覆面パトカーの車種や特徴の見分け方は?高速での対策方法って?

スポンサーリンク

皆さん、安全運転してますか?いつも交通ルールを守っている人には、この記事は関係ないかもしれません。

僕は仕事柄よく高速道路を走るのですが、やはり気を付けなければいけないのが事故と取り締まり(笑)。

オービスは場所を覚えたり、警告板をよく見ていればまず大丈夫です。20km/h超過ぐらいでは、よほど映らないって聞くし。

それより不意打ちでやられるのが、覆面パトカーによるスピードの取り締まり。実際、僕も何回か追いかけられたこともあるし、目の前の車が捕まったのを目撃したこともあります。

と言うわけで僕の実体験を元に、高速道路での覆面パトカーの対策方法などを書いてみます。

 

覆面パトカーの車種や特徴の見分け方

一応説明しておきます。覆面パトカーとは、パッと見、パトカー(警察車両)と分からないパトカーです。覆面パトカーって聞くと高速道路でのスピードの取り締まりばかりをイメージしますが、エスティマなどの捜査車両の覆面パトカーもあります。

今回は、交通の取り締まりの覆面パトカーについてです。

 

車種

高速道路での取り締まりの覆面パトカーは、圧倒的に「セダン」が多いです。もうセダンって言葉が死語ですね。クーペとかも最近聞かないなぁ。若い人は多分知らないでしょ?

セダンとは簡単に言えば、ボンネットがあってドアは4枚で、トランクルームが後ろに別にある3BOX形状の車です。ええ、そうです。早い話がオッチャン車です。

車のイラストを書く時は、いまだにセダンが多いですよね。今の子供って「車の絵を書いて」って言ったら、どんな形の車を書くんでしょう?ミニバン?ハッチバック?

そのセダンの中で具体的な車種は・・・トヨタの「クラウン」!名言にもある「いつかはクラウン」。でも覆面のクラウンは嫌だ。(*´Д`)  

僕が見た中でもクラウンは圧倒的に数が多いです。もう高速でクラウン見かけると、体が勝手に拒否反応するぐらいですから。型式で言えば俗に言う「ゼロクラウン」ですね。白黒パトカーにも多く採用されているアノ車種です。覚えて下さい。

他に見かけるのは、これまたトヨタの「マークX」です。そう言えば僕が免許取ったころは、前身のマークⅡが流行ってましたね~。マークⅡ、チェイサー、クレスタ・・・マークⅡ3兄弟です。だんご3兄弟じゃないよ。

日産車で言えば、やはり「スカイライン」ですね。GT-Rの覆面もありますが、まあ普通のセダンタイプが主流と思って良さそうです。また「ティアナ」も稀に見かけますね。

クラウンはやはり人気がありますが、それ以外のセダンは今はタマ数自体が少ないので、一般車でもそんなに見かけないですね。

マイナーな車種では、スバルのレガシー。レガシーがマイナーと言ってませんよ。個人的には好きな車のひとつです。

で、覆面で忘れてはいけないのが、スズキの「キザシ」。初耳ですよね、この車名。知っている人は相当なスズキファンです。

このキザシ、一般販売台数がメチャ少ないんです。確か2012年度は150台ぐらいだった気が・・・。にも関わらず警察車両で900台も導入!と言うことは・・・キザシ=ほぼ覆面となるわけです。

でも安心して下さい。たぶん街中走っていても気が付きません(笑)。僕はかなりの車好きですが、いまだにキザシを見たことがありません。というか多分見てるでしょうが、気付いていないだけだと思います。ある意味、街中に溶け込むのがウマイ車種なんですよね。見た目はミニクラウンみたいな感じです。

ニッサンGT-Rやフェラーリ、ランボルギーニ等も同じくレアですが、目立つので印象に残ります。でもキザシは本当に分かりません。影うっす~。見たことありますか?

