選挙の当選確実の仕組みは?誤報で落選になったりしないの?

スポンサーリンク

みなさん、選挙権を行使していますか?選挙権があるのなら投票に行きましょう。行かないのに政策に文句は言っちゃだめですよ。僕はそれは、決められた仕事をやらないのに文句ばかり言っている社員のように思えます。

ところで衆議院選挙地方選挙などでテレビ観ますよね?選挙に興味がなくても、画面の端っこに開票経過がテロップ表示されるので自然と視界に入ってきます。

僕はそれで、ずっと子供のころから気になっていたことがあります。それは「開票率1%で当選確実」の速報。

ちょっとね、開票率1%で当選確実は幾らなんでもフライングし過ぎでない?・・・「その心は?」って笑点みたいに聞きたくなっちゃいます。

でもあれって、事前に色々な調査をしてそれを統計学を用いた結果の根拠があって速報しているのですね。

((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ 僕はこれは知らなかったです。てっきり各テレビ局に「予想屋」みたいのがいて、その人が速報を出しているのかと思いました。

それにしても「確実」って言い切ってるのがすごいなぁって。もし間違って誤報で落選でも出したら損害賠償モンじゃね?・・・え?でも過去には、当選確実の速報が実は間違えで、 

ゴメン(-人-;)(;-人-)ゴメン 

ってことがあったみたいです。

 

当選確実の仕組み

なぜ開票率が1%なのに当選確実と言い切れるのでしょうか?中には開票率0%で当選確実って言うのもありますよね?だったらもう選挙自体しなくてもいいのでは?って思っちゃいますが・・・。

実は、このテレビ局の当選確実の仕組みはこうです。

 

事前調査

まずテレビ局は事前調査をします。選挙の「電話調査」ってかかってきたことありますか?「今度の知事選挙ですが、誰に投票予定ですか?」って電話で聞くのです。アンケートみたいなものですね。これはもちろん、無作為で選んだお宅にかけますよ。

僕は最近は変な電話が多いので、知らない番号はガン無視していますけどね。でも事前に聞かれても、そもそも立候補者すら知らないって人が多いかもしれません。僕も投票所の立候補者の一覧表を見て、その場であみだクジで決めることがありますからね。

電話調査以外にも、組織票や候補者の知名度、選挙事務所への取材、過去の実績など様々なデータを集めています。意外と大変なんですね。中には「こんなものまで??」っていうデータも使うみたいですよ。

でもこうした事前調査だけでは、投票当日の無党派数などの動きが読めませんよね。そもそも調査した人すべてが投票に行くとは限りませんので。だから投票当日にももちろん調査を行います。

 

出口調査

「出口調査」に遭遇したことってありますか?これは投票所の出口で待ち伏せして、無作為に「誰に投票しましたか?」って聞く方法です。有権者が本当のことを言っているかはともかく、事前調査に比べれば一番アテになりそうな取材データですね。

でも僕はこれ会ったことないのですが、どうやって聞かれるんでしょうか?「今夜の晩ご飯は?」とか聞かれてらどうしようって、投票行くたびにドキドキしながら出口へ向かうのですが。(*´Д`) 

 

開票状況を双眼鏡で?

そして投票が締め切られます。係の人の手により、投票用紙が1枚1枚仕分けされて行きますよね。それを双眼鏡でジッと見つめるんです。

( ̄◇ ̄;)エッ

どういうことかと言うと、投票所って見学できるって知ってましたか?「開かれた選挙」でなければならないので、開票作業を見ることができますよ。もちろん近くには行けませんが、例えば体育館なら2階から見学とかですね。

そうです。その開票風景を双眼鏡で見て、各候補の得票数を数えるのです。得票ごとに「山」に仕分けられるので、それを数えればおおよその大勢がわかるんですよ。なんか原始的なやり方だな~って驚きましたけど、これも信頼できるデータですよね。

よくテレビで「外国で独立を問う選挙で暴動。投票は無効だ!」などというニュースを見ます。そう思えば日本の選挙でそういう声は聞いたことがないので、とても厳正に開票手続きが行われているのですね。見学者が多ければより不正をしにくい環境づくりにもなるで、僕も一度見に行こうかな。

 

統計学

こうして得られたデータを元に、各テレビ局は「統計学」を用いて当選の判断をしています。統計学を簡単に説明しましょう。

とある選挙で有権者が1万人だとします。1万人すべての投票結果を調べる必要はなく、そのうちの100人ぐらいを調べれば、全体の1万人の動向がおおよそ分かるということです。

もちろんこれには「無作為」でのサンプル収集が重要となってきますので、出口調査などは年齢や性別などが偏らないように気を付けます。仮に主婦ばかりに調査したら「無作為」とは言えませんよね?主婦層に支持される候補者が有利なサンプル結果だけが集まってしまっては、推計結果に大きな誤差が生じて信頼度が下がってしまいますので。

