アンドロイドスマホが乗っ取られる原因は?症状の確認と防止方法って?

スポンサーリンク

こんなニュースがありましたね。

スマホ14万台乗っ取りサイバー攻撃 新たな手口に警戒を

日本を含む世界の14万台のスマートフォンなどが乗っ取られ、企業などを狙った大規模なサイバー攻撃に悪用されていたことが、情報セキュリティー会社などの調査でわかりました。こうした攻撃が明らかになったのは世界で初めてで、専門家は新たなサイバー攻撃の手口に警戒するよう呼びかけています。

情報セキュリティー会社「アカマイ・テクノロジーズ」によりますと、悪用されたのはアメリカの大手IT企業、グーグルの基本ソフト「アンドロイド」が搭載されたスマートフォンなどの端末です。

世界100か国余りのおよそ14万台、日本でも少なくとも226台が何者かに乗っ取られ、所有者が気付かないうちに遠隔操作によって企業などを標的にしたサイバー攻撃に加担させられていました。

引用元:NHK NEWS WEB http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170904/k10011126641000.html

 

たった226台ってどれだけマイナーなアプリかよって思いましたが・・・それはさて置き、もうスマホもサイバー攻撃に利用される時代ですよ。手から砂を出す人・・・それはサイババ。

(o゚Д゚)=◯))Д´)オリャ ごめんなさい。

「ウイルスによって個人情報がジャジャ漏れになった」とかは、みなさん聞いたことがありますよね?でも今回の「乗っ取り」はあまり耳にしないと思います。

「何だか難しいからいいや」とか「私は関係ない、大丈夫」は危険ですよ。最低限の知識は身に付けて自分自身で守りましょう。

 

アンドロイドスマホが乗っ取られる原因

スマホには大きく分けて2種類ありますね。Android(アンドロイド)か、iPhone(アイフォン)。正確には「Android OS」「iOS」ですが、ややこしくなるのでやめます。

Android(アンドロイド)はGoogle(グーグル)が、iPhone(iOS)はアップル社が提供しています。

アンドロイド → グーグル

アイフォン → アップル

と覚えて下さい。常識?ですが、意外と知らない人がいるみたいなので。

で、今回ニュースになったのはAndroidです。だからと言って「私はiPhone(iOS)だから関係ない」は危険です。セキュリティに万全なスマホやパソコンはありませんからね。知識だけでも、常に最新の情報を仕入れておいて下さい。

 

まず「乗っ取られる」とはどういうことを言うのでしょうか?

簡単に例えれば「私のスマホを自由に使っていいですよ」と言って、パスワードやロックをすべて解除したうえで、知らない人に貸し出すようなものです。想像しただけでも恐ろしいですよね~。

実際にはどうなるかと言うと「遠隔操作」されるんです。スマホに直接触れなくても、離れた所から勝手に操作されます。

今、このサイトをスマホで見ている人も多いと思いますが、そのスマホが勝手に操作されちゃうんですよ。画面に触らなくても何でもできます。ヤバいですよ、これは。

 

原因は?

今回のニュースでは「不正なアプリ」が原因でした。つまりスマホに遠隔操作するアプリを知らずにインストールしてしまったのが原因です。

この「知らずに」が怖いんです。知っていれば誰もインストールしませんからね。

なぜ「知らずに」なのか?それは、そのアプリは見た目はフツーのアプリだからです。使っていても気が付きません。

だからアプリをインストールする際は、「信用できるアプリなのか?」を見極める必要があります。「公式であるGoogle Play ストアにあるから安心」は大きな間違えですよ。

今回は、そこに不正アプリがあったわけですからね。なんでもかんでも入れるは考えものです。

 

ここで気になるのが「本当に遠隔操作ってできるの?」ってことです。まだ信じてません??できますよ。

僕はノートンっていうセキュリティソフトを長年使っています。このノートンには、スマホを紛失や盗難された時に役立つ便利な機能があるんです。

 

リモート検索

紛失または盗難に遭った Android デバイスの位置を地図上で特定します。

 

