お雑煮の餅の代わりになる具材は?味付けは醤油か味噌のどちらなの?

スポンサーリンク

こんにちは、パティシエのエミ~です ^^

まもなく新年がやってきますが、お正月と言えばやっぱりお雑煮ですよね!我が家では主人がお雑煮が大好物なので、季節関係なく年中作っています(笑)。

でもお正月となると毎年「お年寄りがのどに餅を詰まらせた!」というニュースをよく耳にします。また、餅があまり好きじゃないという方も中にはいるかと思います。そうなるとお雑煮は良いけど餅が・・・となっちゃいますよね。

そこで今回、私がお雑煮の餅の代わりになる具材を3つ考えましたのでご紹介します。

 

私のおすすめの3つは・・・

・白玉

・すいとん

・きりたんぽ

です。

どうですか?全く味の想像が付きませんよね。どれもオススメですよ。

この3つについてそれぞれ紹介していきます。

 

白玉

まずはこれ、白玉。

白玉と言えば、お汁粉やあんみつなどの甘味に使われているイメージがありますよね。でも実は、白玉自体に甘さはないのでお雑煮に入れても味の邪魔をすることはないのです。

お餅のようにモチモチしていますが、つるっとしているのでとっても食べやすい。もちろん喉の詰りには気を付けなければいけませんが、お餅に比べれば全然食べやすいです。

今回の3つの具材の中で、一番多くの人になじみ深いものだと思います。ぜひ一度お試しあれ~。

すいとん

白玉と似ているのですが、すいとんも同じように使えます。白玉は白玉粉から作りますが、白玉粉を常備しているというご家庭は少ないと思います。しかし、小麦粉ならどのご家庭にも置いてありますよね。

すいとんは、この小麦粉と水があれば簡単に作ることができます。小麦粉に少しずつ水を入れてこねて、耳たぶぐらいの固さになれば、ハイ出来上がり!簡単でしょ?

お餅というよりは、モチっとしたうどんに近いかもしれません。でも柔らかいのでお年寄りでも簡単に噛み切れて、飲み込むのも楽ですよ。他の具材との相性も良く、これがまた合うのです。

 

きりたんぽ

そして最後の3つ目は、秋田県の名物として有名なアレです。きりたんぽ。

これは元々、お餅と同じ原料であるお米で作られているものです。鍋としてよく食べられていることからも分かるように、汁物に入れて食べても美味しいのでお雑煮にもよく合います。

きりたんぽと言えばちくわのような筒状のものになりますが、秋田の家庭ではきりたんぽを筒状にしないで丸い形にしたものを鍋や汁に入れて食べることが多いです。これは「だまこ」と呼ばれている秋田県の郷土料理です。

作り方はこちらも簡単、炊いたお米を潰して手で丸くするだけです。汁物に入れて食べるのですが、きりたんぽのような形を作るよりもかなり簡単です。この「だまご」もモチっとしていても伸びることがないので、のどに詰まらせる心配がありません。

 

味付け

さてそのお雑煮ですが、中に入れる具材も色々ですが、地域やご家庭によって味付けも様々ですね。皆さんのご家庭ではどんな味付けにしているのでしょうか?

スポンサーリンク

 

全国的に見ると、醤油で味付けをする地域が多いようです。また味噌(みそ)で味付けをする地域もありますが、味噌と聞くとどうしても名古屋を連想しますよね。実際はどうなんでしょうか?(名古屋の人、コメント下さい)

私が住んでいるところは醤油で味付けをし、具材は鶏肉・大根・人参などがメインです。あとはゴボウ・椎茸・凍み豆腐(高野豆腐)・かまぼこなどなど・・・。小さい頃からお雑煮と言えばこんな感じでした。

そんな郷土の味に慣れ親しんだ私が驚いたのは、香川県のお雑煮を頂いた時です。白味噌で味付けがしてあって、真っ白な汁の中に丸いお餅が入っていたのです。そして何と!そのお餅の中にはあんこが入っていました!この衝撃的な組み合わせに私はかなり驚きましたが、香川県ではそれが当たり前に食べられています。

しょっぱい汁なのに甘いあんこが出てきて、う~ん何と表現したらよいのやら・・・残念ながら、私はまた食べたい!とは思えませんでした(笑)。

香川県のみなさん、すみません。でも、こういった地域差を知るのも面白いですよね。

こうして見てみると、全国的には醤油(すまし)の味付けが多いですが、地域によっては面白い(?)味付けもあります。色々と試してみるのも良いかもしれませんね。

 

まとめ

いかがですか?お雑煮ひとつ見ても様々なものがありますね。

お雑煮は地域だけでなく、それぞれのご家庭によっても味付けや具材を工夫されていると思います。またお餅以外にも代用できるものとして、白玉・すいとん・きりたんぽなどを紹介しました。どれも醤油でも味噌でも、どちらの味付けでも合います。両方食べ比べて見るのもいいですね。

最後にお餅が嫌いな人で、さらにこれら白玉・すいとん・きりたんぽもあまり得意ではないという人もいると思います。そんな人は無理にお餅等を入れなくても、野菜などの具材をたくさん入れることで十分美味しく頂けますよ。

慣れ親しんだ味を作るのも良し、新たな味や具材に挑戦してみるのもまた楽しみがあっていいですよね!香川県のお雑煮は、機会があればぜひ食べてみて下さい。感想をお待ちしております。

※この記事は「エミ~」さんが書きました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。