 

特徴

次に覆面パトカーの特徴です。昔はアンテナが付いてたり8ナンバーだったりしましたが、今はあまりこれは通用しないですね。

警察もすぐにバレないように色々と対策?をしているようです。

 

ナンバープレートとアンテナ

まずほとんどの覆面は3ナンバーの普通乗用車です。パトカーなどの8ナンバーは特殊車両ですね。もうナンバーからは判別が難しいです。

ただ警察には、管轄をまたいで取り締まりをしないという言わば「縄張り」みたいのがあるので、他県ナンバーだったらとりあえず安心?できるかもしれません。ひとつの目安ですよ。

またアンテナもほとんど付いていない印象を受けます。付いていても小さなアンテナで目立ちません。昔みたいにゴッツイやつはもう見ないですね。

スポンサーリンク

 

リアガラス

リアガラスにスモークフィルムを貼ってある場合が多いです。だって透明なままでは、停車を指示する際に表示する「パトカーに続け」という電光掲示板が丸見えでバレちゃいますから。三角表示板やヘルメットなどが置いてあっても、すぐに警察車両って分かります。だから後ろから見えないようにフィルムを貼ってあるんですよね。

こう見ると、後ろ姿(リア)からは一見して覆面パトカーとは分からないと思います。何気なく走っていると簡単に追い越してしまいそうで怖いですよ。(^_^;)

 

ヘルメットと2名乗車

覆面パトカーの隊員はヘルメットを被っています。また取り締まり中は2名で乗車しています。1名だけだったら単に移動しているだけかもしれません。

つまり、すれ違いざまにふと運転席を見ればすぐにわかるはずです。また助手席前には、カーナビみたいなものがごちゃごちゃ付いていたりします。一見して普通の車とは違うなって思いますよ。

 

走行の仕方

覆面パトカーは、高速道路では左車線を法定速度で走行しています。だからその後ろにずらっと列ができるんですね(笑)。みんな抜くに抜けない。

そして違反車両を見かけたら、右車線へ出て追跡するのです。60km/h制限の有料道路やバイパスなどは、ついスピードが出てしまうので注意が必要です。

 

ボディがキレイ

タクシーと同じです。汚かったり凹んだままのパトカーって見たことありますか?僕はないですね。毎日きちんと手入れされてますから、いつもピカピカです。つまりエライ汚かったり、凹んだままだったりする車は覆面ではないと思えます。

またボディカラーは「白・黒・シルバー」が多いです。赤とか黄色の覆面は見たことはないです。そもそも目立ちますからね。

 

ノーマル仕様

一部仕様を変えたりする覆面もありますが、基本ノーマル仕様です。だって覆面が爆音マフラーだったり、シャコタンだったりしたら問題ですよね?そもそも車検通らないかもしれないし、元は税金ですから問題になります。覆面にファッション性はいらないのです。

 

高速での対策方法

次に高速走路を走る際のポイントを書きます。

覆面パトカーを100%見分けることは難しいです。やはりこれはある程度の「経験」や「カン」もあると思います。

僕なんか「あれ、このクラウン嫌だな~」って直感が働くぐらい敏感ですから。苦い経験があるので(笑)。

以下に僕なりの気にするポイントをまとめてみました。

 

車種

とりあえず、ゼロクラウンは要注意しましょう。高速では「クラウンを見たら覆面と思え」という格言があるぐらいです(笑)。

かといって、クラウンばかりに気を取られると他の車種がノーマークになってしまいます。ミドルクラスのセダンは全般的に注意しましょう。セルシオとかは大丈夫ですよ。

セダン自体があまり見かけなくなってきましたので、少し意識すれば注意できると思います。

 ゼロクラウン

 

