ケーキのいちごがない時に代用になるものは?お店はどうしてるの?

スポンサーリンク

こんにちは、パティシエのエミ~です ^^

ケーキの定番と言えば、やっぱり”いちご”ですよね。特にクリスマスケーキには、あの赤い色は欠かせません。

でも、そのいちごの旬っていつぐらいかご存知ですか?多少の地域差はあるものの、一般的に4~5月が旬とされています。何が言いたいかというと、旬ではない時期、つまり冬場などのいちごはどうしているのかな、と。考えたことないですよね?だってケーキ屋さん行くと必ずいちごが乗っていますから。

今回は、もしあなたがケーキを手作りしようとした時に「スーパーにいちごが売っていない!何か代用になるものは?」とか、「そう言えばケーキ屋さんは、いちごはどうしているんだろう?」ていう疑問について書いてみます。気になるでしょ?

先にざっくり答えちゃいますと、いちごの代用には他のフルーツや冷凍もの、マジパン等を使います。

またケーキ屋さんは、今はハウス栽培の技術が進んでいるので、いちごの旬でない時期でも割と手に入りやすくなっています。

詳しく見ていきますね。

 

いちごの代用

さて、ケーキ作りにいちごがない時はどうしましょうか?実はこういう時は他のフルーツを使います。スーパーなどで、年中安く手に入りやすいフルーツってありますよね。例えば、キウイ・オレンジ・バナナといったものです。

そういったフルーツをふんだんに乗せると、とってもカラフルになってとてもきれいなデコレーションケーキができあがります。先ほどのキウイ・オレンジ・バナナだったら緑・オレンジ・黄色ですね。

しかし、どうしてもあのいちごのような赤がアクセントで欲しいな~という時は、いちごより安価で手に入りやすいりんごで代用してみるのはどうでしょうか。敢えて皮を残してカットして乗せてあげると、皮の赤が差し色になって一段と華やかになります。

また、いちごの味が好き!どうしても定番のいちごを乗せたい!という方は、冷凍のフルーツを代用してみるのも手かもしれません。いちごだけのものや、数種類のベリーが入っている冷凍ミックスってありますよね。冷凍のフルーツであれば、季節関係なく年中スーパーや製菓材料を扱うお店で見つけられます。

すぐに食べるのであれば、そのまま半解凍の状態で冷たく頂くのも美味しくてオススメです。ただ解凍していくにつれて、水分が出てきてしまいクリームに色が滲(にじ)んだりしてしまうこともあります。そうするとちょっと見た目が・・・。

そんな時は、いちごにナパージュというゼリー状に固まるつや出しを塗ってあげます。そうすることできれいな状態をキープできますよ。ナパージュは製菓材料店で簡単に手に入ります。

スポンサーリンク

 

また、いちごの特製ジャムも試してみて下さい。ちょっと工夫をして、敢えて最初からいちごの形が残る程度に砂糖と水で煮て作るのです。これをケーキに乗せてあげるのも、きれいで美味しそうに見えますよ。

あとは、思い切って本物のいちごを諦めてみるという方法です。そしてマジパンという粘土のように捏(こ)ねて好きな形を作れる細工菓子を代わりに使うのです。よくケーキに乗っている人形なんかのアレです。

当然いちごの味は全くしませんが、細工菓子でいちごを作って乗せてあげると、とっても可愛らしく仕上げられるのですよ。見た目重視の方は是非チャレンジしてみて下さい。

 

お店はどうしているの?

いちごが旬ではない時、ケーキ屋さんではどうしているのでしょうか?言われてみれば気になりますよね。ケーキ屋さんでいちごが売り切れって見たことないですから。

実は、私が勤めていたお店では、いちごの入荷がないということが一日足りともありませんでした。365日、いつでもいちごが届くのです。

そのわけは青果店と契約していて、年中全国からいちごが入荷されるからです。時期によって産地や銘柄が様々変わり、時には海外から輸入されたものが届くこともありました。

今はハウス栽培の技術が進歩しているだけでなく、いちご自体の品種改良も進んでいて、旬じゃなくても甘くて美味しいいちごが収穫できるのですね。農家の方に感謝です。

 

ただどうしても、時期や銘柄によっては甘くなかったり、色が鮮やかではなかったりということはよくありました。そんな時には、先に述べたナパージュというツヤ出しを塗っていました(ナイショですよ)。これには甘さもあるのでイチゴの酸味が多少和らぐうえに、さらに色素やジャムを加えることで赤く色付いて鮮やかな色が出せたりします。

また、いちごが傷んでいるわけじゃなくても赤い色が濃すぎて黒っぽく見えることや、逆に白っぽくて見た目が悪いことありますよね。そんな時はいちごに軽く粉糖(粉砂糖)を振ってあげると、色の印象が変わるだけでなくちょっとオシャレにさえ感じるのです。

お店では、いちごが手に入らないということはなくとも、時期によってはどうしても味や見た目に差が出てしまいます。だからと言って、いちご自体の味を変えることはどうやってもできません。そこでちょっと手を加えて、年中同じようにお客様にいちごを楽しんで頂けるように工夫しているのです。

言われなければ分かりませんよね?次にケーキ屋さんに行った際には、よ~くいちごを眺めてみて下さい(笑)。

※この記事は「エミ~」さんが書きました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。