建売住宅の仲介手数料で騙された人を見た!請負契約との違いは?

スポンサーリンク

誰もが夢見るマイホーム。

マイホームを購入する時、ほとんどの人が不動産屋さんを訪ねると思います。

今回は、実際その不動産屋さんに「建築条件付」のマイホームを購入の際数十万円ほど騙された人のお話です。

「建築条件付」における仲介手数料のトラブルは、本当に多いです。

契約書にサインをしてしまったら、もう後の祭りです。

これからマイホームの購入を検討の方は、今後のご参考になればと思います。

 

余談ですが私は、騙されて事故車を買わされました。

「いい勉強になった」と今は思っています。

 

なぜなら、車は生涯何台も乗り継ぐので、その後の知識になるからです。

 

しかし、不動産はおそらく一生で一度の高額な買い物です。

騙されても次がなければただの失敗になってしまい、ずっと後悔することになります。

 

批判を覚悟で言いますと、営業職というのは基本、お客を騙します。

良いことしか言いません。私も営業マンでした。

「お客様のために!」ではなく「自分の営業成績のため!」が本心です。

セールストークに騙されないよう、自己防衛をして下さい。

 

マイホーム購入で舞い上がっているときは、セールスマンの格好の餌食ですよ!

 

 

仲介手数料とは

不動産屋さんに不動産物件を仲介(紹介)してもらった際に支払うものです。

手数料の上限は、「売買価格の3%+6万円(税別)」と法令で決められています。

この上限以上の金額を、不動産屋さんは受け取ってはいけません!

 

例を挙げます

①1000万円の土地を購入した場合、この1000万円に対して仲介手数料が発生します。

②4000万円の建売住宅を購入した場合、この4000万円に対して仲介手数料が発生します。

③1500万円の土地に、参考プラン2000万円の建築条件付建物を購入した場合、さて・・・??

 

①は単純ですね。土地だけ仲介してもらったので、手数料は36万円(税別)です。

②は建物と土地がセットです。両方を仲介してもらったので、手数料は126万円(税別)です。

③は??

 

建築条件付とは、ある工務店(ハウスメーカー)が土地を売り出しています。

その土地を購入後、その工務店で家を建てることを条件とした契約です。

一定期間内に家を建てなかったら、契約は白紙になります。

 

チラシ広告には、だいたいこう書いてあります。

「土地40坪、1200万円。建物参考プラン床面積100㎡、2000万円。合計3200万円

建物は、土地購入後にプラン決定し、設計や価格が決まります。

 

今回のそのお客さんは、上記チラシの物件を購入しました。

まず、土地40坪・1200万円の契約となります。

この時点の仲介手数料は42万円です。

建物はまだ決まっていないので、契約しようがありません。

土地契約後、何回か工務店と打ち合わせをして、建物が床面積110㎡、2300万円と決まりました。

ここで契約書を作り直します。

土地と建物合わせて合計3500万円です。

 

建売住宅同様、3500万円に対しての仲介手数料111万円を不動産屋さんに支払いました。

めでたしめでたし??

 

請負契約との違い

ちょっと待って下さい。

不動産屋さんに仲介(紹介)してもらったのは、土地だけです。

建物は、お客さんと工務店とで決めたものです。

土地の売主である工務店とは、土地の売買契約と建物の建築請負契約を交わすのです。

不動産屋さんには、土地のみの仲介手数料で済みます。

建売住宅とは違います。

建売住宅は、売主と土地と建物の売買契約を交わします。

建築請負契約はありません。

ですから、仲介手数料も土地と建物の両方に発生します。

 

恐らくこのお客さんは、営業マンのセールストークに騙されて、当初から契約書を作りなおすことに同意していたのでしょう。

何のためらいもなく、作り直した契約書にサインをしていました。

 

これは10年ほど前の実話なのですが、そのお客さんは今も騙されたことに気が付いていないと思います。

 

やっぱり契約書

営業マンがどんなことを言っても、必ず契約書を隅々まで読んで理解をしてください。

「この営業マンは大丈夫。」が一番危ないです。

相手のほうが話術も知識も上手です。

最後はやっぱり契約書です。

 

中には、建物をあっせんするという業務請負契約書で契約させるケースもあります。

仲介手数料としては受け取れないからです。

 

契約書にサインをしてしまったら、変更することは容易ではありません。

違約金まで請求されるかもしれません。

 

 

まとめ

建売住宅は、土地だけの仲介手数料で済みます。

建物は、工務店との建築請負契約です。

悪徳不動産屋に気を付けましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。