高速での走行の仕方

左車線が混んでいるのに、右車線がガラ空きで「ラッキー!」と言ってゴボウ抜きするのは、無知というか自殺行為です。

なぜ右車線がガラ空きなのか?を考えて下さい。そういうケースでは、左車線の集団に覆面が紛れている可能性があります。僕はこのケースで追尾されました。

左車線は8台ぐらい連なって法定速度、そして右車線はガラガラ。それを追い越したらマークXが後ろから・・・

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

もし追い越すなら、追い越しざまにその車の運転席をチラ見して下さい。ヘルメットを被っていたらビンゴです。追突されないように気を付けて減速しましょう。

かと言って、追い越す車すべてをチラ見するのは安全上問題があります。チラ見ができなかった場合は、追い越した後にミラーで後方を確認して下さい。覆面なら右車線に出てきて追跡して来ます。

今までノロノロ左を走っていた車が、追い越した途端に右に出てきたら不自然でしょ?・・・経験者は語る。

( ̄^ ̄) エッヘン

また覆面は、常に流して走っているとは限りません。高速道路のPAやSAの出口付近で待機していて、違反車を見つけたらそこから追跡してくるケースもあります。白バイが、バイパスなどの合流地点で隠れているのと同じような感じですね。だからPAやSAを通過する時は、そこから本線に合流してくる車に気を配りましょう。

スポンサーリンク

 

覆面パトカーの車種や特徴の見分け方は?高速での対策方法のまとめ

やはり高速のスピード違反で捕まった人の大半は、「不意打ち」を喰らった感じになります。まさか、と。

ここに書いてあることだけでは100%覆面を見分けられないし、違反すればもちろん捕まることもあります。警察官もプロですからね。

でも重要なのは、「もしかしたら・・・」という意識を持つことです。

そうすれば周りの車種に目が行ったり、交通の流れを読んだり、ミラーで後方を確認したりします。

全く無意識だと、「停止を求められて初めて気が付いた」になり兼ねません。追跡されていたことすら気付かないのです。

キョロキョロしていたら危ないですが、周りに気を配れば覆面だけでなく他の危険も察知できます。

フラフラ走行している車を追い抜き様にチラ見したら、スマホ運転していた。

同じく目をこすっていた(居眠り)。

弁当を食べていた(やめてくれ)。

こういう車からは離れて走行したほうがいいです。追突されたり巻き添え事故喰らっては堪りません。

自分の身と免許は自分で守りましょう。

 

追伸

最後に僕が追われたケースを簡単に書きます。

制限速度60km/hの片側2車線の有料道路です。新しい道路で交通量も少なく、100km/h以上で飛ばす車もザラにいます。

状況は・・・

右車線ガラガラ、なのに左車線で7~8台ゆっくりと連なって走行。この時点で追い越すのを躊躇しましたが、クラウンはいなかったので右を80km/hぐらいで追い越して行きました。

マークXが集団の真ん中に。チラ見したら白いものが一瞬見えた気が・・・。気のせい??

追い越してもそのまま右車線で走行、トンネルへ。

まさか、と思いつつも後方をサイドミラーで確認。集団の中から1台の車が右へ出てくるのがヘッドライトで分かりました。

この時点でも「まさかな」と。もう一度ミラーで確認してもまだその車は後方に。

5秒後ぐらいしたのち、気になりもう一度ミラーで確認・・・!!!!!!

すぐ真後ろで赤色灯回ってる!!!!!屋根上ではなく、フォグの間です。ナンバープレートの左右辺りです。

思わず急ブレーキ踏んでしまい、慌てて左車線へ。

その車(マークX)は、助手席の隊員がこちらを睨みながら通過して行きました。追い抜き様に一瞬チラ見で見えた白いものは、ヘルメットだったのです。

 

まさか、と思いつつも気になり後方を確認したことが早期発見?につながりました。病気みたいだな~。

でもこの「もしかしたら」という意識が全くなかったら、そのままお縄だったでしょう。

 

と言うわけで、全ての覆面を見破るのは難しいですが「覆面かも・・・?」と頭の片隅に思いつつ安全運転を心がければ、捕獲されることはないと思いますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。