リモート撮影 

[写真を撮影する]をクリックしてデバイスのカメラで撮影します。

引用元:Symantec Corporation  https://support.norton.com/sp/ja/jp/home/current/solutions/v77490791_EndUserProfile_ja_jp

 

スマホが無くなったら大変です。僕もうっかりして、探し回ったことがあります。

でもこの機能があれば大丈夫。パソコンからノートンにログインして、自分のスマホを操作できるんです。スマホのGPS機能から今どこにスマホがあるか、パソコン上に地図で表示してくれます。

地図でならおおよその場所が分かりますよね?自宅なのか立ち寄ったお店なのか、はたまた盗難されたなら犯人の場所が分かります。

またその場でカメラを遠隔操作して、写真を撮影することもできます。その写真がパソコンで見れちゃうんですよ。

そうすれば、その写真からスマホが今どこにあるのかの手掛かりになりますよね。自宅なら寝室とかリビングとか。盗難なら犯人の顔が写るかもしれません。

いや~すごい便利な機能ですよね。今の技術はスゴイ!

 

・・・もうお分かりですよね?これ、不正アプリで同じことができます。

自分の今いる場所が随時監視されます。勝手にカメラで撮影されます。女性の方、大丈夫ですか?

しかもこれらは、スマホ上ではその遠隔操作をされた動きが分かりません。知らない間に操作されます。少しは恐ろしさが分かってもらえたでしょうか?

 (((( ;゚Д゚)))ガクガク ブルブル

 

スポンサーリンク

 

不審なWi-Fi

もう一つの遠隔操作される原因に「不審なWi-Fi」があります。よく公衆の無料Wi-Fiとかありますよね?僕は怖くてあれは使いませんけど。

こういう無料開放的なWi-Fiは、セキュリティが甘い傾向にあります。暗号化されていなかったり、認証レベルが低かったり・・・。

つまりアナタのスマホの通信内容が、他人に傍受(盗み見)される危険があるということです。個人情報がジャジャ漏れですよ。ショッピングなんかしたら、クレジットカードの番号も盗まれます。恐ろしや~。

ちゃんとWi-Fiの設置者が明確な、またセキュリティがしっかりしているスポットを選びましょう。

よく街中で勝手にWi-Fiに繋がることがあります。そういういわゆる「野良電波」は危険ですので、「ラッキー」と言って勝手に接続すると個人情報抜かれますよ。

 (((( ;゚Д゚)))ガクガク ブルブル

 

じゃ、自宅のルーターのWi-Fiなら安心でしょ?そうですね、セキュリティ設定がきちんとしてあれば、まず安心だと思います。

でも中には設定が面倒で、セキュリティが甘いもしくは設定していないお宅も見かけます。これはヤバいですよ。

だって自宅の外から第3者に、勝手にルーターのWi-Fiにアクセスされちゃいます。自宅のネットワークに侵入されるってことです。そうなったらどうなるかは想像がつきますよね?

玄関のカギはしっかり掛けても、電波の「カギ」が甘いのではイケマセン。セコムしてますか?

( ‘ ^’c彡☆))Д´) パーン

 

症状の確認方法

先ほども説明しましたが、スマホが乗っ取られて遠隔操作されても気が付かない(分からない)ケースが多いです。実はここが一番怖いところなんですね。自覚症状がない。サイレントキラーな高血圧みたいです。

まず見覚えのないアプリがインストールされていないか、定期的にチェックしましょう。見た目は何の変哲もないアプリでも実は・・・ってことがあります。

ただ中には、アプリ一覧に表示されない不可視化された不正アプリもあります。これは厄介ですね。

また「電池の消費が早くなった」、「データ通信料が急に増えた」、「知らないアプリが勝手に動作している」なども、不正アプリを疑った方がいいかもしれません。

自分の知らないうちにアプリが動作していると、当然バッテリーも消費するしデータ通信も頻繁に行われますからね。ただこれも全ての不正アプリがそうなる訳ではないので、疑う一つの目安にして下さい。

他には、やはりウイルス対策ソフトを入れることです。僕が使っているノートンや、ウイルスバスターなどが日本では有名ですね。無料でも十分性能を発揮してくれますが、やはりここは個人情報を守るため有料を考えてもいいですね。

 

防止方法は?

