした方が良さそうですね。

今は偽造はないかと思いますが、もしかしたら相場より安いクエに出会った場合は、少し気を付けた方がいいのかもしれません。

ちなみに「アラボウズ5匹でクエ1匹と交換」とかいう制度はありません(笑)。

 

♪クエクエクエ~♪ チョコボォ~ル(チョコボォ~ル)

とりあえず今晩は、サンマ買ってきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。