興味がある人は「統計学」を個別に調べてみて下さいね。と思っていたら、ちょうど立川志の輔師匠のマクラより、あの数学者で有名な秋山仁先生の言葉という物を見つけました。

 

開票率5%で当確なんておかしいと数学者・秋山仁さんと話したら

「それが統計学ですよ」

「まだ開票率5%なのに?」

「あなたね、味噌汁作って味見するのに丼鉢(どんぶりばち)でグーッと飲む?」

「・・・小皿ですよね」

「それが5%よ」

スポンサーリンク

 

(  ̄д ̄)ノ″Ω へぇ~ 

すごい分かりやすい!僕は1発で納得しちゃいました。さすがは秋山先生。

と言うわけで、開票結果も全体を見なくても分かるのです。

 

開票率

でも気になる開票率。いくらなんでも1%じゃねぇ・・・しかも0%って、Mr.マリックじゃないと分からないと思いますが。

その仕組みも調べてみました。

「開票率」とは、選挙管理委員会が正式に発表するものです。これに対し「当選確実」は、各メディアが独自の判断で発表するものです。つまり全く別物ということなんですね。

開票作業は、不正や間違えのないように手作業で数え更に機械でも数えます。いくつものチェックを経て、ようやく「開票扱い」になるんですね。ただ得票ごとに「山」になっているだけでは、正式な「開票」とは言えません。

なので、どうしても選挙管理委員会からの「開票率」の発表は遅くなってしまうのです。都市部なんか投票数が莫大なので、開票作業も大変なんですよ、ホント・・・。

先ほども書きましたが、マスコミはこの「山」や出口調査でおおよその行方を判断しています。正式な「開票」になる前に判断しているわけです。ここで開票率と当選確実の発表の差が生じるのです。

 

誤報で落選になったりしないの?

あります。(*´Д`)  こんな記事を見つけました。

14年衆院選の当確誤報は6件

14日投開票があった衆院選のテレビ報道について、高市早苗総務相は12月19日の定例記者会見で、当確報道の誤報が6件あったことを明らかにした。

これまで明らかになっているのはNHK、テレビ朝日、TBSの3件。総務省の担当者によると、「他の3件はローカル局。任意で放送事業者から報告を受けているため、具体的には明らかにできない」という。

各紙報道などによると、NHKは東京21区で民主前職の長島昭久氏を「当選確実」と誤報(長島氏は比例復活)。テレビ朝日は山形2区の民主前職の近藤洋介氏を誤って当確と表示(近藤氏も比例復活)。TBSは比例東海ブロックの自民前職、東郷哲也氏を当確と表示したが、東郷氏は落選した

引用元:GooHoo http://gohoo.org/14122001/

やっぱり誤報で当選取り消しあったんだ・・・ひでぇ。(ノД`)

結局「当選確実」速報って、各局の視聴率のためでしょ?上記の記事なんか比例で復活した2候補はまだ救いようがありますけど、最後の東郷さん、TBSにぬか喜びで踊らされたってこと?これ、何かペナルティ設けないと「やったもん勝ち」になりますよ。

ちなみに選挙速報の誤報は、まだまだ他にもたくさんあります。「当選確実をホームページにまで記載したけど間違えだった」とか、「敗北」と間違って報道とか結構あります。大丈夫か?

だから候補者側は、最近は民放ではなくNHKの発表を待つみたいですね。NHKは莫大なデータを持っているみたいで、民放よりも信頼性が高いとか・・・って、上の記事ではNHKも誤報してるじゃん。

ヾ(゚д゚ll)ォィォィ

 

選挙の当選確実の仕組みと誤報で落選のまとめ

「当選確実」は各メディアの独自取材による判断の結果で、「開票率」は選挙管理委員会の正式な発表です。別物なんですね。タイムラグがあるので、開票率は常に遅れがちになります。

だからよく見ると、各放送局ごとに「当選確実」の報道に違いがあります。早ければ当然、視聴率も稼げますのでここは勝負所なんです。

( ̄- ̄)フーン

そして各メディアは投票締め切りと同時に、出口調査の結果などから「当選確実」を速報します。中には得票数が2位の候補が「当選確実」ってパターンもありますよね。もう何がなんだか・・・。

しかし、いくら統計学を用いても100%はあり得ません。誤報も当然あります。ばんざ~い!→ 落選っていう、一瞬で天国 →  地獄を味わえることもあります。これって訴えてもいいんじゃない?

 

どうですか?当選確実の仕組みが分かって頂けましたでしょうか?統計学を学べばもっと面白そうですね。

でも僕は誤報をなくす良い方法を思いつきました。

「○○候補、当選ほぼほぼ確実です」。

逃げ道作っとくんですよ。(*´Д`)

期日前投票と不在者投票って同じ意味なの?やり方はどうやるの?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。