では、スマホの乗っ取りを防ぐ方法はあるのでしょうか?

それには最初にも書きましたが、まずアプリをインストールする際は、どのようなアプリなのかをよく確認しましょう。

他のユーザーからの評価はどうなのか?いつ公開されたのか?などです。不正アプリは長くは公開されませんので、まだ日が浅いアプリは気を付けたほうがいいかもしれません。

またWi-Fi接続も同じです。アプリ同様、何でもかんでも接続すると悪意のある者に通信を傍受されます。自宅のWi-Fiも、しっかりとセキュリティを設定して、第3者に勝手に接続されないようにしましょう。電波の「垂れ流し」はよくありません。

僕が強くおススメするのは、やはりセキュリティソフトの導入です。セキュリティソフトも万能ではないですが、あるとないとでは雲泥の差があると思います。意外なアプリや思わぬサイトで「警告表示」が出ますからね。セキュリティソフトがなければ、知らずにそのまま使い続けていたと思うと恐ろしくなります。

意外と盲点なのが他人から仕込まれるケース。操作が分からない渡す、電話を貸して欲しいと言われ渡す・・・その貸した人が意図的に不正アプリをインストールしたら・・・?

自分の目の届かないところで、他人にスマホを渡すのはやめた方がいいですよ。え?一般人でも遠隔操作アプリを入れられるのかって?

例えば「Cerberus(ケルベロス)」というアプリ、これはヤバいですよ。

 

Androidスマホが乗っ取られる原因は?症状の確認と防止方法のまとめ

スマホもパソコンと同じで、ウイルスや遠隔操作の被害に遭います。そう思えば、セキュリティソフトの導入とユーザーの知識習得は必須ではないでしょうか。

スマホを購入した時点では、ウイルスは入っていません。何らかのアプリや受信したメール、ダウンロードファイルからウイルスは侵入してきます。つまり自分が気を付ければ、ウイルスの侵入は防げるのです。ウイルスに感染すると遠隔操作もされる危険がありますからね。

またインターネットに接続しなければ遠隔操作されることはありません。スマホは常時ネットに繋がっているので、そういう意味では常に危険にさらされていると思った方がいいでしょう。

「航空機モード」などで通信を一切遮断してしまえば、とりあえず遠隔操作の危険は回避できます。でもその航空機モードを解除するウイルスとかあったら意味ないですが・・・。

電源切っても勝手に起動されるかもしれません。もうこうなったら、バッテリーを取りはずす等の物理的な対処方法しかないですけどね。いや~怖い怖い。

 

最後に、大切なのはユーザーがこのよう今回のニュースから知識を学ぶことです。少しでも「おかしいな?」と思うことが、不正に気付くきっかけになるのです。知らないまま何年も過ごしますか?

部屋の盗聴や盗撮、ストーカーも怖いですけど、目の前のスマホが一番怖いかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。管理人の【だが屋】です。でも大家ではありません。
他人と同じことをするのが嫌いです。天の邪鬼ってヤツですね。基本ヒネクレた性格なので。
ここは、そんな性格がよく現れたサイトです。他人の目なんか気にしちゃいませんよ。
屁理屈コネさせたら、学年で1位を取る自信アリ!そんな僕ですがどうぞ4649。

このサイトは、「そんなにお得感はないけど、読んでおいて損はしない」という方向性のサイトです。ですから、過度の期待は禁物ですよ。
「なるほど、すごい!」はないですが、「ふーん」「へー」ぐらいは言ってもらえる様に頑張ります。
「1つの記事を読めば、1つのお得をゲットできる。でも3つの後悔?」
「あまり目にしないスキマ産業的な記事」を目指しています。 尚、記事を読んで思わず笑ってしまったら、それはアナタの負けです ^^


当サイトで引用している文章・画像について、著作権は引用元にあります。
ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら早急に削除等の対応を致しますので当サイトのお問い合わせからご連絡下さい。
また、その他ご意見ご感想などもお問い合わせからお願いします。